テニス 試合

シングルス

「冬場の戦いは、シコラーに不利」という現実

冬場のテニスの試合。

皆さんはどこに、注意して試合を進めていますか?

私が意識しているのは、このポイント。

私自身が粘るタイププレイヤー、ということもありますので、結構冬場の試合の方が嫌だったりします。

 

「冬場の戦いは、シコラーに不利」という現実

 


 

1.冬は寒いけど、体力の消耗は少ない試合が多い

とにかく・・・寒い!。

だけど、夏場と違って、冬の試合では体力の消耗は少ない。

もちろん疲れる試合は疲れますが、その消耗度は夏場より少ないですよね。

つまり、シコラーと呼ばれる粘りが身上のプレイヤーからすると、相手のスタミナ切れはちょっと期待し辛い。

冬場って、シコラータイプの選手にとっては結構厳しい時期。

粘っているだけじゃ、相手がなかなか疲れてくれないですからね。

 

2.「夏だったら負けてたな・・・」という試合も、冬なら勝てる

冬場だけ、勝てる試合もある。

夏だったら体力切れしていた試合も、冬場だったらしっかり戦える。

この意識は、テニス選手だったら持っておいて損は無い。

何かに秀でた相手であれば、それを防ぐ手立てを考えないとテニスの試合では勝てない。

気候、もまさにその一部。

寒い、ということをいかに「自分の味方」に付けることが出来るかが大事です。

 

3.もし、アナタが「シコラー」タイプの選手だったら・・・

良い機会ですので、プレーの幅を広げていきましょう。

安定感があるストロークを持っているなら、この冬場の戦いは「打って出る」ことを意識してみる。

ただ粘っているだけじゃ、勝てない相手もいて当然。

冬場にその相手が増えるなら、良いチャンス。

ネットプレーやドロップショット、も使えるようにしておけば、夏場の戦いにも活かせるはず。

ぜひ、ピンチをチャンスに変えていきましょう。

 

冬場のテニスは苦手?

そんなことを言っている選手に、勝利は呼び込めない。

寒い時期って、実は身体は動かしやすいしスタミナも維持出来る。

怪我はしやすいので、注意が必要ですが。

しっかり気候も味方につけて、試合に勝利出来るようになりましょう。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. シングルス

    ワイドに打った後に、なぜセンターに戻るのは危険なのか?

    よくテニスの戦術に、「ワイドに打ったら、そのままワイドをケアで!」とい…

  2. シングルス

    シングルスの試合で、アウトミスを減らす簡単な方法

    シングルスの試合での失点、どんなミスが多いでしょうか。アウト、…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合は、勝っても負けてもその結果を一人占め出来る

    シングルスの試合、に出ているみなさん。ならこのイメージが凄く湧…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    「俺はこれくらいのラリー、何十球でも付き合うよ」という意志表示、出来ているか?

    試合に早い人は、ミスが早い。でもそのミスって・・・原因は何でし…

  5. シングルス

    ダウンザライン方向に山なりなボール、を使えばシングルスの試合で有効打に

    シングルスの試合で、どう攻めて良いのか分からない、という方へ。…

  6. テニス スポーツ

    シングルス

    シングルスの試合では「自分の事より相手の事」をしっかり意識して、試合に勝つ

    どんなにたくさん試合経験を積んでも、シングルスの試合はやっぱり緊張しが…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーを安定させたければ、「先にインパクト面を作り打点にセット」からテイクバック…
  2. テニス ストローク

    その他

    アナタのテニスは、「たくさんの人に支えられている」ということだけは、覚えておいて…
  3. テニス イベント

    練習メニュー

    練習していることは、試合で使わないと練習にも活かせない
  4. テニス 部活

    テニス知識

    部活で頑張る高校生、大学生の皆さんにオススメしたい「部活前の栄養補給」について
  5. テニス 目

    戦術

    テニスが上手い選手は、試合中に常に何かを狙っている
PAGE TOP