テニス サイト

その他

「テニスの試合に出ている高校生の皆さん」は、ぜひチェックしておきたいサイト4つ

テニスの試合に出ている方は、普段どんなサイトで試合の情報をチェックしていますか?

地元のテニス協会、高体連のサイトでは細かい情報まで掲載されていますので、確認している方も多いはず。

今回は、より上を目指して全国大会に向けて練習に励む皆さんには、ぜひチェックしておいて欲しい代表的なサイトをご紹介。

「自分には関係無いから・・・」と思っていては、そのステージにいつまで経ってもいけません。

まずは「知る」ことから、全ては始まります。

せっかくテニスの試合に出ているのであれば、日本でどんな猛者達がどんな試合に出ているのか・・・を感度高くチェックしてみましょう。

 

「テニスの試合に出ている高校生の皆さん」は、ぜひチェックしておきたいサイト4つ

 


 

■高体連サイト

このサイトでは、全国の高校生の大会、地域大会の情報が都道府県ごとに掲載されています。

それぞれの都道府県を見ていっても面白いですし、過去の大会も予選の結果からまとめられていて見やすいサイトになっています。

インターハイ予選、選抜予選は過去5年以上さかのぼって閲覧可能。

自分の地元で、過去にどんな選手が勝ち抜いて全国大会に出場したのか、先輩たちはどんな戦いをしてきたのか・・・を確認しておくことは、アナタ自身が勝ち抜いていくうえでとても大事なこと。

まずは地元の結果から、しっかりチェックしておきましょう。

⇒高体連サイトはコチラ

 

■各地域別学生テニス連盟サイト

大学に進学して、体育会でテニスを頑張りたい選手はぜひ、進学する地域の学生テニス連盟はチェックしておきたいところ。

自分の大学のポジションはもちろんですが、どういった大学が強くて年間でどういう大会が実施されているのかを確認しておけば、進学してからのイメージも付きやすい。

実際に、大学での学生テニス連盟は学生主体で運営されており、高校生と違う大きなポイントです。

サイト自体はまだまだ見にくい部分も多く在りますが、まずは自分で色々調べてみて下さい。

テニスに携わりたい・・・と考えているのであれば、アナタ自身のアイデアで運営やサイトも変えていけるかも!?

⇒北海道学生テニス連盟

⇒東北学生テニス連盟

⇒関東学生テニス連盟

⇒北信越学生テニス連盟

⇒東海学生テニス連盟

⇒関西学生テニス連盟

⇒中四国学生テニス連盟

⇒九州学生テニス連盟

 

■テニスデイリー

雑誌「テニスマガジン」を出版するベースボールマガジン社が運営する、テニス専門情報サイト。

何より大会情報が豊富で、細かい学生大会までもレポートされており、毎日のように試合結果を更新されていくのが魅力。

また大会情報以外にも、「テニマガテニス部」を主催して読者に近いイベントも実施するなど、新しい取り組みをどんどん仕掛けています。

雑誌社が提供するサイトらしく、対談やインタビュー記事も豊富で、「テニスを言葉で表現する」という部分においてはぜひ高校生の皆さんにもたくさん読んで頂きたいサイトです。

ぜひ、テニスの深い部分に触れてみて下さい。

⇒テニスデイリーはコチラ

 

■日本テニス協会

日本テニス協会のサイトは、2015年にリニューアルされて本当に見やすいサイトになりました。

各試合結果はもちろんですが、もっと実は気楽な気持ちで観てもらいたいサイトでもあります。

将来、プロテニス選手を目指す方であれば選手登録やどんな大会があるのか、ポイント制度についても調べておいて損は無いでしょう。

全日本テニス選手権等の主要な大会はリアルタイムで結果が更新され、過去の結果も閲覧可能。

何より、2016年の大会日程や会場も公開されていますので、ぜひ確認しておきましょう!

⇒日本テニス協会のサイトはコチラ

 

ウェブで何かを調べたり、インターネットを駆使する力。

それはアナタにとって、大事な一つの「テニスの力」です。

自分が何が出来るか、何をしたいのか・・・をしっかり考えて、自分で調べていく力はテニス選手として本当に大切なのです。

色々テニスについて調べるの、慣れてくると楽しくなってきます。

今回ご紹介したサイト以外にも、たくさん魅力的なテニスについてのサイトはたくさんあります。

このT-PRESSSも、皆さんにとってそういった存在になれるよう、運営頑張ります!

ピックアップ記事

  1. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  2. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス 準備

    その他

    テニスの草トー団体戦で見かける「対戦したくない迷惑なチーム」の特徴5つ

    秋深まり、本格的なテニスシーズンになりましたね。一般の草大会も…

  2. その他

    もしアナタが「大事なテニスの試合で審判を一人で」やることになったら・・・

    誰しも、一度は「審判」の経験はあるんじゃないでしょうか。きちん…

  3. テニス メンタル

    その他

    「結果を出せよ!エリートも初心者も。」テニス部の部活動について

    「てにすまんプロジェクト」で色んな学校に訪問して部活の指導を行うように…

  4. テニス ストローク

    その他

    テニス部における良いキャプテンの要素は、「チームの課題を創り出せる人」です

    良いキャプテン、リーダーって、どんな人物像をイメージしますか?…

  5. テニス ストローク

    その他

    セルフジャッジの試合で、「微妙な判定を自分に有利にジャッジする」度に、アナタは何かを失い続ける

    セルフジャッジについて、改めて私が感じること。それは、レベルや…

  6. その他

    勉強でも仕事でも、テニスでも強い人は〇〇

    読者のみなさんは、恐らくテニス中心の生活の方が多い。もちろん…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    意外と打つ機会が多い、ネットに出たけどワンバウンドさせての処理について
  2. ロブ

    ロブを打って良い風、を見極めよう
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスというスポーツの怖さを、もう一度確認しておきましょう
  4. リターン

    相手の前衛の、どこを見極めるのか?
  5. テニス 気付き

    その他

    リーダーになった時点で、止まる人と伸びる人
PAGE TOP