テニス メンタル

練習メニュー

テニスでは、「新しい技術にトライして、すぐに身に付かなくても良い」と、私は思います

そもそも、テニスは求められる技術が多い。

スポーツは全てそうだと思いますが、「何かを習う」よりも「自分で感じて、見つける」ことが大事。

そう考えるようになったのは、私自身、指導者がいない環境で育ったことも大きいと思いますが、何より「普通にやる」ことにどこか嫌悪感を感じていたから。

たくさん失敗もしましたが、その失敗を活かすかどうかは自分次第。

決して、「失って敗けた」、訳ではないと思っています。

 

テニスでは、「新しい技術にトライして、すぐに身に付かなくても良い」と、私は思います

 


 

■自分なりのやり方を確立させれば、何にでも活かせる

テニスについて、何か上手くいかないときに考える。

考えて、何か結論を出して試して調整する。

この「何か結論を出して、変えることもやってみる」というトライは、テニスにおいてとても大事。

人は全て、自分に向いたテニスを模索し、求めていくから成長があるから楽しい。

そして、テニスで自分なりに工夫したり変えていくことが出来れば、それは勉強にも就職にも、仕事にも子育てにも、何にでも活かせるのです。

 

■自分を知ることが出来る、対話することが出来る

テニスが成長出来る人は、しっかり自分を知っている。

そして知っているけどあえて疑問を持って、対話する。

「今のバックハンド、本当にこれで良いのか・・・?こういうのはどうだろう、そうするとあの相手にも有効かも・・・」と、一人で議論も出来る。

ちょっと暗い感じもしますが、成長出来るテニス選手はこの繰り返しで、自分を知ることが出来る。

難しく考えずに、自分のテニスについて、自分で考えて結論を出してみましょう。

テーマは、「このまま、普通で良いの?」ということ。

 

■「普通の練習」であれば、「普通の選手で、普通の結果」しか出ない

当たり前ですが、普通は普通に終わります。

それでも良い、という方は、何も否定はしません。

ですが、試合に勝ちたいのであれば、あらゆる対戦相手に一つの大会で勝ち続けないといけない。

色々なテニスが出来る、自分に柔軟性が無いといけない。

そのためには、試行錯誤で変えていくこと、が大事です。

自分を変え続けてきた人には、相手の気持ち、やろうとしているテニスが分かるのです。

なぜなら・・・そう、いつか自分も通ってきた道、の上に目の前の相手がいる可能性が高いからです。

 

苦労した分だけ、相手のことも分かる。

きっとこの技術は苦手なんだな、というのが、経験上分かってくるから試合で勝てる。

試合が上手い人は、自分が通ってきた道の幅と距離が大きい。

苦労してきたから、相手が苦しいことも分かる。

そして、克服してきたから自信を持てる。

人を知る、ためには試行錯誤しながら自分でさぐっていく、しかないのです。

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. テニス 練習

    練習メニュー

    ライバルには、強くなってもらうに限る

    みなさんが普段、テニスを練習する環境。それはサークルや部活、…

  2. テニス 戦術

    練習メニュー

    「普通にクロスでストロークラリーを練習」していても、試合で勝てません。必要なのは・・・?

    部活や練習で、ストロークのクロスラリーの練習をする機会は多いと思います…

  3. テニス スポーツ
  4. テニス 夜

    練習メニュー

    「闇錬だけで、テニスを上達させて優勝しよう」と思っている人は、ちょっと考え方を改めないと

    よく、「闇練好き」という言葉を聞きます。テニスに限らずですが、…

  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    「おうちで出来る練習」は工夫次第でテニスの上達の助けになります!

    「家でも出来る練習は無いですか?」とよく質問を受ける。素振りが…

  6. テニス 練習

    練習メニュー

    練習の後に気付きが無い人は、成長どころか衰退しかしない

    自分で、何を気付けるのか。毎回の練習、で上達していける人は、必…

特集記事

  1. テニス 序盤

    ストローク

    試合で緊張してプレーが堅くなる人は、「ネットミスから減らすこと」に最善を尽くそう…
  2. テニス 団体戦

    戦術

    テニスの試合で成功したことは、どんどんフォーマット化しよう
  3. ストローク

    テニスの試合、「ストロークでフォアハンドのスライスは使わない・・・?」という発想…
  4. テニス 夜

    練習メニュー

    「闇錬だけで、テニスを上達させて優勝しよう」と思っている人は、ちょっと考え方を改…
  5. ボレー

    ローボレーは、ボールを飛ばす角度を覚えればすごく楽
PAGE TOP