テニス リターン

Q&A

Q&A「周りに自分よりテニスが強い選手がいません・・・」

今日は、大学のテニスサークルの方からのご質問について。

同じような悩みを抱える方、多いんじゃないでしょうか?

こんな環境でどうすれば・・・と悩んでいる方は、少しでもヒントになればと思います。

 

Q&A「周りに自分よりテニスが強い選手がいません・・・」

 


 

1.「周りに自分より強い選手がいない」とは、客観的な事実か?

私の感覚では、まずここから怪しい気がします。

周りの全員と、10回試合をして10回完璧に勝てる、というのであれば納得できます。

ですが、こういう質問をしてくる方は、試合すら避けているケースが多い。

なんとなく経験もあるし、周りよりも良いショットを打っている「つもり」になっている。

厳しいようですが、自分が一番強いと思っているのは自分だけ・・・かも知れません。

自分自身で、そういう視点を持っておくことは大事です

 

2.それでも、自分が一番上手いのなら

出来ることはたくさんあります。

 

・あえて相手の得意なショットにボールを集める

・自分の得意ショットを封印して試合を進める

・0-15、0-30のようなハンディを背負って試合をする

・自分は一球もミスをしないと決めて練習する

 

といった感じで、自分に負荷をかけて練習することも出来る。

要は自分次第、です。

環境を変えても、自分で課題を創り出せない人は強くなれません。

本当に強くなる人は、周りも巻き込んで自分を成長させていく。

誰とでも、実力差に関係無く真摯に、テニスを通じて向き合う。

もしかしたら、この質問を頂いた方に欠けている部分ではないでしょうか。

 

3.「環境を変えろ!」と言い続けてきたけど・・・

私自身、反省しています。

このサイトでは、何度も「環境を変えることの大切さ」を書いてきました。

ですが、必ずしもそれだけじゃない。

今自分がいる環境で出来ること、を本当に精一杯やったうえで、新しい環境にチャレンジするのは良い。

ただ、自分より上手い人とテニスがしたい、というだけで飛び込んでも、きっと難しい。

今、自分より上手い選手が周りにいないと嘆いている人がいれば、「まず、今の環境で色々考えて、やり尽くすこと」をお勧めします。

視点を変えれば、まだまだ出来ることはあるはずです。

 

今いる環境にいながらも、外部の刺激を受けることは出来ます。

それは何と言っても、試合。

草大会でも良いし、練習試合でも良い。

外部の人と「試合」という接点は、常に持ち続けるようにしましょう。

きっと試合さえ外で出来ていれば、練習の母体は変えなくてもあとは自分次第、ですよ。

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス サーブ

    Q&A

    Q&A「サーブに必要なトスアップの練習、何をやれば良いの・・・?」

    「とにかくトスが安定しなくて・・・」と、お悩みの皆さん。トスが…

  2. テニス メンタル

    Q&A

    Q&A「テニスを強くなりたい人、楽しくやりたい人」が混ざっているテニス部はどうすれば良い?

    今回は高校のテニス部主将の方から頂いた質問。テニス部の部活動に…

  3. テニス ストローク

    Q&A

    Q&A「試合でセカンドサーブを入れにいくと叩かれてしまいます。深く打つコツはありますか?」

    今回ご質問頂いたのは、試合でのセカンドサーブについて。テニスの…

  4. テニス メンタル

    Q&A

    Q&A 「試合中に緊張すると、頭の中が真っ白になります・・・。何か対策はありますか?」

    試合に出始めたばかりの人、または過去に初心者だった頃に、似たような経験…

  5. テニス ダブルス

    Q&A

    読者のみなさんよりアンケートで頂いたお悩みに、私なりにお答えさせて頂きます Vol.3

    少し時間が空いてしまいましたが、10月にて実施させて頂きましたアンケー…

  6. テニス ボレー

    Q&A

    Q&A「ボレーしようと思ってグリップを握る手に当たってしまいましたが、これは反則ですか?」

    久々に、ルールについて質問頂きましたので回答したいと思います。…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    サーブ側の前衛は、短距離選手のイメージで
  2. メンタル

    「練習上手は勝負好き」緊張感の無いテニスの練習は無意味です
  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    毎日のテニスの練習で1つで良いから、「新しい気付き」を持つ癖を身に付けよう
  4. テニス メンタル

    その他

    「2015年 インターハイ テニス団体戦」を観て感じた、団体戦に強いチームの特徴…
  5. テニス ミス

    練習メニュー

    県内No.1のアノ選手だって、技術の9割はコピペです
PAGE TOP