テニス メンタル

メンタル

大きな決断をするときに、「周りからどう見られるか?」を判断材料にしてはいけない

環境を変える、ショットを変える、戦術を変える。

成長することとは、変わることであると何度も書いてきました。

ですが、その決断をするうえで、今日は皆さんにお伝えしておきたいことがあります。

 

大きな決断をするときに、「周りからどう見られるか?」を判断材料にしてはいけない

 


 

■周りの意見は大事だけど、決めるのは自分

アナタを支える、周りの人の意見やアドバイスは大事。

出来るだけたくさんの方と話して、色々なことを「変える」決断をしていくのは正しいこと。

ですが、最後に決めるのは当然アナタ自身。

大きな決断をするときに、アナタ自身が一番意識したいのは「それは本当に自分が決めたこと、やりたいことなのか?」ということです。

この覚悟さえあれば、どんな決断であっても必ず正解と言えるはずです。

 

■周りの目を気にしないのは無理、という意識も大事

私自身、昔は周りの目ばかり気にしていました。

バックハンドを両手から片手に変えた時にも、「なんだあいつ、調子乗ってんじゃないのか?」と思われるのが嫌で恥ずかしかった。

ネットプレー主体のプレーに変えたときにも、「また出来もしないことを始めてるよ・・・」と思われているのは、分かっていた。

大事なのは、周りの目を気にしない・・・というのは無理だと諦めること。

この諦めがつくと、実は優先順位を冷静に判断出来る。

そう、「周りからどう思われるか?」という点は、優先順位を下げてあげれば良いんです。

 

■周りからどう見られるか、はアナタの言い訳になっていく

人は弱い生き物です。

いつでも言い訳を探す、上手くいかないときには理由を探してそこに押し付ける。

「周りの目が気になったから・・・」という理由で、何かを出来なかった、失敗した・・・というのって、悲しくないですか?

確かに気になった部分はあっても、一番の決断の理由は自分の判断、テニスを強くなって試合に勝ちたいという大目的だったはず。

ここがぶれない為には、言い訳になりがちな周りの目、意見というものと決別しないと。

アナタ自身のテニス人生。

間違ったと思ったら、また軌道修正すれば良いじゃないですか。

そこをグチャグチャ言ってくる人は、結局自分は何も出来ない人な訳ですから。

 

集団で練習している、活動しているテニスって、難しい。

飛び出さないと変われない部分はあるし、飛び出し過ぎても難しい部分はある。

でも、一度大きく飛び出してみること、出来るだけ若い時期に経験することをオススメします。

迷ったとき、壁にぶつかったときには、きっと成長のヒントがそこにある。

周りの人の目、だけで自分の決断を下していく選手にだけは、ならないで欲しいと思います。

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. メンタル

    いざという時、「自分はこれでいく!」があるかどうか

    試合の中で、色々準備してきたけど、もう出し尽くしたなという時。…

  2. テニス 部活

    メンタル

    テニスが強くなる為に、孤独は通過点

    テニスを強くしたい、強い選手になりたい。そう考えているなら、き…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    「あいつ、やなヤツ。」テニスの試合で対戦するのが面倒な相手って・・・?

    試合の時、相手選手がどういうタイプだと嬉しい?そしてどういうタ…

  4. テニス ドロップショット

    メンタル

    誰が見ても簡単、と思う場面で人は緊張する

    試合で緊張する場面。それは、試合の序盤にだっていきなり訪れる。…

  5. テニス 読書

    メンタル

    自分の身の周りの整理整頓が出来ない人が、縦23.77m、横10.94mのテニスコートを整理出来る訳が…

    職場では机の上が書類だらけ。家ではタンスの中身がぐちゃぐちゃ・…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    何かを信じ切っている人に、アイデアは生まれない

    いつの間にか、知らないうちにこうなっている。方も実は多いと思い…

特集記事

  1. テニス 練習

    テニススクール

    テニススクールでは教えてくれない、試合で本当に使える4つの技
  2. シングルス

    攻撃的なプレイヤーならあえて、「粘るイメージ」でシングルスの試合に入るのも悪くな…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの基本となる、「膝を曲げてトロフィーポーズ」は鏡を見ながらチェックしよう
  4. テニス リターン

    リターン

    シンプルな方法で動体視力を高めて「リターン最強軍団」を、一緒に作りませんか?
  5. テニス ボレー

    ボレー

    「とにかく難しい・・・」両手のバックバンドボレーに悩む人へ5つの改善ヒント
PAGE TOP