テニス テニススクール

戦術

大一番での緊張した試合では、「流れる時間のスピードが違う」ことを覚えておこう

待ちに待った大一番、応援してくれる人もいて、自分の力を発揮したい場面。

相手も格上だけど、チャンスはありそう、みたいな試合、アナタは経験したことがありますか?

テニスの試合、大一番の試合になればなるほど、試合の体感スピードは変わってくること、覚悟しておきましょう。

そう、アナタが意識しないと試合はどんどん、早く進んでしまうのです。

 

大一番での緊張した試合では、「流れる時間のスピードが違う」ことを覚えておこう

 


 

■試合慣れしている相手、はテンポよく進めようとする

アナタが大一番で、自分より強い相手に立ち向かっていくとき。

相手はどんな心理状態でしょうか?

きっと、「早く試合を終わらせたい・・・」と思っているでしょう。

場慣れもしているし、どんどん試合を進めていける。

なるべくポイント間もチェンジコートも、時間を使わないでポンポン試合を進めていきたい、そう考えるはず。

そしてアナタが何も考えないでいると、相手の思うツボになってしまうのです。

 

■テニスは自分で試合スピードをコントロール出来る競技

落ち着いて、試合のテンポを遅らせることが大事。

テニスはポイント間の時間は、ある程度自分でコントロール出来る。

10秒間、しっかりポイント間で時間を使ってみて下さい。

きっと試合を速く進めたい相手は、イライラしてペースを乱してくれるでしょう。

そう、アナタ自身が「勝ってやるんだ!」という、強い意志を伝える手段にもなるのです。

 

■気付いたときにはもう遅い・・・とならないように!

サクサク試合を進めて勝てるのは、アナタが実力的にかなり上回っているときだけ。

大抵、拮抗した試合や番狂わせの試合は、長くなることを覚悟しましょう。

長くなる、というより長い試合に持ち込むのが大事。

長い試合になれば、観客もアナタがコントロールして味方につけることが出来るかも知れない。

何も考えないでのほほんと試合に入っていくと、気が付いたら0-4でどうしよう・・・なんてことに、なりますよ。

 

テニスに限らず、インターハイや全日本選手権、甲子園のような大会では、本当に試合が進むのが速い。

そう、限られた時間での大会運営、という観点でもそうですね。

審判が付いている試合では、試合を速く進めようとする人の圧力もあるでしょう。

ですがそれに、負けてはいけません。

ルールの範囲内であれば、時間を使うことは許されている。

じっくり試合を進める技、身に付けておきましょう。

ピックアップ記事

  1. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  4. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    戦術

    「ここは動かないだろう」という場面で勝負に出ないと、試合では勝てない

    「まさか、ここで動いて来るとは・・・」という場面、経験ありますか?…

  2. テニス 武器

    戦術

    勝ち続けたければ、アンチを取り込もう

    試合に勝つ、強くなるということ。それは、すごく言い方は悪いです…

  3. 戦術

    プレッシャーになっていない、ただの自己満じゃない?

    先週末の試合で、私自身が感じたこと。「これ、自己満だな…」と…

  4. テニス 準備

    戦術

    浅いボール、ストロークで振り切れてますか?

    試合でしっかり、自分からポイントを取れる選手。は、やっぱりこの…

  5. テニス 上達

    戦術

    練習でやってきたことが出せる、のがテニスにおける成長

    「練習通りに、なんで出来ないんだろう」と、悩む方は多いですよね…

  6. テニス トレーニング

    戦術

    テニスで狙いを絞って、チーム内で1番になろう

    上手くなりたいのに、具体的に目標が見えて来ない方に。どんなチー…

特集記事

  1. テニス 環境

    フットワーク

    テニスというスポーツでは、「フライングスタート」は反則ではありません
  2. テニス メンタル

    メンタル

    勝つ為、ではなく自分を磨く為
  3. テニス

    ダブルス

    攻撃力の高い前衛は、「1球で決まらなくても、相手を逃がさない」そのしつこさがある…
  4. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「スマッシュできるボールも、ハイボレーで処理」テニスの試合でやってませんか?
  5. テニス 雨

    練習メニュー

    「あと1本」を絞り出せる選手が、テニスコートでは勝者になっていく
PAGE TOP