テニス メンタル

リターン

思い切りの良いリターンでは、「フォアかバックかを決めて待つ」くらいの気持ちが大事

錦織選手の活躍のニュースが続く全仏オープン。

何と言っても、リターンが大きな武器になっていますよね。

私たちでも何か真似できる部分は無いか・・・と考えたときに、私から提案したいのはこれだけ。

特に相手のセカンドサーブでは、思い切った山を張ってグリップも準備して待ちましょう!

 

思い切りの良いリターンでは、「フォアかバックかを決めて待つ」くらいの気持ちが大事

 


 

■セカンドサーブでコースを突ける選手は、少ない

プロ選手の試合を観ていても、セカンドサーブで厳しいコースを突くことは少ない。

ましてや一般の大会では、「まず入れること」を重視している選手がほとんどですよね。

であれば、アナタの得意なショットで攻撃していくのに、その準備は早くてOK。

フォアハンドで回り込むのも良し、バックハンドで攻撃していくのも良いでしょう。

大事なのは、しっかりグリップを決めて待つ、前に入って攻撃していくことが大事です。

 

■打った後のことも考えるけど、まずはしっかりアタック!

何もかも正確に、慎重に・・・という感じも大事ですが、もっと大事なのはしっかり「攻撃する」こと。

リターンで攻撃していくときには、コンパクトなテイクバックが不可欠ですよね。

ポジションを前にしますから、ある程度「隙」が出来てもしょうがない、くらいのイメージを持ちましょう。

 

■もし、厳しいコースで「逆球」が来たら・・・なんて考えない

もし厳しいコースに来たら・・・なんて考え出したら、きりが有りません。

これはもう、捨てる。

偶然の相手のナイスショットか、もしそれが実力なら攻撃的なリターンは無理、と諦めて下がりましょう。

はっきり割り切った作戦にすることで、しっかり攻撃が出来るし前にもいける。

駆け引きの要素がありますので、全部をカバーしようなんて欲を出してはいけません。

 

どこかを「捨てる」ということが出来ない人は、テニスの試合で勝てない。

何となく攻めて、何となく守って勝てるのは格下相手だけ。

自分より強い相手に勝ちたければ、当然リスクも必要です。

せっかくリスクを冒すなら、相手のセカンドサーブをしっかり攻撃していく姿勢を見せたい。

相手にとって、それが一番嫌な攻撃の一つなのですから。

ピックアップ記事

  1. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. リターン

    確実にクロスに返球する、リターンに必要な身体の向きについて

    リターンを確実にクロスに返す。この意識、よりダブルスで必要にな…

  2. リターン

    サーブのプレッシャーが無い、レベルは3回戦まで

    みなさんも、トーナメントを勝ち進んでいくと感じるはず。3回戦く…

  3. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合で重要な、「リターンからのストレートアタック」は、しっかり事前にパートナーと打ち合わせ…

    ダブルスの試合に出始めたペアの方は、まず攻撃のパターンを増やしていかな…

  4. リターン

    サーブ&ボレーが得意な相手には、「慌てず足元へのディンクショットとロブ」の2パターンで対抗し…

    シングルスの試合ではあまり見なくても、ダブルスの試合ではたくさん見る。…

  5. テニス サーブ

    リターン

    しっかり肩が入ったサーブのフォームからは、センター狙いの可能性大

    これは最近、私が意識しているポイントなんですが・・・リターンのときの、…

  6. テニス ストローク

    リターン

    相手がダブルフォルトした後には、「入れにくるファーストサーブ」を遠慮なく叩きにいこう!

    今回紹介する作戦は、シンプルだけどとても効果的な作戦。相手がダ…

特集記事

  1. その他

    昔体育の授業が苦手だったらかと言って、テニスも苦手とは限らない
  2. テニス ストローク

    リターン

    シングルスの試合でのリターン、で有効な考え方5つ
  3. 戦術

    サービスゲーム、両サイドの考え方
  4. テニス ストローク

    ストローク

    リラックスしたテイクバックには、「スロートに添えた手のひらで、ラケットをフワッと…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    実戦で使えるサーブは、「ワイドへのコースは軌道を高め」を意識しよう!
PAGE TOP