戦術

嫌な流れ、をどう変えるのか?

テニスの試合の中で、これが出来るかどうか。

どんなに考えて準備して入っても、思い通りに進む試合ばかりではないですよね。

みなさんの中に、何か手立てはありますか?

シングルスの試合なら、誰も助けてはくれませんよ。

 

嫌な流れ、をどう変えるのか?

 


 

1.まずは、「予兆」を感じよう

ほとんどの人は、流れが悪くなってから気付く。

「まずいな・・・」と、数ポイント連続で落としたりしたときから、焦り出すんですよね。

これでは、当然遅い。

予兆を感じる力、を養いましょう。

試合の中で、自分の流れが悪くなるには、予兆がある。

それを感じることが出来れば、悪くなる前に対処出来るかも知れない。

悪くなってからも、落ち着いて対処出来る。

テニスの試合は、ある程度決まった予兆があるので覚えておきましょう。

 

2.流れが悪くなる予兆、とは?

・ファーストサーブが入らなくなる

・セカンドサーブのリターンをミスする

・スマッシュでミスをする

私は、この3つが自分の中で「予兆」だと考えています。

この3つがあるとき、続いた時には、流れが悪くなってくる可能性が高い。

だから、試合前から相当注意して入るし、2回連続で上記のミスが続いた時には気を引き締める。

自分が悪くなる予兆を知っておくだけ、で試合の流れは食い止められます。

 

3.もし、それでも流れが悪くなってしまったら・・・?

でも、嫌な流れになっていくこと、試合ではありますよね。

どうしても止められない、相手が調子良くなってくることもあります。

そんな時に、どうするのか。

まずはしっかり、ラリーをしましょう。

テニスですから、相手とラリーを避けてはダメ。

そうすれば、必ずまた流れが来ます。

ラリーをしっかりしておけば、試合の流れは必ず戻って来る。

相手が勝ちそうになっても、勝ちビビリをしてくれる可能性だって高いですからね。

ラリー回数を増やしていけば、また必ず、アナタ自身に流れが来ます。

 

4.遅いボール、を使うことがお勧め!

試合の流れが悪い時には、試合の進むスピードも抑えたい。

短時間で大量失点、していてはすぐに試合は終わりますからね。

スライスやスピン、回転量の多いショットでボールの速度を抑えることが出来れば、試合時間は長くなります。

相手も簡単に決まらないから、じれてミスしてくれるでしょう。

速いボールは自分に流れが来ている時、に使う。

嫌な流れの時には、スライスを多く使う。

これだけでも、かなり相手は嫌なはずですよ。

 

どんなショットが、嫌な流れの時に使えるのか。

ファーストサーブ、リターン、良い時に打つショットだけ、では勝てないですよ。

相手に流れがある時の、自分のプレー。

一度見直してみませんか?

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. 戦術

    試合に勝つ前段階のゴール、を設定しよう

    試合に出るからには勝ちたい、勝たないといけない。テニスの試合…

  2. テニス メモ

    戦術

    記憶力が乏しい選手は、テニス選手として成長出来ない

    私たちの生活、以前と変わってきたこと・・・。年齢が30代の私が…

  3. 戦術

    持っているショットを、マネジメントするのがテニス選手

    テニスの試合、1セット待ちなら30分から1時間くらい。だいたい…

  4. テニス 観察眼

    戦術

    相手のミスで得点、嬉しい?嬉しくない?

    相手のミスを、しっかり自分のポイントとして認識する。これ、当…

  5. テニス 部活

    戦術

    テニスで県内No.1になりたければ、「思い切った勝負」に

    今日から4月。新学期、新入生・・・色々と新しいこと、始まる時期…

  6. 戦術

    攻めたミスは気にしない、を本気で意識しよう

    ミスが許されない国、日本。それはテニスでも、例外ではありませ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ミス

    戦術

    午後のテニスの試合、は実は要注意な件
  2. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスでは力を入れるポイントを絞っておかないと、体力はいくらあっても足りない
  3. テニス リターン

    ストローク

    ストロークの基本「グリップエンドから前に出していく」基本を確認すれば、打点は自然…
  4. テニス メンタル

    サーブ

    サーブのトスが安定しない人は、「早めに上を向いた形」を作ることで軌道が安定します…
  5. テニス トレーニング

    ストローク

    自分自身でコントロールに厳しくならないと、上達は無い
PAGE TOP