テニス ダブルス

その他

内容に満足出来ないけど勝ったという試合は、立派な試合

皆さんも、経験ありませんか?

やりたいテニスは出来なかったけど、何とかどうにか勝った、という試合。

「もうこんな試合はしたくないな・・・」と思っているかも知れませんが、勝ちは勝ち。

それに、私は順風満帆で勝った試合よりも、よっぽど「アナタらしい勝ち」だと思います。

 

内容に満足出来ないけど勝ったという試合は、立派な試合

 


 

■想定通りいかない試合を、どうやりくり出来るか?

試合の序盤に、イメージと違うことは多々ある。

準備してきた技術が出来ない、緊張で調子どころの騒ぎではない、そもそも相手が強い・・・など。

試合が始まってみて気付く、こともたくさんあるのがテニスの試合です。

想定通りにいかない試合を、いかに勝ちに結びつけることが出来るのか・・・。

そんな選手になっていくのに、まず必要なことは何でしょう?

私はまず、「試合前に想定する」ことから始まるのだと思います。

 

■「想定の準備」が出来ない人には、想定外も発生しない

試合前に、皆さんはどんな準備をしているでしょうか?

相手のこと、自分のこと、具体的な作戦・・・を、少しでも良いから考えている人は、修正が出来る。

なぜなら、「想定外だ・・・」という感覚を持つことが出来るから、ですね。

何も準備しないで試合に入っている人は、何が間違っているのか、変えないといけないのか・・・も感じられない。

これって、致命的です。

ただ試合に入って、あっという間に終わってしまう。

このことに危機感を持つことから、全てが始まります。

 

■内容に満足出来ない、ことはそんなに大事なことか?

自分のテニスが出来ない、上手くいかない・・・ときに、どう切り替えるのか。

私は大事な試合なら、どこかのタイミングで諦める、ということも大事だと思っています。

勝てないのに、内容に固執していくことがそんなに大事?

自分のテニスにプライドを持つことは大事ですが、それよりも目の前の勝利を拾う修正力、の方が大事だと思います。

勝ちを拾っていく修正力、こそアナタのテニスに必要な要素なはず。

修正出来た試合って、想定通りにいった試合よりもよっぽど、アナタらしい試合だと思いますよ。

 

試合の中で、細かく修正していける選手は強い。

その為に、まずはしっかり想定して、準備すること。

そして、その想定と異なるときにはハッキリ、何かを変える覚悟を持って臨むこと。

修正力のある選手、は試合で勝てる選手。

結果的に強い選手と言えると思います。

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

関連記事

  1. テニス ダブルス

    その他

    錦織選手の実力について、アナタはしっかり「自分の意見」を持てているだろうか?

    今年も楽天オープン、日本で一番大きなテニスの大会が始まりました。…

  2. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合会場で周りに迷惑をかけない「基本的なマナー」5つ

    試合はたくさんの相手、関係者と一緒に進めていくもの。自分の勝利…

  3. その他

    「花粉症で喘息発作」で辛いときも効果的な呼吸法とは?

    花粉症に苦しむ毎日を送っているが、遂に花粉症の症状に加えて喘息発作も出…

  4. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で勝ちたければ、「対戦相手の個性を掴む能力」に磨きをかけましょう

    対戦相手を観察する力は、本気になれば誰でも身に付く。そう、まず…

  5. その他

    テニスの試合では、「ショット一発の威力」に頼っていると、打った後に隙だらけになります

    試合に勝てる選手と、勝てない選手。色々と要因はあると思いますが…

  6. その他

    テニスの練習が嫌いな人、試合が嫌いな人

    正直で良いと、私は思いますよ。どちらかの要素があると…

特集記事

  1. テニス ガスケ

    シングルス

    シングルスのネットダッシュは、必ず1フェイント入れよう
  2. テニス 戦術

    戦術

    テニスの試合で、「相手の得意パターンにはまらない」為に必要な意識4つ
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「スウィングスピードをもっと速くしたいんです!」という人は、テニスの環境を客観視…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「スタンスの使い分け」テニスのストロークのスタンスは、結局どれが良いの?
  5. メンタル

    良くない自分を、試合中に認めることで勝機を見出す
PAGE TOP