テニス メンタル

練習メニュー

テニスでは、「新しい技術にトライして、すぐに身に付かなくても良い」と、私は思います

そもそも、テニスは求められる技術が多い。

スポーツは全てそうだと思いますが、「何かを習う」よりも「自分で感じて、見つける」ことが大事。

そう考えるようになったのは、私自身、指導者がいない環境で育ったことも大きいと思いますが、何より「普通にやる」ことにどこか嫌悪感を感じていたから。

たくさん失敗もしましたが、その失敗を活かすかどうかは自分次第。

決して、「失って敗けた」、訳ではないと思っています。

 

テニスでは、「新しい技術にトライして、すぐに身に付かなくても良い」と、私は思います

 


 

■自分なりのやり方を確立させれば、何にでも活かせる

テニスについて、何か上手くいかないときに考える。

考えて、何か結論を出して試して調整する。

この「何か結論を出して、変えることもやってみる」というトライは、テニスにおいてとても大事。

人は全て、自分に向いたテニスを模索し、求めていくから成長があるから楽しい。

そして、テニスで自分なりに工夫したり変えていくことが出来れば、それは勉強にも就職にも、仕事にも子育てにも、何にでも活かせるのです。

 

■自分を知ることが出来る、対話することが出来る

テニスが成長出来る人は、しっかり自分を知っている。

そして知っているけどあえて疑問を持って、対話する。

「今のバックハンド、本当にこれで良いのか・・・?こういうのはどうだろう、そうするとあの相手にも有効かも・・・」と、一人で議論も出来る。

ちょっと暗い感じもしますが、成長出来るテニス選手はこの繰り返しで、自分を知ることが出来る。

難しく考えずに、自分のテニスについて、自分で考えて結論を出してみましょう。

テーマは、「このまま、普通で良いの?」ということ。

 

■「普通の練習」であれば、「普通の選手で、普通の結果」しか出ない

当たり前ですが、普通は普通に終わります。

それでも良い、という方は、何も否定はしません。

ですが、試合に勝ちたいのであれば、あらゆる対戦相手に一つの大会で勝ち続けないといけない。

色々なテニスが出来る、自分に柔軟性が無いといけない。

そのためには、試行錯誤で変えていくこと、が大事です。

自分を変え続けてきた人には、相手の気持ち、やろうとしているテニスが分かるのです。

なぜなら・・・そう、いつか自分も通ってきた道、の上に目の前の相手がいる可能性が高いからです。

 

苦労した分だけ、相手のことも分かる。

きっとこの技術は苦手なんだな、というのが、経験上分かってくるから試合で勝てる。

試合が上手い人は、自分が通ってきた道の幅と距離が大きい。

苦労してきたから、相手が苦しいことも分かる。

そして、克服してきたから自信を持てる。

人を知る、ためには試行錯誤しながら自分でさぐっていく、しかないのです。

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. ご質問頂いた件につきまして
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  5. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

関連記事

  1. テニス 知識

    練習メニュー

    基本とは、あくまで9割の人に共通する理屈のこと

    「基本って、何ですか?」と、たくさんの人に聞かれます。これは非…

  2. 練習メニュー

    ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

    普段、素振りを習慣にしている方、きっと試合に熱心に出続けている方でしょ…

  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    「背伸びセンス」もテニスの試合で成長する為には必要なこと

    錦織選手が日本人男子で過去最高ランクの4位をマークした。これは…

  4. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスの練習の基本、「自分のテーマと、相手のテーマ」を理解出来てる?

    テニススクールでも部活でも、「テーマ」って大事。個人テーマ、ク…

  5. 練習メニュー

    テニスになぜ新しい練習が必要かというと、「新しい自分に気付いて試合で活かす」ため

    同じ練習をずっとしていると、何が問題なのか・・・。以前に、練習…

  6. 練習メニュー

    「こんな練習で試合中の集中力UP!」テニスの試合で本当に必要なショットを磨こう!

    集中力が無いやつは勝てない。だから試合中はプレーに集中出来るよ…

特集記事

  1. その他

    高校生のテニス部員なら、インターハイより全日本ジュニアより「全国選抜高校テニス大…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのスピン回転の基本は、早めのラケットヘッドダウンから
  3. テニス メンタル

    その他

    「結果を出せよ!エリートも初心者も。」テニス部の部活動について
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「ポイントを獲り切る」イメージが湧かない人は、どんなイメージを…
  5. テニス ポジショニング

    メンタル

    ダメな時にも頑張る、頑張れた選手が最後に勝つ
PAGE TOP