メンタル

大きな声でカウントコール、迷いは消える

試合で緊張したら、何をすれば良いのか。

私は、大きな声でカウントをコールすること、を意識しています。

自分がサーブを打つ時に、しっかり大き目の声でカウントをコールする。

たったこれだけで、アナタ自身のプレーは変わると思いますよ。

踏ん切りが付く、そんな自分に変えていくのは、自分自身の「声」です。

 

大きな声でカウントコール、迷いは消える

 


 

1.小さいカウントコール、マイナス要因にしかならない

よく、試合会場でカウントで揉めている人、多いですよね。

そもそもカウントをコールしなかったり、していても声が小さかったり。

これは、トラブルの元になるだけでなく、自分自身の自信も削いでいく。

小さい声でコールしていると、プレーまで小さくなってしまうんですよ。

だからこそ、みなさんも大事なポイントでは特に、大きな声を出していくつもりで良い。

特に男性は、ただでさえ声が通り辛いんですから。

 

2.大きな声を出しても、それでちょうど良い

良い意味で、リラックスタイム。

自分の声を出すことで、精神的にも落ち着いてプレー出来る。

男性の方は、自分で大きな声を出している、くらいの意識でちょうど良い。

そもそも、声が低いし相手には聞こえ辛いんですよね。

カウントコールもしっかり出来て、自分の中でリラックス出来る。

大きい声を出して、悪いことは何も無いと思いますよ。

 

3.迷いが消えて、プレーがハッキリする

例えば、サービスゲームで0-40の場面。

「0-40!」と叫ぶだけで、もう踏ん切りがつきますよね。

3ポイント挽回して、デュースに持ち込まないといけないんだ、と。

ボソボソと声を出しているだけでは、自分の中での迷いも晴れない。

腹の底から声を出すと、結構スッキリしてサーブに入れますよ。

私は、これってすごくラッキーなことだと思います。

リターン側だと自然に声を出せない、ですからね。

サーブ側のカウントコールは、活かさない手は無いです。



4.相手にとっても、嫌なもの

これも、一つのプレッシャーです。

みなさんも試合をしていて、元気にカウントコールして来る相手、嫌じゃないですか?

諦めない雰囲気があるし、試合の流れを持っていきそうな空気がコートに漂う。

たかがカウントコールですが、相手への大事な印象値、になるんです。

ポイントを取って吠えている人より、私はずっとこっちの方が嫌です。

みなさんも、相手にどういう印象を与えているのか、常に考えていきましょう。

それが、試合に勝つ小さい種になっていくはずです。

 

5.お勧めの練習法

私はいつも、試合前にトイレで発声練習のようなことをします。

もちろん、誰もいない時、です。

自分の中で、「良い声が出てるな」と思った日は大抵勝てる。

カウントコールも、大事な相手との接点ですからね。

自分の声が、どんな感じなのか。

仲間に動画に撮ってもらって、聞いてみるのもお勧めです。

ちょっとしたことですが、試合に強い人は良い声を出している人が多いです。

 

カウントごとに、正しいプレーをする。

その覚悟、を決めるのにはカウントコールの声の大きさ、が大事です。

私は、リターン側でも相手がコールしたら軽く「はい!」と言います。

何だか、相手の声でポイントに入っていくのが嫌なので。

本当に小さいことですが、ここまで気にしてみるのも有りかと思います。

ゲン担ぎ、みたいなものですけどね。

 

YouTubeで公式チャンネルを開設しました!

ぜひ、チャンネル登録頂きご覧さいませ。

T-PRESS YouTube公式チャンネル

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. + POWER CUP について
  4. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  5. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…

関連記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    「自分が成長する可能性」を信じることは出来ているか?

    いつも記事を読んで頂き、ありがとう御座います。いくつかご意見を…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    対戦相手に感謝出来るようになると、試合の緊張感から開放される

    どうしても、試合で緊張して力を発揮出来ないと悩んでいる人。ネッ…

  3. テニス 準備

    メンタル

    テニスの試合は「いつもスロースターターで苦労する・・・」君に送る、メッセージ

    このサイトでは、何度も試合は「序盤が勝負!」ということを書いてきました…

  4. テニス 部活

    メンタル

    テニスの練習や試合では、「その場で強く頭に刷り込む」意識の方が大事

    以前に、合同での練習会、講習会をしたときのことです。練習の合間…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    なぜテニスの試合、初戦は戦い辛いのか?

    初戦の戦いの、難しさ。これは、テニスの試合だけでは無いでしょう…

  6. メンタル

    勝つか負けるか、ばかり考えてない?

    試合に勝ちたい人の為に、ヒントを。これがT-PRESSのメイン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスペアとの話し合い」は、テニスの試合では難しく考えなくてOK!
  2. フットワーク

    「打ちやすい追いかけ方しなきゃ」骨盤で反応するとテニスに最適な横向きが作れます
  3. テニス ミス

    メンタル

    試合中に声出しがうるさい人は、基本メンタルが弱いと思って良い
  4. その他

    「一年生はボール拾いとランニング」のテニス部に未来は無い
  5. テニス 疲れ

    その他

    テニスの試合中、「どうも他の選手より疲れるのが早い・・・」と感じる人は、ラケット…
PAGE TOP