テニス リターン

スマッシュ

ネットに出たら、いつでもスマッシュコースは先にイメージしておこう

スマッシュでしっかりと、ポイントを取りきること。

これが出来れば、試合でも戦いやすいですよね。

苦手意識もある方が多いと思いますが、ぜひスマッシュは「コース先決め」の癖を付けて下さい。

これだけで、だいぶ変わりますよ。

ネットに出たら、いつでもスマッシュコースは先にイメージしておこう

1.基本は逆クロス、でOK

私はいつも、こう考えてネットに出ます。

ロブが来たら、逆クロスにスマッシュ。

この決断があるから、迷いが無い。

なぜ逆クロスか、と言えば理由は2つ。

1つは、右利きの相手ならバックハンドになるので、相手のリーチが短く、決まりやすいということ。

もう1つは、打点が後ろでもしっかり打てる、という点です。

経験上、逆クロスへのスマッシュは、すごく楽。

何も考えないで、しっかり決めて打つことが大事です。

2.相手が先に動いても、気にしない

もし、相手が先読みして動いていても、気にしない。

しっかりスマッシュを打って、優位性を保てれば良いんです。

プレッシャーに感じてコースを変える方が、おかしくなる。

逆クロスなら逆クロス、と決めて前に出てそれを崩さない。

その方が、私は良いと思っています。

ロブが上がってから、相手を見て悩む・・・のはダメ。

相手を見るのは良いことですが、基本はコースは先に決めておくことが大事です。

3.「よーし、ロブ上げて来い!」くらいの感覚で前に出よう

挑発的に、考えて良いと思います。

自分のネットプレーを嫌がっている、からロブが上がって来る。

これは、自分たちのペースだと。

「よーし、ロブ来い!」と思いながら、スマッシュのコースを準備しておく。

したたかに、相手に上げさせるくらいの感覚でいきましょう。

打たれるのと打たせる、のでは大きく結果は違って来るでしょうから。

4.スマッシュを特別なショット、にしないこと

試合では、普通に打つショット。

普通に打って、返されることもあれば決まることもある。

アナタ自身にとって、スマッシュが特別なショットになると厳しいんです。

ほとんどの初中級くらいの方は、スマッシュになると時が止まる、雰囲気がおかしくなる。

そうなるのは、打つイメージが固まっていない、どこかで悩んでいるからじゃないですかね。

先に決めて、前に出る。

逆クロスが8割。

これでいきましょう!

やっぱり、欲が出ますからね。

いざ、ロブが上がって決めるぞ・・・となると。

決めていることを、淡々と遂行していくだけ。

そんなネットプレー、スマッシュの方が、試合向きだと思います。

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  4. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. テニス 練習

    スマッシュ

    「ネットからの距離」によって、テニスの試合で求められるスマッシュの種類は違います

    スマッシュはテニスの攻撃の花形ショット。当然決めればかっこいい…

  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュに決定力が無い」と感じている人が、意識したい5つのポイント

    「スマッシュが得意!」という人は、まずテニスの試合に強い。口ば…

  3. テニス 客観視

    スマッシュ

    なぜ私は深い位置からのスマッシュ、にこだわり続けるのか?の理由について

    基本的に、安定志向で粘り重視。こういう視点で、このサイトをご覧…

  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュを打ち切る選手になりたければ、ダブルスこそ「縦割り担当」でいこう!

    どうしても、スマッシュが打てない、ビビッてしまう。そんな人は、…

  5. テニス シングルス

    スマッシュ

    深いロブは、ゆったりしたスマッシュで充分に対応出来る

    相手の深いロブを、下がってスマッシュ。これが出来る、出来ないで…

  6. テニス ボレー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    相手から時間を奪う、その打ち方は?
  2. リターン

    フォルトも打ち返す、そんな気概でリターンを
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーは外から、ローボレーは内側からラケットを入れていこう
  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「上でコンパクトに打ち終わるスマッシュ」を身に付けて、次への準備を早くするとネッ…
  5. テニス リターン

    ストローク

    ストロークで切れ味を出したいなら、「ラケットを強く振るのではなく、鞭のように扱う…
PAGE TOP