テニス 試合

シングルス

「冬場の戦いは、シコラーに不利」という現実

冬場のテニスの試合。

皆さんはどこに、注意して試合を進めていますか?

私が意識しているのは、このポイント。

私自身が粘るタイププレイヤー、ということもありますので、結構冬場の試合の方が嫌だったりします。

 

「冬場の戦いは、シコラーに不利」という現実

 


 

1.冬は寒いけど、体力の消耗は少ない試合が多い

とにかく・・・寒い!。

だけど、夏場と違って、冬の試合では体力の消耗は少ない。

もちろん疲れる試合は疲れますが、その消耗度は夏場より少ないですよね。

つまり、シコラーと呼ばれる粘りが身上のプレイヤーからすると、相手のスタミナ切れはちょっと期待し辛い。

冬場って、シコラータイプの選手にとっては結構厳しい時期。

粘っているだけじゃ、相手がなかなか疲れてくれないですからね。

 

2.「夏だったら負けてたな・・・」という試合も、冬なら勝てる

冬場だけ、勝てる試合もある。

夏だったら体力切れしていた試合も、冬場だったらしっかり戦える。

この意識は、テニス選手だったら持っておいて損は無い。

何かに秀でた相手であれば、それを防ぐ手立てを考えないとテニスの試合では勝てない。

気候、もまさにその一部。

寒い、ということをいかに「自分の味方」に付けることが出来るかが大事です。

 

3.もし、アナタが「シコラー」タイプの選手だったら・・・

良い機会ですので、プレーの幅を広げていきましょう。

安定感があるストロークを持っているなら、この冬場の戦いは「打って出る」ことを意識してみる。

ただ粘っているだけじゃ、勝てない相手もいて当然。

冬場にその相手が増えるなら、良いチャンス。

ネットプレーやドロップショット、も使えるようにしておけば、夏場の戦いにも活かせるはず。

ぜひ、ピンチをチャンスに変えていきましょう。

 

冬場のテニスは苦手?

そんなことを言っている選手に、勝利は呼び込めない。

寒い時期って、実は身体は動かしやすいしスタミナも維持出来る。

怪我はしやすいので、注意が必要ですが。

しっかり気候も味方につけて、試合に勝利出来るようになりましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. シングルス

    「試合で勝てる人は、実践している!」シングルスの試合で必要な基本準備5つ

    試合に慣れている人、トーナメントで勝ち進む人は、事前の準備に余念があり…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合では、相手を追い込んだかどうかの瞬時の判断が肝

    シングルスの試合で、なかなか攻撃しきれない人。それは、自分のシ…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「自分の得意なパターンで攻撃していく」ために大切な4つの準備

    シングルスの試合は、自由にプレー出来る分、想像力が求められます。…

  4. シングルス

    テニスの試合、我慢こそ運を呼ぶきっかけになる

    テニスの試合、最後に勝てる人は我慢が出来る。序盤にしっかり、…

  5. テニス フットワーク

    シングルス

    「走れないからシングルスには出ない」人ほど、ダブルスの試合も走れてない

    社会人、特に40代以上の方はほとんどがダブルスプレイヤー。試合…

  6. テニス メンタル

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    「相手の速いショットも難なく返せ」テニスの試合では粘り強いプレーができるように
  2. テニス 練習

    戦術

    テニスの試合でつい決め急いでしまうのは、「ゲームメイク力に自信が無いから」です
  3. テニス サーブ

    サーブ

    シングルスにおけるサーブ、「相手から浅いボールを引き出す」ことを合格点に
  4. テニス メンタル

    ストローク

    バックハンドストロークのラリーから攻撃する、「ダウンザラインへの展開」を磨いて試…
  5. テニス知識

    「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
PAGE TOP