リターン

ワイドへのスライスサーブは、「ゆったりリターン」が基本

試合で、相手がスライスサーブを打って来る。

その時に、どういうリターンをイメージしておくのか。

これが結構、試合では大事になります。

強打しても、未来は無い。

つい打ちたくなってしまいますが、ここは現実的に考えて準備しましょう。

 

ワイドへのスライスサーブは、「ゆったりリターン」が基本

 


 

1.自分はコートの外にいる、ことを自覚する

ワイドに追い出されている自分のポジション、を自覚しましょう。

ダブルスでもシングルスでも、この状態から速いボールで攻撃することは危険です。

相手に速いボールを打つと、同じく速いタイミングで返って来ますからね。

そうなると、ポジションが崩れている自分の方が不利。

コートの外側に立っている自分、を受け止めてゆったりリターンする。

それだけで、かなり相手は嫌ですよ。

せっかく良いサーブを打っても、意味ないよという姿勢を相手に見せつけたいですからね。

 

2.スライスサーブを無効化しよう

まずは、しっかり山なりで返す。

それが出来れば、第一段階でのリターンはクリアです。

相手に、「スライスサーブ、効かないですよ」という意志表示を行うこと。

これが、相手のサーブの意欲を削いでいく一番の要素になりますから。

先回りして良い、とにかくしっかり追い付いて山なりなリターンを返す、時間を作る。

スライスサーブのリターンは、どんどん無効化していきましょう。

効かないと分かっていれば、相手も苦しくなる。

その姿勢を示すことが大事になります。

 

3.スライスサーブには、スライスが効く

これが、一番のコツです。

スライスサーブをスピン系でリターンしようとすると、打点が低くなるので難しい。

ラケットヘッドが、ボールの下に入っていかないんですよね。

スライスなら、ボールの横を捕らえてリターンしやすい。

この感覚を、ぜひ養ってみて下さい。

女性の方でも、スライスでリターン出来るようになると一気にリターンの守備範囲が広がります。

薄いグリップで待って、コツンと当ててロブというリターンも出来ますしね。

地味ですが、試合で本当に使える技術ですよ。

 



 

4.大事なのは、コートの外に出ないこと

コートの外側に出てリターン、していると厳しい。

例え返せたとしても、次からの展開で厳しくなるでしょう。

ですから、アナタ自身で強い意志を持つこと。

コートの外側には出ない、必ず前でさばくんだという意志を持つ。

前に入って、スライスで山なりにリターンするだけで、コーナーに入ったスライスサーブも良いリターンが出来るでしょう。

自分がリターンのときに、どこに立っているのか。

これだけは、常に意識して見直すようにしましょう!

 

5.お勧めの練習法

これは、簡単です。

サーブとリターンを、スライス縛りにしてしまう。

打てないと思っている方も、何となくのスライスで良いんです。

自分なりのスライスサーブ、スライスリターンを、ルールを縛って練習していく。

これが新しい道、になるはず。

繰り返しますが、スピンやフラットは一旦無しで。

スライスでお互いどういうショットが打てるのか、を突き詰めてみましょう。

 

スライスリターンをしっかり出来るようになれば、スライスサーブ以外のサーブも大丈夫。

速いフラットや、高く弾むスピンサーブだって応用の幅が拡がります。

ぜひ、この機会にスライスリターン、磨いてみて下さい。

新しい可能性が、そこにあると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  4. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    ミックスダブルスで、スライスのリターンが有効なコース5つ

    ミックスダブルスで、有効なリターン。それは、スライスを上手く使…

  2. テニス 居場所

    リターン

    サーブがなかなか入らない相手ほど、実はリターンは難しい

    何となく相手のサーブが調子悪そうなのに、ブレイク出来ない。こう…

  3. テニス ストローク

    リターン

    リターンの反応が遅い選手は、ネット上に分岐点を作って待つようにしてみよう

    リターンの反応が、遅いと感じている人・・・。なかなか、ブレイク…

  4. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で、「リターンダッシュから相手にプレッシャーをかける」メリット4つ

    全豪オープンでシングルスの試合を観る機会も増え、深夜まで起きて寝不足・…

  5. テニス リターン

    リターン

    シンプルな方法で動体視力を高めて「リターン最強軍団」を、一緒に作りませんか?

    リターンを苦手にしていると、試合自体が嫌になる。早いサーブが苦…

  6. テニス リターン

    リターン

    リターンでバックハンド側のサイドのときには、身体を逃がしながらバックバンドリターンが有効

    リターンで、どうも回り込みフォアハンドが調子が悪いとき。右利き…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス知識

    【プロが教える】自宅で出来る!テニストレーニング Vol.2
  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスを前にするというのは、「着地で完全にコートの内側に入る」ということで…
  3. サーブ

    平均的なサーブ、説明出来る?
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で負けることは恥ずかしくない、だけど「負けを受け入れられない人」は恥…
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    「毎日ちゃんとボレーボレー」でしっかり身に付くテニスの基本を再確認
PAGE TOP