テニス ダブルス

その他

外部の練習に参加するときは、オーディションの気持ちで

皆さんも普段の仲間、以外のメンバーと練習する機会はあると思います。

どんな人がいるのか、何を話せば良いのか、レベルは・・・と、不安が多いですよね。

新しい環境ではぜひ、良い機会だと思って自分を成長させて欲しい。

練習とはいえ、試合に近い環境ですしね。

そしてテニスが強くなっていく人は、こういう意識を持ってます。

 

外部の練習に参加するときは、オーディションの気持ちで

 

1.知らない人との練習、こそ試合に近い練習

私は、いつもこの意識で臨んでいます。

なるべく新しい人、知らない人と練習する、ことこそ試合に近い経験になる。

試合だって、ほとんどが初対面の人との試合が多いはず。

だからこそ、普段いつも同じような練習ばかりだと危険。

とはいえ、毎回毎回新しい人、違う環境で練習する・・・というのは難しい。

キーワードは、「オーディション」です。

 

2.「また一緒にやろうよ!」となり、紹介されてつながっていく

テニスの実力、それは自分のネットワークの実力だと思って欲しい。

ネットワークとは、人と人とのつながり。

良い練習が出来る、良い仲間をたくさん持っているということ。

まずは外部の練習に参加したときに、「また一緒にやろうよ!」と言われるような自分、が出来るかどうか。

気を遣い過ぎても問題ですが、「自分だったら、また誘いたいな」という感じでしっかり練習、が出来ているかどうか。

ここがしっかりしていると、自然とまた次の場を紹介してもらえたりする。

そうやってつながって良いネットワークが出来て、テニスが上達していくんです。

 

3.本当にテニスを強くなりたいなら、「オーディションに参加する勇気」は必要

でも、やっぱり緊張しますよね。

連絡を取り合うのも面倒だし、知らない人の中でテニスをするのはかなり億劫になる方が多いはず。

ちょっとしたことで良いので、勇気を持って行動してみる。

例えば、家に「ニューボールを箱買い」して置いてみる。

そうすると、コレを持ってどこかに練習に参加してみようかな、という気分になるかも知れない。

今まで着ているテニスウェアよりも、新しいものを探してみる。

外部の練習に参加するきっかけ、動機付けは何だって良いと思います。

大事なのは、自分を変えていこうとする勇気、ですね。

 

練習環境を変えれば、自然とメンタリティーも変わってくる。

始めての人とのテニスも慣れて来ると、大会での初戦、2回戦くらいは楽に戦えるようになる。

それがテニス、というスポーツです。

社会人の方も、ぜひ意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. テニス 部活

    その他

    関東近辺で「テニスの試合経験」をたくさん積みたいならココで!

    テニスはシングルスもダブルスも、とにかく試合経験を積むことが上達への一…

  2. テニス 居場所

    その他

    「試合に強くなりたければ、大胆に変えること」テニスの上達に必要なのは発想の転換です

    なかなかテニスが上達しない、試合で勝てないと悩んでいる方は多い。…

  3. その他

    「グリップチェンジの基本は?」テニスの試合で上級者がクルクルラケットを回す理由

    テニスのレベルが上がって来ると、ショットの種類が増えて来る。単…

  4. テニス 確率

    その他

    テニスノートを使って、「テニスの試合の勝率を上げていく」シンプルな方法とは?

    毎日練習や試合の後にテニスノートを付けているけど、「これが効果あるのか…

  5. テニス 雪

    その他

    テニスにおいて、「自分はこういうプレースタイル」と決めつけてしまうのは、本当に怖いことです

    アナタは自分のプレースタイル、どう思っていますか?どう思うか・…

  6. テニス ガスケ

    その他

    アナタが「プロテニス選手になりたい」、のであればテニス以外にもこんな特技があると便利です

    私がレフェリーやディレクターとして、日本で開催されるフューチャーズやチ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. 練習メニュー

    「今日やった練習だけを記録するテニスノート」では物足りないから、自分の感触や考え…
  2. テニス 前衛

    ダブルス

    ただ走り回るだけの男性では、ミックスダブルスで勝てない
  3. テニス メンタル

    Q&A

    Q&A「テニスを強くなりたい人、楽しくやりたい人」が混ざっているテニス部…
  4. テニス メンタル

    テニス知識

    ラケットとボールが、喧嘩しない柔らかさ
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で前衛は、「センターラインを超えたらそのままチェンジ」でハッキリさ…
PAGE TOP