テニス スマッシュ

スマッシュ

スマッシュは最後、後ろにジャンプ!で安定する

スマッシュが苦手な人、苦手意識のある方は、ちょっとイメージしてみて下さい。

打つ時って、ジャンプしてますか?

これって、私の中ではスマッシュの苦手意識を計るバロメーターになっています。

しかも結構、正確なんですよ。

 

スマッシュは最後、後ろにジャンプ!で安定する

 

1.自信が無いから、最後にジャンプ出来ない

私は、ジャンプ推奨派です。

何も、数十cmジャンプしないといけない、という訳ではありません。

最後に軽くで良い、ジャンプすることでスマッシュは安定するし威力も出る。

ジャンピングスマッシュって、難しくないと思いますよ。

むしろ、ずっと両足をコートに付けたまま打つ方が、私は難しいと思います。

だって、リズム取り辛いじゃないですか。

最後に、よいしょ!とジャンプする方が、私はむしろ楽だと思うんですよね。

 

2.後ろ足でコートをキックすればOK

難しく考える必要はありません。

基本的に少し下がってのスマッシュでは、右利きの方は右足、左利きの方は左足でコートをキックする。

ジャンプ、と書くとハードルが高くなりそうですが、コートをキックすると思えば良い。

サーブと同じ、ですね。

このキックが無いと、上半身だけの力に頼ったおかしいスマッシュになっていく。

試合で緊張した場面、スマッシュミスばかりする人を見てみて下さいよ。

きっと、下半身が固まって、両足がコートにベタっとついたまま、だと思いますよ。

 

3.コートをキックすれば、自然と下から上のスウィングになる

スマッシュだって、私の感覚では下から上、です。

いきなり下方向に押さえつけるようなスマッシュは、本当に例外。

ネットのすぐ傍から打つとき以外は、スマッシュも上方向に打って山なりの軌道、なんですよね。

そうなると、安定するし深さが出る。

コートをキックすることで、身体全体でボールに力を伝えられます。

それに、意識を足に置いておく、だけで楽じゃないですか。

ラケット操作、に神経質になるからスマッシュはミスばっかりなんです。

 

4.足に意識、上半身はそれにつられるだけ

私は、この感覚でスマッシュを打っています。

意識しているのは、先ほど書いた後ろ足だけ。

ここでしっかり、コートをキックして軽くジャンプする。

それ以外、上半身とか腕の動きとかは、考えていないし、意識していない。

スマッシュのスイッチは後ろ足にあって、ここを動かせば他は自然に動いていく。

という感じに仕上げておくと、試合の緊張した場面でも楽ですよ。

考え過ぎず、足のことだけで良いわけですからね。

 

スマッシュが苦手な方、後ろ足でコートをキック、してみて下さい。

思いのほか、力が伝わって良いスマッシュが打てると思いますよ。

派手なジャンプ、は必要ありませんし体力のムダ使い。

バランスを維持しながら、後ろ足キックで威力と安定感アップ。

スマッシュこそ、下半身主導でいきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. テニス スマッシュ
  2. スマッシュ

    「とにかく決定力のあるスマッシュが打ちたい!」なら身に付けたい腕と手首の返し方

    テニスを始めた頃、硬式でも軟式でもまずは「スマッシュ」に憧れた人は多い…

  3. テニス メンタル

    スマッシュ

    テニスの試合で「スマッシュ打てる!と思ったら意外とロブが深かった…」ときに慌てず対処する技術4つ

    相手をラリーで追い込んで、ロブが来た!打ち込んでポイントゲット、と…

  4. テニス 練習

    スマッシュ

    テニスのスマッシュに、「フラットな当たりでスピードを求める」から、試合で全く入らなくなる

    テニスの実力が一番如実に反映されるショット、それは何度も書きましたが「…

  5. テニス コート

    スマッシュ

    「スマッシュ、チャンスか否か・・・。」テニスの試合ではコースを隠すことでチャンスが増える!

    スマッシュはチャンスか否か・・・。俺の見解としてはチャンスだな…

  6. テニス ストローク

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、「どこかで落ちてくるボールを怖がっている」から上半身が折れてしまう

    スマッシュが得意な人は、試合で強い。そりゃそうですよね、チャン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    ストローク

    「ミスが多いから丁寧にいこう‥」と意識し過ぎると、今度は足が止まってしまう人はど…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスを前にするというのは、「着地で完全にコートの内側に入る」ということで…
  3. ダブルス

    8割のリターンは、「センターストラップの上を通過する」事実に目を向けよう
  4. テニス サーブ

    ストローク

    ウィンブルドンの前に確認しておきたい「テニスにおけるスライスのメリット」5つ
  5. テニス 確率

    メンタル

    「メンタルが強くなりたい?」だったら、スリルを楽しめるようになろう
PAGE TOP