スマッシュ

風が強い日のテニスの試合では、ある作戦を実行することで「相手を窮地に」追い込めるでしょう

風が強い日の試合、アナタは思い通りのテニスが出来ますか?

自信がある人、少ないんじゃないでしょうか・・・。

特に、しっかり「具体的な作戦」を準備出来ている人は、少ないはず。

そんなアナタに、ある作戦を紹介したいと思います。

 

風が強い日のテニスの試合では、ある作戦を実行することで「相手を窮地に」追い込めるでしょう

 


 

■風が強い日は、自然とロブが増える

風が強い日は、自然とロブが増える。

それは、風が強いからスマッシュを打たせようという機会が増える・・・かと思いますが、理由は別にもある。

ロブを上げる側も、風が強い日にはストロークをまともに打てないからこそ、図らずしてロブを選択するケースもあるでしょう。

ボールが押し戻されて、浅くなって結果的にロブ・・・という光景も、よくありますよね。

結果的に、とにかく風が強い日にはロブのようなショット、が増えることは覚悟しておきましょう。

 

■でも風が強い日のロブのコントロール・・・難しい!

経験がある方も、多いでしょう。

特に難しいのは、風上からのロブ。

風に乗って、そのままアウトになりやすい。

上に高く上がれば上がるほど、風の影響を受けて相手コートにボールを落とすのが、本当に難しくなるのです。

そうなると、出来るだけ風上の相手には、ロブを打ってもらいたい。

打ってもらうことで、結果的に相手のミス、アウトが増える可能性が高くなる。

 

■相手がロブを上げたなるシチュエーション、をどんどん見せていこう!

相手がロブを上げたくなるような場面、どんなシチュエーションですか?

シンプルに、前にベタ詰めを実行しておけば・・・相手は上を狙いたくなりますよね。

前に詰めている相手、つまりアナタがプレッシャーをかけていれば、相手は必ずロブで逃げて来る。

それも、上に大きく打ちたい心理が働きますから、手元も狂うはず。

相手から逃げようとするロブは、怖くない、むしろミスにつながりやすいのです。

 

相手のミスを待っているようでは、まだまだ三流テニス。

相手にミスをさせて初めて、二流のテニスになる。

もちろん一流のテニス、を目指したいこところですが、まずはしっかり二流。

二流なりのテニス、は一流を凌駕することも十分ある。

そう、相手からミスを誘う二流のテニス、悪くないと思いませんか?

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    テニスにおいて、「前方向に移動しながらのスマッシュ」は意外と難しいので、しっかり練習しておきましょう…

    スマッシュと聞くと後ろに下がりながら打つ機会が、圧倒的に多いイメージが…

  2. テニス ダブルス

    スマッシュ

    今現在のスマッシュを「試合で使えるスマッシュ」に変えていく4つのポイントと練習法

    アナタ自身が試合に出たときに、スマッシュでポイントを決められるとどんな…

  3. テニス ボレー

    スマッシュ

    「ロブが来ると分かっている」ような練習をしても、試合でスマッシュは打てない

    試合の中で、スマッシュが決まらない・・・と言うか、そもそも打てない!…

  4. テニス シングルス

    スマッシュ

    深いロブは、ゆったりしたスマッシュで充分に対応出来る

    相手の深いロブを、下がってスマッシュ。これが出来る、出来ないで…

  5. テニス 練習

    スマッシュ

    打点が後ろになったスマッシュでも攻撃する、為に必要な4つのコツ

    スマッシュを打つときに、厄介なのが深いロブ。何度も、「ロブは落…

  6. テニス ストローク

    スマッシュ

    「下がらないから打てないだけ」テニスでスマッシュに苦手意識がある人の一番の特徴

    ダブルスの試合で、せっかく攻撃的な前衛のポジションにいるのに、ロブが上…

特集記事

  1. その他

    ※満員御礼【イベント告知】北山智也選手 練習会 2/23(日) in 東京都調布…
  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    「雨の日に教室でも出来る」テニス選手に必要なトレーニング4つ
  3. テニス ボレー

    ボレー

    「当てるだけのボレーから、ステップアップして押し出すボレーに」変化させていくうえ…
  4. テニス メンタル

    戦術

    自分は「何を軸に勝負していくのか?」を考えてみよう
  5. その他

    「考えてテニスをすることは、楽である」という誤解
PAGE TOP