スマッシュ

風が強い日のテニスの試合では、ある作戦を実行することで「相手を窮地に」追い込めるでしょう

風が強い日の試合、アナタは思い通りのテニスが出来ますか?

自信がある人、少ないんじゃないでしょうか・・・。

特に、しっかり「具体的な作戦」を準備出来ている人は、少ないはず。

そんなアナタに、ある作戦を紹介したいと思います。

 

風が強い日のテニスの試合では、ある作戦を実行することで「相手を窮地に」追い込めるでしょう

 


 

■風が強い日は、自然とロブが増える

風が強い日は、自然とロブが増える。

それは、風が強いからスマッシュを打たせようという機会が増える・・・かと思いますが、理由は別にもある。

ロブを上げる側も、風が強い日にはストロークをまともに打てないからこそ、図らずしてロブを選択するケースもあるでしょう。

ボールが押し戻されて、浅くなって結果的にロブ・・・という光景も、よくありますよね。

結果的に、とにかく風が強い日にはロブのようなショット、が増えることは覚悟しておきましょう。

 

■でも風が強い日のロブのコントロール・・・難しい!

経験がある方も、多いでしょう。

特に難しいのは、風上からのロブ。

風に乗って、そのままアウトになりやすい。

上に高く上がれば上がるほど、風の影響を受けて相手コートにボールを落とすのが、本当に難しくなるのです。

そうなると、出来るだけ風上の相手には、ロブを打ってもらいたい。

打ってもらうことで、結果的に相手のミス、アウトが増える可能性が高くなる。

 

■相手がロブを上げたなるシチュエーション、をどんどん見せていこう!

相手がロブを上げたくなるような場面、どんなシチュエーションですか?

シンプルに、前にベタ詰めを実行しておけば・・・相手は上を狙いたくなりますよね。

前に詰めている相手、つまりアナタがプレッシャーをかけていれば、相手は必ずロブで逃げて来る。

それも、上に大きく打ちたい心理が働きますから、手元も狂うはず。

相手から逃げようとするロブは、怖くない、むしろミスにつながりやすいのです。

 

相手のミスを待っているようでは、まだまだ三流テニス。

相手にミスをさせて初めて、二流のテニスになる。

もちろん一流のテニス、を目指したいこところですが、まずはしっかり二流。

二流なりのテニス、は一流を凌駕することも十分ある。

そう、相手からミスを誘う二流のテニス、悪くないと思いませんか?

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス 格上相手

    スマッシュ

    「スマッシュ上手より、ロブ対処上手」テニスの試合で必要なシンプルな考え方

    スマッシュをどう考えている?技術的には難しいショットだと思うん…

  2. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュを打つ時には、「クロスに深く」が基本で良い

    スマッシュに苦手意識がある人は、まずシンプルにこれを。ダブルス…

  3. スマッシュ

    余裕があるときのスマッシュでも、ダブルスではしっかり声を出して打っていこう!

    スマッシュを「ハイ!」と言って、声を出して打つ。これって、ダブ…

  4. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュで「回転をかけて相手を攻撃する」ための5つのコツ

    スマッシュでしっかり相手を攻撃していく。その為には、振り切って…

  5. スマッシュ

    ロブが怖いんじゃなくて、スマッシュミスが怖いだけ

    試合の中で、並行陣が苦手な方。並行陣、とまで言わなくても前に…

  6. テニス ボレー

    スマッシュ

    「ロブが来ると分かっている」ような練習をしても、試合でスマッシュは打てない

    試合の中で、スマッシュが決まらない・・・と言うか、そもそも打てない!…

特集記事

  1. ダブルス

    「意外とこれがポーチチャンス!」パートナーのセカンドサーブがテニスの試合では勝負…
  2. テニス スマッシュ

    ボレー

    「前のめりなボレーでの打ち終わり」は、隙だらけ
  3. メンタル

    テニスの試合の中で、「最期の最期」は、自分の技術と決断力を信じよう
  4. テニス ストローク

    ストローク

    あまり打ちたくないけど必要なときはある!「ランニングパッシングショット」を打って…
  5. テニス フットワーク

    ストローク

    踏み込んでストロークで攻撃、していくときには「高い位置でのテイクバック」で上から…
PAGE TOP