テニス メンタル

メンタル

「自分のプレッシャーが相手に効かない・・・」ときの対応策、は何がある?

自分の攻撃、作戦が相手に効かない。

そんなとき・・・アナタはどうしますか?

何も準備が無いと、もう手立てが無くなってパニックになってしまうかも知れません。

作戦を立てて準備することは大事ですが、上手くいかないときの準備も当然、大事になってきます。

 

「自分のプレッシャーが相手に効かない・・・」ときの対応策、は何がある?

 


 

■「思い通りにいかない」のがテニスの試合である

当たり前ですが、つい人は楽に考えがち。

試合前に作戦を考えていると、もうそれが当然のように進行されていくように思えてしまう。

「こんな感じでプレッシャーをかけて、相手を追い込んで・・・」というイメージ、までは良いのですが、それが効かなかったら・・・?

必ず試合では、そういう場面が出て来ます。

落ち着いて、冷静に状況を見極めれば勝機は見えてきます。

 

■「1回試しただけで、効かない」と決めつけるのは早過ぎる

もしかしたら、相手が読んでいたのかも知れないし、たまたま上手くいったのかも知れない。

1回チャレンジしたくらいで、すぐに作戦の成功失敗を判断するのは危ない。

バックハンドを狙っていく作戦だったのに、思った以上に相手がバックハンドが得意・・・みたいなケースもあるでしょう。

そんなときには、一度冷静になる。

もう一回しっかり狙ってみて、それでも対応してくるようなら、やはり相手はしっかり考えて準備しているということ。

そしてバックハンドを警戒しているなら、きっとフォアハンドは隙がある。

テニスでは、「全てをまんべんなく警戒する、ケアする」ことは出来ない。

まずはこの大原則に、立ち戻りましょう。

 

■プレッシャーは試合の後半で、効いてくるもの

私も経験がありますが、前半に実施していた作戦は後半に効いてくる。

そのときはポイントが獲れていなくても、自分がやっておいた作戦はきっとアナタを後半、助けてくれる。

相手も印象に残っているから、やっぱり警戒してくれるんですよね。

これって、前半の作戦が相手にとって、プレッシャーになっているということ。

つまり、ちょっと効かないからと言って、すぐに作戦を諦めたりしない。

何度もトライして、相手に印象付けること、も大事な作戦の考え方なのです。

 

相手がプレッシャーを感じているのか、感じていないのか。

強い相手ほど、それを見せてくれない。

アナタ自身が感じる力、大事なんです。

普段の練習からしっかりと相手の表情、呼吸、色々なことに敏感になること。

しっかり意識しておけば、本番の試合でも力を発揮、出来るでしょう!

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. メンタル

    集中力、なんてものに頼るな

    テニスの試合、「集中力が無くて、負けた…」こういう経験、みな…

  2. テニス ミス

    メンタル

    「粘り続ける技術と体力」テニスの試合で格上との対戦で競る為には・・・?

    スポーツと言えば体力が重要になるんだけど、テニスって体力必要?…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    「失敗が怖い」ということは、メンタルが弱いことには結びつかない

    メンタルが弱い、自分でもそう思っている人はテニス選手でも多い。…

  4. テニス 感覚

    メンタル

    スランプ脱出の鍵は、過大評価してしまう過去からの決別が一番

    「自分はこんなもんじゃない・・・」と、スランプに悩むみなさん。…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合で勝てない人には共通点がある」アナタ自身でチェックして欲しい項目5つ

    「テニスの試合で勝つ為に」をテーマに記事を書かせて頂いている中で、身に…

  6. 戦術

    メンタル

    フワッと試合に入る人、が多過ぎるのが草トー大会

    私が見ていて、感じること。試合会場で、当然勝負の世界なのですが…

特集記事

  1. 戦術

    タイブレークは、1ポイント目に奇襲で先手を!
  2. フットワーク

    速いボールをボレー、スプリットステップのコツ
  3. テニス シングルス

    練習メニュー

    テニス選手として試合に出るなら、必要な練習からの意識7つ
  4. テニス ダブルス

    メンタル

    「ミスが怖くて粘ってる相手」は全然怖くない
  5. テニス 準備

    メンタル

    試合会場で、急にテニスが上手くなることは出来ない
PAGE TOP