メンタル

大きな声でカウントコール、迷いは消える

目次

試合で緊張したら、何をすれば良いのか。

私は、大きな声でカウントをコールすること、を意識しています。

自分がサーブを打つ時に、しっかり大き目の声でカウントをコールする。

たったこれだけで、アナタ自身のプレーは変わると思いますよ。

踏ん切りが付く、そんな自分に変えていくのは、自分自身の「声」です。

 

大きな声でカウントコール、迷いは消える

 


 

1.小さいカウントコール、マイナス要因にしかならない

よく、試合会場でカウントで揉めている人、多いですよね。

そもそもカウントをコールしなかったり、していても声が小さかったり。

これは、トラブルの元になるだけでなく、自分自身の自信も削いでいく。

小さい声でコールしていると、プレーまで小さくなってしまうんですよ。

だからこそ、みなさんも大事なポイントでは特に、大きな声を出していくつもりで良い。

特に男性は、ただでさえ声が通り辛いんですから。

 

2.大きな声を出しても、それでちょうど良い

良い意味で、リラックスタイム。

自分の声を出すことで、精神的にも落ち着いてプレー出来る。

男性の方は、自分で大きな声を出している、くらいの意識でちょうど良い。

そもそも、声が低いし相手には聞こえ辛いんですよね。

カウントコールもしっかり出来て、自分の中でリラックス出来る。

大きい声を出して、悪いことは何も無いと思いますよ。

 

3.迷いが消えて、プレーがハッキリする

例えば、サービスゲームで0-40の場面。

「0-40!」と叫ぶだけで、もう踏ん切りがつきますよね。

3ポイント挽回して、デュースに持ち込まないといけないんだ、と。

ボソボソと声を出しているだけでは、自分の中での迷いも晴れない。

腹の底から声を出すと、結構スッキリしてサーブに入れますよ。

私は、これってすごくラッキーなことだと思います。

リターン側だと自然に声を出せない、ですからね。

サーブ側のカウントコールは、活かさない手は無いです。



4.相手にとっても、嫌なもの

これも、一つのプレッシャーです。

みなさんも試合をしていて、元気にカウントコールして来る相手、嫌じゃないですか?

諦めない雰囲気があるし、試合の流れを持っていきそうな空気がコートに漂う。

たかがカウントコールですが、相手への大事な印象値、になるんです。

ポイントを取って吠えている人より、私はずっとこっちの方が嫌です。

みなさんも、相手にどういう印象を与えているのか、常に考えていきましょう。

それが、試合に勝つ小さい種になっていくはずです。

 

5.お勧めの練習法

私はいつも、試合前にトイレで発声練習のようなことをします。

もちろん、誰もいない時、です。

自分の中で、「良い声が出てるな」と思った日は大抵勝てる。

カウントコールも、大事な相手との接点ですからね。

自分の声が、どんな感じなのか。

仲間に動画に撮ってもらって、聞いてみるのもお勧めです。

ちょっとしたことですが、試合に強い人は良い声を出している人が多いです。

 

カウントごとに、正しいプレーをする。

その覚悟、を決めるのにはカウントコールの声の大きさ、が大事です。

私は、リターン側でも相手がコールしたら軽く「はい!」と言います。

何だか、相手の声でポイントに入っていくのが嫌なので。

本当に小さいことですが、ここまで気にしてみるのも有りかと思います。

ゲン担ぎ、みたいなものですけどね。

 

YouTubeで公式チャンネルを開設しました!

ぜひ、チャンネル登録頂きご覧さいませ。

T-PRESS YouTube公式チャンネル

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. 40歳からポリストリングにする、という選択肢を
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス 練習

    メンタル

    ネット際のボールって、避けておくべき?

    みなさんは、自分のファーストサーブがフォルトしたとき。そのボールが…

  2. メンタル

    勝った負けたより、真実が明らかになるということ

    試合に出ていれば、必ず勝敗はついて回ります。だからこそ、達成…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    勝つ為、ではなく自分を磨く為

    「自分は、何のために試合をやるのか」この問いかけを、みなさん最…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「思い悩んでる暇があったら動く」習慣がある人は、テニスの試合でも強い

    テニスに悩みは付き物。私自身、たくさんの悩みと向き合ってきまし…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    試合を動かしているのは、「もう一人の自分」という意識を持てると全体を俯瞰して見れる

    気合いを入れて、試合に臨む。大事なポイントでは声も出すし、一生…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「経験豊富で格上の相手を倒す」為の作戦と流れについて

    テニスは、「番狂わせ」が比較的少ないスポーツだと言われます。確…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    消耗した状態で実践出来る技術こそ、アナタの技術そのもの
  2. テニス メンタル

    メンタル

    練習中に不機嫌な顔ばかり見せている人は、結局自分のことしか考えていない
  3. テニス 大学

    日々の雑記

    根拠のある自己流は、セオリーに勝る
  4. サーブ

    どんなに速い強烈なサーブでも、「軌道は山なりだから安定して入る」ことを再確認して…
  5. テニス ストローク

    リターン

    リターンに安定感がある人が意識している、ある基本について
PAGE TOP