テニス ストローク

ストローク

「相手の浅いボールをしっかり決め切る!」為に必要なストロークの基本4つ

シングルスの試合で、しっかり相手からポイントを取る。

粘ることも大事ですが、浅いボールから攻撃出来ないと、いつまで経っても相手にプレッシャーはかかりません。

今回は、浅いボールから攻撃していくストロークの基本、見直しましょう!

 

「相手の浅いボールをしっかり決め切る!」為に必要なストロークの基本4つ

 


 

1.ポジションはベースライン上がベスト

アナタのストロークを打つ前のポジション、しっかり「前」に入れていますか?

相手の浅いボールを攻撃しようにも、アナタのポジションがベースラインから2メートル以上後方にいては、それはむしろピンチになります。

ベースライン上、くらいに立って試合を進めていく意識を持ちましょう。

また、相手が浅いボールを打ってくるということは、多少苦しい態勢のはず。

そこをしっかり見極めて、自分の立つポジションを少しでも前、にしておくことが大事です。

 

2.回転系のショットでコースを狙う

浅いボール=フラット系のショットで打ち込み、と考えている人は危険です。

よほど高い打点なら別ですが・・・錦織選手は、どうですか?

浅いチャンスボールでも、しっかりスピン回転をかけてコーナーを突いていきますよね。

アナタ自身、しっかり浅いボールをスピン系のショットで攻撃出来るようにしておくこと。

フラット系で攻撃、はあまりにリスクが高い選択です。

 

3.打つコースを隠すことに全力を傾ける

打っているショットの精度、でポイントは決まりません。

これは、断言できます。

では、なぜ相手が取れないボールが打てるのか。

それは、打つコースを隠せるからです。

しっかり「両方、どちらにでも打てそうな雰囲気」で、浅いボールに入れていますか?

実際に、ギリギリまでコースを選べるような余裕、ありますか?

相手は、ボールの速度が速いからじゃなくて、「どっちに来るか分からない」から取れないのです。

ここは、練習の中で対戦相手の反応を観ながらチェックしてみて下さい。

 

4.ネットプレーのオプションを用意しておく

浅いボールをストロークで打って決まる!

こともあれば、拾われることもある。

だからこそ、前に詰めて最後の「仕上げ」を出来る準備はしておきましょう。

相手が逃げる隙を与えてはいけません。

ストロークで決まらないと、すぐに気落ちしてしまう人、多いですよね。

そんな人は、一生粘り強いシコラータイプの選手に勝てませんよ。

 

浅いボールは、実はチャンスのようでそうでも無い。

試合に勝てる選手は、ポジション、コース隠し、ネットプレーと、自分で工夫して「チャンス」に変えています。

アナタは・・・どうですか?

何も考えないで打ち込んで、ミスかエースばっかり。

これじゃ勝てないですよ。

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  4. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. ストローク

    回転をかけて、ココを通過させるという感覚で

    コントロールを良くする為に、必要な発想として。何度か書いて来ま…

  2. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合で、「高い打点のストロークをしっかり決め切る」為に必要な意識と準備4つ

    高い打点のストローク、しっかり攻撃的なショットに出来ていますか?…

  3. テニス サーブ
  4. テニス メンタル
  5. ストローク

    足下に鋭く沈めるストローク、肘の位置をキープ!

    しっかりと、相手の低い位置を狙うストローク。これは、並行陣を相…

  6. テニス スライス

    ストローク

    テニスの試合では「浅いボールにいかに早く気付けるか」が、ストローク戦の結果を大きく左右する

    相手とストロークでラリーをしているときに、試合に出ているか、出ていない…

特集記事

  1. テニス リターン

    ボレー

    ローボレーが苦手な人は、「ネット上50cmを狙ってスライス回転」をかければ上手く…
  2. テニス メンタル

    ボレー

    試合で意外とよく使う「ハーフボレーの感覚が分からない・・・」人は試して欲しい4つ…
  3. テニス カープ

    練習メニュー

    プロ野球の広島カープに学ぶ、「徹底的した素振り練習」を貫くことの重要性
  4. テニス メンタル

    その他

    テニスで「ボールタッチの感覚を磨きたい人」は、まずはしっかり脱力してボールの重さ…
  5. リターン

    試合の序盤のリターンは、確率重視でいこう!
PAGE TOP