テニス リターン

リターン

テニスの試合でのリターン位置は、「ファーストとセカンドではっきり変える」のが大前提の基本

今回は、「当たり前じゃないか・・・」と言われるような、基本的なことについて。

テニスでは、リターンのときにはどんなポジションにいても良い。

このルールについて、意外と無頓着で自分に活かせていないような人が多い。

特に初心者や中級者の方は、まじめに考え過ぎて自分の立ちポジションを、堅く考えてしまいがち。

当然ですが、相手のサーブ、ファーストサーブとセカンドサーブに対しては、立ち位置を変えることが、テニスの試合では大原則です。

 

テニスの試合でのリターン位置は、「ファーストとセカンドではっきり変える」のが大前提の基本

 


 

■セカンドサーブは、チャンスボールという意識で!

試合に出始めて間も無い方、中級レベルの試合であれば、これが大原則です。

やはり相手も、セカンドサーブは入れにくる。

入れにくるから、それはチャンスなはず・・・なんですが、後ろで待っていては打点も落ちてしまい、結果的に攻撃できない。

相手のセカンドサーブのときには、最低2メートルが前にポジションを移しましょう。

それが試合巧者への、第一歩です。

 

■相手はサーブを入れて、「安心している」から隙を突ける

アナタ自身、セカンドサーブを打ったときには、関心は「入るかどうか・・・」になっていませんか?

だからこそ、セカンドサーブは攻撃してくのにもってこいなのです。

相手は安心している可能性が高いので、簡単な攻撃でも崩れてくれるかも知れない。

その為には、まずはリターンのポジションを前にしましょう。

安心して下さい、セカンドサーブですからそんなに強烈なサーブは来ないでしょう。

 

■リターンのポジションを前にすることが、自分を「守る」ことにもなる

ポジションを前にすることは、「攻撃力」を高める為?

そう考えていては、自分自身にプレッシャーをかけてしまうだけ。

前にいることで、浅いボールもケア出来るし、フットワークも最小限で済む。

こういった感覚を養いましょう。

テニスでは、ノーバウンドでもワンバウンドでも処理が可能。

ぜひ、柔らかいテニスでポジションを前に出来るように、アナタ自身工夫してみて下さい。

 

とにかく難しいことは考えずに、相手のセカンドサーブを前で捕えましょう。

相手もきっと、警戒してくれる。

一度チラッとサーブの前に相手コートを観ますよね。

そのときの印象、相手にどう思われたいか考えたことはありますか?

試合に勝てる選手は、リターンの名手が多い。

このことを考えると、きっとアナタのリターンゲームの未来は開けていきます。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    試合で相手のサーブの調子が良い時には、先読みして鼻をへし折ろう

    相手のサーブの調子が良い。そんなとき、試合でどうやって対応する…

  2. リターン

    サーブのプレッシャーが無い、レベルは3回戦まで

    みなさんも、トーナメントを勝ち進んでいくと感じるはず。3回戦く…

  3. テニス ダブルス
  4. テニス ダブルス

    リターン

    「ミックスダブルスの試合で効果的!」リターンからのドロップショットで女性サーブを崩していく方法

    学生の方は試合する機会が少ないかも知れませんが、社会人になると増えるの…

  5. リターン

    リターンはボレー、で意識改革を

    試合に出続けていると、本当に色んなサーブを受けることになる。本…

  6. テニス リターン

    リターン

    「リターンをいつもふかしてしまう人」は、横向き抑えが足りず打球フラットになっている可能性大

    試合において、リターンは重要。これが入らないと、ラリーに持ち込…

特集記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、リターンから「相手バックハンド側へのアプローチ」は絶対必要な…
  2. サーブ

    正射必中、サーブも同じ
  3. テニス ダブルス

    戦術

    試合に振り回されるのか、自ら試合を主導するのか
  4. テニス ストローク

    メンタル

    テニスを続けていて、身体と技術の成長は見えるけど「心の成長は見えない」から、難し…
  5. 戦術

    打った方向に自分自身で、プレッシャーをかける方法
PAGE TOP