テニス メンタル

リターン

思い切りの良いリターンでは、「フォアかバックかを決めて待つ」くらいの気持ちが大事

錦織選手の活躍のニュースが続く全仏オープン。

何と言っても、リターンが大きな武器になっていますよね。

私たちでも何か真似できる部分は無いか・・・と考えたときに、私から提案したいのはこれだけ。

特に相手のセカンドサーブでは、思い切った山を張ってグリップも準備して待ちましょう!

 

思い切りの良いリターンでは、「フォアかバックかを決めて待つ」くらいの気持ちが大事

 


 

■セカンドサーブでコースを突ける選手は、少ない

プロ選手の試合を観ていても、セカンドサーブで厳しいコースを突くことは少ない。

ましてや一般の大会では、「まず入れること」を重視している選手がほとんどですよね。

であれば、アナタの得意なショットで攻撃していくのに、その準備は早くてOK。

フォアハンドで回り込むのも良し、バックハンドで攻撃していくのも良いでしょう。

大事なのは、しっかりグリップを決めて待つ、前に入って攻撃していくことが大事です。

 

■打った後のことも考えるけど、まずはしっかりアタック!

何もかも正確に、慎重に・・・という感じも大事ですが、もっと大事なのはしっかり「攻撃する」こと。

リターンで攻撃していくときには、コンパクトなテイクバックが不可欠ですよね。

ポジションを前にしますから、ある程度「隙」が出来てもしょうがない、くらいのイメージを持ちましょう。

 

■もし、厳しいコースで「逆球」が来たら・・・なんて考えない

もし厳しいコースに来たら・・・なんて考え出したら、きりが有りません。

これはもう、捨てる。

偶然の相手のナイスショットか、もしそれが実力なら攻撃的なリターンは無理、と諦めて下がりましょう。

はっきり割り切った作戦にすることで、しっかり攻撃が出来るし前にもいける。

駆け引きの要素がありますので、全部をカバーしようなんて欲を出してはいけません。

 

どこかを「捨てる」ということが出来ない人は、テニスの試合で勝てない。

何となく攻めて、何となく守って勝てるのは格下相手だけ。

自分より強い相手に勝ちたければ、当然リスクも必要です。

せっかくリスクを冒すなら、相手のセカンドサーブをしっかり攻撃していく姿勢を見せたい。

相手にとって、それが一番嫌な攻撃の一つなのですから。

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    片手バックハンドのリターンは、ココを意識すると上手くいく!

    バックハンドを片手にしてみたいけど、問題があって・・・。そう、…

  2. テニス リターン

    リターン

    ビッグサーバーを崩すには、まず「ブレイクポイントを作る」ことから

    サーブが強力な相手に、どう戦うのか。なかなかチャンスを作れない…

  3. リターン

    スライスサーブを、自在にリターンするコツ5つ

    試合に出ていて、感じること。それは、スライスサーブを打って来…

  4. テニス ストローク

    リターン

    両手バックハンドのリターンが安定しない人は、「後ろ側の腕の脇」を締めて打つ

    私自身は、バックハンドストロークは片手で打っているのですが、学生時代は…

  5. テニス メンタル

    リターン

    「この一つの技術で勝てる試合が必ず増える」テニスでアドサイドからの逆クロスリターンをお勧めする理由5…

    試合に勝てるようになるには、もちろん小さなステップアップの積み重ねが重…

  6. テニス 構え

    リターン

    テニスの試合では、「リターン位置をはっきり前にする」ことで、高い打点から攻撃が出来ます!

    リターンからの攻撃パターンを作っておくと、試合で勝てる。これだ…

特集記事

  1. メンタル

    テニスの試合、「自分が苦しいときは、相手も苦しい」のだから、乗り越えた選手が勝つ…
  2. 練習メニュー

    「部活の練習の雰囲気を変える!」勝てるチームが実践している、競争原理に基づく工夫…
  3. テニス 練習

    その他

    テニス部に一枚、「小さなホワイトボード」を用意して部活を始めてみよう
  4. テニス テニススクール

    戦術

    大一番での緊張した試合では、「流れる時間のスピードが違う」ことを覚えておこう
  5. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合で使える、「騙しやすいドロップショットの打ち方」について
PAGE TOP