テニス 練習

メンタル

ネット際のボールって、避けておくべき?

みなさんは、自分のファーストサーブがフォルトしたとき。

そのボールがネット際に落ちている時、どの程度まで避けますか?

邪魔にならないと思ったら、コートの中にボールが落ちている状態、でもテニスはプレー可能。

セカンドサーブも、早く打ちたいですしね。

ここのこだわりって、そのままプレーへのスタンスになると思いますよ。

ネット際のボールって、避けておくべき?

1.ネットに密着、しているならOK

というのが、私のスタンスです。

結構、気になるので拾うケースが多いです。

特にダブルスの試合で、私が前衛なら、ほぼ100%拾います。

なぜなら、ネットに詰めるときに邪魔になるから。

ネットに密着している感じ、ならそのままでも良いですが、少しでも自分たちのコートの中に入っていると、気になってしまう。

これは、私自身「前で勝負するんだ」という意志確認、なんですよね。

2.シングルスの試合でも、基本は一緒

ココは、意見が分かれるところだと思います。

試合でも、拾う人、そのままの人、分かれますよね。

私は、基本は拾います。

でも、ダブルスほど神経質ではなくて、多少ネットに近ければそのまま、の場合もある。

セカンドサーブまで、拾っている間にかなりの時間が空いてしまいますから怖いんですが、ある意味自分の頭を冷やす時間にもなる。

ちょっと、試合の流れが悪いような場面、ではあえて時間を作ってフォルトのボールを拾いに行く。

こういう間の使い方、も大事ですよ。

3.言い訳の要素、は排除しておこう

どこかで、そうなりますから。

「ボールが邪魔だったな・・・」と、思いたい自分がいる。

避けなかったのが悪いのに、ミスや失点の要因、にしたくなってしまうんですよ。

私も、経験あります。

こういう小さいところ、から試合の雰囲気は悪くなっていく。

だからこそ、しっかり自分で管理しておかないとダメ。

大事なポイントほど、ボールが落ちている場所近く、にまたボールが集まったりするんですよね。

4.小さいこだわり、をアナタ自身のテニスに

先入観でも、頑固なわけでもない。

「これは、こういうスタンスで」というのを、アナタ自身でしっかり作ること。

そこに、根拠を持つこと。

これは、テニス選手として大事なことだと思いますよ。

ファーストサーブのボールをどう処理するのか、なんて普通考えないじゃないですか。

でも、強い人はやっぱりこういうところの所作にこだわりがあり、根拠がある。

みなさんも、小さいことですがしっかり自分で考えて、準備しておくことをお勧めします。

ちょっとした、プレーの合間の動作。

これが美しい、スムーズな人って試合でも強いですよね。

アナタ自身、プレーにも集中出来るし、スタンスも決まる。

たかがボールを避ける動作、ですが、テニスではすごく大事だと私は思います。

そう、試合に勝つためには、です。

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. 40歳からポリストリングにする、という選択肢を
  3. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    試合の終盤「ここぞ!」という場面では、失点を恐れてはいけない

    勝負強い人って、みなさんの周りでもいませんか?私自身、そうあり…

  2. テニス リターン

    メンタル

    「勝てそうで勝てない試合」を無くしていくのに、必要な準備4つ

    あと少しで勝てそうなのに、追いつかれてまくられる。マッチポイン…

  3. テニス ポジショニング

    メンタル

    「人に合わせるテニス」だと、いつも他人のせいに出来る

    テニスは、一人では成長出来ない。私は何度も、周りの仲間の大切さ…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    チェンジコートで集中する、方法はアレしかない

    シングルスの試合で、チェンジコートの場面。この時、みなさんどん…

  5. テニス 観客

    メンタル

    団体戦で上位を目指したいなら、「準決勝以上の試合の雰囲気」を常にイメージして準備おこう

    秋の大会、団体戦で上位を目指したい。そんなチーム、キャプテンの…

  6. テニス 不器用

    メンタル

    「試合慣れしていない人」とは、いつも同じ景色しか見慣れていない人

    テニスの試合に慣れていない、と感じる人。皆さんは、どんな方とい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会で、「身内同士の対戦になった…」ときに意識したい5つのこと
  2. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合では、「ナイスサーブ!」こそ、浅いリターンをケアしておかないとダ…
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    相手が仰け反った瞬間、そのストロークは浅くなる
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合で勝ち進みたい」なら、今日限りで止めたほうが良いこと6つ
  5. ボレー

    「ボレー、多方向へ打てるかい?」テニスの試合では、人のいないコースを狙おう!
PAGE TOP