テニス メンタル

スマッシュ

テニスにおいて、「ジャンピングスマッシュは、難しく無い!」ことを証明します

ジャンピングスマッシュ、テニスの試合において花形のフィニッシュですよね。

ダブルスでも決まるとペアで盛り上がっていけるし、シングルスでは厳しいロブをしっかり処理する為にも必要。

これを、「上級者のテクニック」として認識してしまうのはもったいない。

また、若い人、脚力がある人だけ、が使うショットと決める付ける先入観も要らない。

だって、決して難しいショットでは無いのですから。

 

テニスにおいて、「ジャンピングスマッシュは、難しく無い!」ことを証明します

 


 

■止まって地面に両足を付いて打つ、方が難しいのでは?

少しでも後ろに下がって打つ、ようなスマッシュ。

皆さんはどんなフットワークで打っていますか?

速く下がってしっかり落下点に入る、から打つのはもちろん基本ですが、両足をしっかり地面に付けて打つとき、ありますか?

私は正直、あまりありません。

厳しくないロブでも、少しでも下がったら軽くジャンプする。

本当に軽く、です。

浮いている高さは5cmも無いかも知れません。

でも少しでも浮いている方が、私は打ちやすいと感じてしまうのです。

 

■軽くジャンプするから、力が上に伝わる

コートをキックすると、上半身の力はリラックスしても十分にボールに力が伝わる。

キックしようと思えば、自然にジャンプする。

何も膝を大きく曲げて、数十cmも飛ぶわけではありません。

あくまでコートをキックして、結果的に軽いジャンピングスマッシュになる。

リラックスして良いショットを打とうと思えば、自然にこういった足の運びになると私は思います。

 

■後ろ足ジャンプ、前足着地、のリズムを覚えよう

スマッシュもぜひ、素振りからしっかり練習してみましょう。

ラケットワークよりも、足の運びの基本を確認したい。

右利きの方であれば、右足でコートをキックしてジャンプ、左足で着地するイメージです。

少しだけ後ろにジャンプすると、守備範囲も広がる。

後ろにジャンプするのって、思った以上に難しく無いんですよ。

 

ジャンピングスマッシュ、を自分の中で打てる自信が欲しい。

これが出来ると、前衛でも相手のロブを待てるし、チェンジしない縦に強いペアになれる。

体力的な問題、そんなに関係無いと思います。

まずは足の運び、を合わせて素振りしてみましょう。

ジャンプと着地のリズム、さえ身に付ければきっとスマッシュ自体が安定するはずです!

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    後ろ方向へのポーチスマッシュこそ、アナタのダブルスに必要な発想なはず

    ダブルスの試合、陣形に関わらず「スマッシュ」をいかに打てるのか。…

  2. テニス ダブルス
  3. スマッシュ

    厳しいロブに対応するスマッシュは、「つなぐ意識で」しっかりスマッシュ

    ネットプレーでの戦い、その醍醐味はロブ対スマッシュ、にあります。…

  4. テニス ボレー
  5. テニス ミス

    スマッシュ

    「まぶしい!!」とテニスの試合で大切なスマッシュ練習、避けていませんか?

    スマッシュの練習をレッスンの中でよくやるんだけど、もちろん眩しい太陽が…

  6. テニス ボレー

特集記事

  1. その他

    同じコースに打ち続ければ、相手も眼が慣れるのは当たり前
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で必要な、「ゲームメイクと展開力」を身に付ける為に必要な意識とは?…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    片手バックボレー、左手の形をキープして安定感アップ!
  4. テニス ストローク

    メンタル

    丁寧なテニスが出来ている限り、アナタはそう簡単に負けることは無い
  5. テニス メンタル

    戦術

    攻略出来ない相手の武器は、諦めることも大事
PAGE TOP