テニス メンタル

ストローク

テニスの試合でのストロークのスピン回転、フォアハンドとバックハンドの差ってどんな感じ?

いくつかご質問頂いた中で、特に学生の皆さんの悩んでいるポイントはコレかもしれません。

「フォアハンドのスピンは打てるけど、バックハンドが打てない」

「そもそも、スピンの両って揃えた方が良いの?」

という、ストロークの回転量についての問題、です。

今日は「試合で必要になる」という観点から、考えてみましょう。

 

テニスの試合でのストロークのスピン回転、フォアハンドとバックハンドの差ってどんな感じ?

 

1.スピン系が打てない、というのは致命傷になる

例えば、ダブルスを考えてみましょう。

アナタがもし、バックハンドストロークでスピン回転のショットが打てないなら・・・どうでしょう。

私がもし相手なら、徹底的に前に詰めます。

だって、ロブがスライスしかないなら、下がれば打てますし最悪下に落としてから処理すれば良い。

スピン系のショットが打てない、トップスピンロブが無いってすごく楽なんですよ。

同時に、足元に沈んで来るショットが無い、というだけでも楽になりますね。

つまり、フラット系の近いショットでも良いので、スピン回転のショットは絶対に必要なんです。

 

2.同じくらいのスピン量でなくても良いけど・・・

私が見ていると、学生の皆さんは「フォアハンドはヘビーなスピン」で、「バックハンドはフラット系に近いスピン」の人が多い。

フォアハンドが片手、バックハンドが両手、で打っていると自然にこうなるかも知れませんね。

これはこれで、良い武器になると思います。

ですが、ぜひチャレンジして欲しいのが「バックハンドストロークでも、回転量が多いスピン」を打てるようになると、すごく良い。

トップスピンロブやショートクロス、が使えるようになりますからね。

両手バックハンドストロークは、上側の手(利き腕では無い手)のグリップ、持ち方を変えて回転量を増やせるように調整出来るはず。

基本はフォアハンドより回転量少な目のバックハンド、でもいざというときに、回転量が多いショットが打てる選手、を目指してみて下さい。

 

3.スピンとフラット、よりもスピンとスライス、を打ち分けられるようになろう

回転量の多い少ない、も緩急になりますが、より緩急を使いたいならスライスと組み合わせることが大事。

フラット系のショットがダメ、という訳では無いのですが、やっぱり安定感が欲しい場面では使い辛い。

スライスを使って相手を遅いボールで崩しておくと、スピン系のショットでも充分に相手は速く感じてミスしてくれるはず。

ですので、スピン系のストロークの回転量を自分で把握出来たら、同じくらいの回転で逆回転のスライス、を磨いていきましょう!

ドロップショットにも応用出来ますし、しっかり試合の中で使い分ければ良い武器になりますよ。

 

スピン系のストローク、は皆さん一番こだわりのあるショットだと思います。

実際に一番使うし、悩んだり試行錯誤、ですよね。

でも、そのスピンを活かすも殺すも緩急の使い分け。

回転量の多い、少ない、それから逆回転のスライス。

もっともっと、幅広く使っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. テニス シングルス

    ストローク

    初心者の方のストロークを安定させる、「正しい打点への入り方」を再確認してみましょう

    この春からテニスを始めた皆さんも、少しずつ練習にも慣れてきたはず。…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    ティエム選手の片手バックハンド、は私たちにも真似出来るのか?

    クレーコートでも抜群の威力を発揮する、ティエム選手。錦織選手の…

  3. テニス 構え

    ストローク

    テニス初心者の方はまずしっかり、「構え直し」から徹底してラリーをしてみましょう

    初心者の方もたくさん入部して、部活やサークルも活気付いていることと思い…

  4. テニス フットワーク

    ストローク

    ロブを追いかけた後は、打点を落とした方が返球しやすい

    前に出たけど、頭上を抜かれる。または、ダブルスのパートナーが抜…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    「前は得意だったフォアハンドストロークが、おかしい・・・」と感じたら、意識して欲しいこと

    テニスを始めた頃は、ストロークの中でもバックハンドが難しい。そ…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    メンタル

    「絶体絶命の場面」をしっかり乗り切れるテニス選手は、頭の中でこう考えている
  2. テニス ストローク

    戦術

    よし、いける!と相手に思わせて、罠にはめよう
  3. テニス ポジショニング

    練習メニュー

    テニスの練習の質を上げたければ、個人テーマの準備は欠かせない
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で前衛のときには、「自分のプレッシャーがどれくらい効いているのか?…
  5. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合では、後ろが見えない前衛に対して「上げる!」の一声は必須
PAGE TOP