テニス 武器

戦術

自分自身を知れば、本格派テニス選手以外の道も見えてくる

強烈なフォアハンド、触れないサーブ、華麗なネットプレー。

誰だって、試合でそんなプレーをしたい、と思って練習する。

でも、改めて私自身歳を重ねて思うのは、「本格派って、難しい」ということ。

自分の可能性を信じることは大事ですが、それ以上に、自分自身を知る、ということが大事なのがテニスです。

 

自分自身を知れば、本格派テニス選手以外の道も見えてくる

 

1.本格派のプレーに、継続的で良質なトレーニングは欠かせない

まず、オルラウンドで弱点が無いテニス、にはトレーニングが欠かせません。

私の感覚では、毎日2時間はウェイト、持久系、それから栄養摂取にサプリメントも必要でしょう。

もちろん、個人差はあるでしょうが、しっかりした身体があって初めて、ダイナミックで身体を大きく使える、本格派なテニスは実現出来る。

学生の皆さんは、ぜひそれくらいの意識で挑んで欲しい。

でも、練習出来る環境や自分自身の状況、を客観的に見つめてみて、どうでしょう。

私は選択と集中、が必要だと思っています。

 

2.大事なのは、「自分と同レベルの相手に負けない」テニスを創ること

皆さんも大会に出ていると、気付くと思います。

最近の自分は、自分と同レベルの相手に勝てているのか、負けているのか。

1試合の中でレベルを判断するのは難しいですが、「最近、勝負弱くなったな・・・」と感じている人は、どこかでまだ自分が本格派を求めているのかも知れません。

でも、なかなかそれに見合うトレーニングは出来ていない。

そういう迷いって、試合の中で一番障害になってしまうと私は思うんですよね。

「自分と同レベルのテニスに負けない」テニスは、まず自分自身を知ることから。

そこから新しい道、が生まれるはずです。

 

3.100点の技術よりも、70点の技術をたくさん揃えておこう

私がこのサイトで一貫してお伝えしているのは、これです。

技を1つ極める、よりもたくさん準備する。

相手が食材だとすれば、たくさんの調理器具と調味料、で料理出来る準備をする。

冷蔵庫の中にあるもの、を自分で整理しておく。

その中の大きな一つ、がネットプレーです。

学生の皆さんも、ついストローク中心の練習になりがち、じゃないですか。

T-PRESSでは、試合で抜かれても抜かれても、断然ネットプレー推奨派の立場で記事を書いています。

なぜなら、それは相手を料理する最高の調味料になるから。

自分はどんなネットプレーが出来るのか、やりたいのか。

ネットプレー以外で、調理器具や調味料は何が準備出来るだろう。

そして、自分はどんな料理が作りたいんだろう。

考えてみる良いきっかけ、になると嬉しいです。

 

本格派なテニスは、大事な基本の要素を教えてくれる。

でも、私たちには私たちなりのテニスがあるし、それは時にテニススクールやテニス雑誌、からは逸脱したものかも知れません。

それで良い、と私は思っています。

皆さんの味のある個性的なテニスで、本格派の選手、ジュニアからテニス歴が長い選手を泥試合でも倒していく・・・。

私はそんな未来を、本気で皆さんと観たいと思っています。

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス コントロール

    戦術

    テニスの試合に強くなりたいなら、「チャンスボールからのバリエーション」を意識しよう

    ナイスなコースにショットが決まって、「良し!」となる。でも、本…

  2. テニス メンタル

    戦術

    自分は「何を軸に勝負していくのか?」を考えてみよう

    学生の皆さんはもうすぐ新学期。新しい環境でテニスを頑張る人、学…

  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスの調子が悪いときにも、「一切変わらないもの」を試合では作っておこう

    試合は毎回、対戦相手も調子も変わる。でも、試合をするアナタ自身…

  4. テニス ボール

    戦術

    試合はニューボール、だから気を付けたい5つのこと

    みなさんの練習は、ある程度使い込んだ練習球。でも試合では、ほと…

  5. 戦術

    「あれを、盗もう」と、本気になれるかどうか

    最近、どうも上達が感じられない…。そう感じている方も、多いと…

  6. テニス ストローク

    戦術

    「この相手、何を考えているか分からない・・・」は、テニスでは褒め言葉になる

    アナタが試合をしていて、一番やり辛い相手ってどんな相手ですか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. ダブルス

    サービスゲームをキープに導く、前衛の基本ステップ
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ネット近くまで詰めることが出来たら、ラケットの位置をアゴ下まで上げて高く構えよう…
  3. テニス ストローク

    ロブ

    走らされた後のロブ、の深さが大事
  4. 練習メニュー

    上達できるテニス選手は、「問題の本質を見極める力」があるから自立している
  5. テニス ボレー

    ボレー

    V字型の動きが出来れば、ネットプレーは劇的に上手くなる
PAGE TOP