テニス メンタル

ダブルス

「サーブが強い、ボレーも手堅い・・・」そんな強豪ダブルス並行陣ペアを倒すのに、必要な意識4つ

ダブルスの試合をしていて、サーブもボレーも強力で手強い。

並行陣で前に詰められると、もう手立てが無い・・・ようなプレッシャーを感じる試合、皆さんは経験ありますか?

きっと、こういった試合を経験することはアナタのテニスを強くしてくれる。

だって、何かを変えていかないと、チャレンジしていかないと勝てない相手、ですからね。

厳しい試合ですが、何か突破口を開くヒントになってもらえれば嬉しいです。

 

「サーブが強い、ボレーも手堅い・・・」そんな強豪ダブルス並行陣ペアを倒すのに、必要な意識4つ

 


 

1.リターンロブは必須!

まず、リターン側のアナタの必要なのは上、ロブを使う意識です。

「いやいや、絶対スマッシュ打たれるから!」と思った方も、多いでしょう。

ですが、ロブを使わないと相手の前への出足は止まらない。

例え、スマッシュを打たれても良いんです。

相手に「ロブもあるんだな・・・」と思わせることで、通常のファーストボレーの出る足が少しだけ、鈍くなるはずです。

 

2.ストレートリターンを早めに混ぜる

ダブルスでのリターン戦略の基本、として何度も書いてきました。

序盤にストレートリターンを混ぜる、それもシングルスコートに入れるように、触らせることで充分。

それで相手前衛に、「いつでもこれくらいのストレートは、打てるよ!」というアピールをして、ポーチへの参戦を防いでおく。

強いダブルスって、とにかく前衛が厄介なんですよ。

相手サーブも強力なので、厳しいストレートアタックはいらない。

あくまで、触らせる、意識させることが大事です。

 

3.サーブを恐れない姿勢を見せる

サーブが得意な相手って、とにかく調子に乗せてはいけない。

彼らが調子付くのって、「自分のサーブを相手が恐れている、と分かったとき」なんですね。

そうならない為に、しっかりリターン側のアナタも踏み込んでいく。

並行陣を敷いてくる相手に対しても、しっかり向かっていく。

リターンを沈められればベストですが、多少浮いてもリターン側から踏み込んでいったときに、相手は脅威に感じるはずです。

絶対に気持ちも、態度も引いてはいけません。

 

4.ダブルスペアで時間を取って進める

強いペアは、サクサクサービスゲームを進めていきたいペアが多い。

こちらは、しっかりリターンのコースを打ち合わせて、時間を使っていきましょう。

速く進めてしまうと・・・「諦めている」ような雰囲気にもなってしまう。

相手のサービスゲームは、意図的にゆっくり進めてみる。

リターン側でやるべきこと、相手の特徴を確認しながら、進めてみて下さい。

きっと突破口が見えてくるはずです。

 

相手が強いと感じるなら、何か工夫をしていきましょう。

覚悟を決めて、サービスと並行陣、どう崩していくのか。

きっと、小さい突破口からヒントになる部分が見えてくるはず。

終わってみれば、「何だ、最初は調子良いだけだったのか・・・・」と思えるように。

その調子を乱すのは、アナタ側のペアの準備と覚悟です。

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルス改革、パートナーと一緒にやる?やらない?

    そろそろ、本気でダブルスを改革したい!と、考えているみなさん。…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で「相手サーバーがダブルフォルトが多い」ときには、ストレートの前衛を狙ってみる

    ダブルスの試合で、どうも相手のサーブの調子が悪そう。ここは一気…

  3. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「自分で決めるより、パートナーが決める方が嬉しい」と思えるように

    ダブルスの試合が上手い選手は、この感覚を持っている。「パートナ…

  4. ダブルス

    ダブルスの試合、セカンドサーブこそポーチチャンス

    普通に考えると、ピンチな状況。こういう場面にこそ、実はテニスで…

  5. ダブルス

    4アップの状態になって、ズルズル下がる癖を止めよう

    やられている訳でもないのに、弱気になってズルズル下がってしまう。…

  6. テニス ドロップショット

    ダブルス

    ダブルスの試合では、積極的に自分が「オトリになる」意識を持ってパートナーを活かそう!

    他の競技を観ていると、「オトリ」になるような作戦は結構ありますよね。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    人と異なることを恐れず、過去と同じということ、を恐れよ
  2. テニス 練習

    ストローク

    「左利き vs 左利きの対戦で有効な、フォアハンドの回り込み」からの攻撃で意識し…
  3. ボレー

    バンバン打って来る相手に、並行陣でどう対抗する?
  4. ストローク

    伸びてくるストローク、返し方の基本
  5. テニス 練習

    戦術

    試合前に頭が真っ白になる人は、〇〇だけ決めて入ろう
PAGE TOP