テニス リターン

リターン

テニスの試合でのリターン位置は、「ファーストとセカンドではっきり変える」のが大前提の基本

今回は、「当たり前じゃないか・・・」と言われるような、基本的なことについて。

テニスでは、リターンのときにはどんなポジションにいても良い。

このルールについて、意外と無頓着で自分に活かせていないような人が多い。

特に初心者や中級者の方は、まじめに考え過ぎて自分の立ちポジションを、堅く考えてしまいがち。

当然ですが、相手のサーブ、ファーストサーブとセカンドサーブに対しては、立ち位置を変えることが、テニスの試合では大原則です。

 

テニスの試合でのリターン位置は、「ファーストとセカンドではっきり変える」のが大前提の基本

 


 

■セカンドサーブは、チャンスボールという意識で!

試合に出始めて間も無い方、中級レベルの試合であれば、これが大原則です。

やはり相手も、セカンドサーブは入れにくる。

入れにくるから、それはチャンスなはず・・・なんですが、後ろで待っていては打点も落ちてしまい、結果的に攻撃できない。

相手のセカンドサーブのときには、最低2メートルが前にポジションを移しましょう。

それが試合巧者への、第一歩です。

 

■相手はサーブを入れて、「安心している」から隙を突ける

アナタ自身、セカンドサーブを打ったときには、関心は「入るかどうか・・・」になっていませんか?

だからこそ、セカンドサーブは攻撃してくのにもってこいなのです。

相手は安心している可能性が高いので、簡単な攻撃でも崩れてくれるかも知れない。

その為には、まずはリターンのポジションを前にしましょう。

安心して下さい、セカンドサーブですからそんなに強烈なサーブは来ないでしょう。

 

■リターンのポジションを前にすることが、自分を「守る」ことにもなる

ポジションを前にすることは、「攻撃力」を高める為?

そう考えていては、自分自身にプレッシャーをかけてしまうだけ。

前にいることで、浅いボールもケア出来るし、フットワークも最小限で済む。

こういった感覚を養いましょう。

テニスでは、ノーバウンドでもワンバウンドでも処理が可能。

ぜひ、柔らかいテニスでポジションを前に出来るように、アナタ自身工夫してみて下さい。

 

とにかく難しいことは考えずに、相手のセカンドサーブを前で捕えましょう。

相手もきっと、警戒してくれる。

一度チラッとサーブの前に相手コートを観ますよね。

そのときの印象、相手にどう思われたいか考えたことはありますか?

試合に勝てる選手は、リターンの名手が多い。

このことを考えると、きっとアナタのリターンゲームの未来は開けていきます。

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    サーブの軌道とリターンの軌道、基本は同じ

    リターンでいつも、ポーチに出られてしまう・・・とお悩みの方。リ…

  2. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で「リターンから強気に攻撃する」ために必要な練習方法5つ

    リターンが得意、苦手、というのは差が激しい。特に一般や学生の皆…

  3. テニス ダブルス

    リターン

    シングルスの試合でのリターンは、ワイドからの切り返しが効きやすい

    シングルスの試合の必殺技。今回は、私が使っているある「リターン…

  4. リターン

    セカンドサーブは、ただ叩いていくだけだとミスの元だし勿体ない

    相手のセカンドサーブ、ここでリターンから攻撃していきたい!でも…

  5. リターン

    リターンの時のグリップチェンジは有り?無し?

    リターンが安定しない方は、もしかして・・・。グリップ、グリップ…

  6. テニス メンタル

    リターン

    ノーアド形式でゲームを取れないのは、運が悪い?

    「いやー、運が無かった。ノーアド全部、取られちゃったよー」と、…

特集記事

  1. テニス ボレー

    シングルス

    今すぐ、シングルスで強くなる秘策とは?
  2. テニス ボレー

    ボレー

    試合で使えるのは、山なりなボレーという事実
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「片手バックハンドストロークでトップスピンがかからない・・・」人は、グリップチェ…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「ファーストサーブはスーパーセカンドサーブ」テニスの試合、サービスゲームで意識し…
  5. テニス 前衛

    スマッシュ

    ロブを多用してくる相手には、どこかで先読みして下がらないと相手のペースになる
PAGE TOP