戦術

ダブルスの試合で有効な、「2球連続前衛攻撃」とは?

目次

ダブルスの試合で、前衛を攻撃していく。

これは、みなさんも出来るようになったはず。

でも、その攻撃って1回で終わってはいませんか?

何となく返球されたら、こちらも熱が冷めてしまう。

強い前衛って、そのあたりの反応はお見通しなんですよね。

 

ダブルスの試合で有効な、「2球連続前衛攻撃」とは?

 


 

1.前衛にアタック!で、その後は・・・?

みなさん、ダブルスの試合中でどうでしょうか?

前衛をアタックして、そこでボレーで返される。

その後のプランは、しっかりありますか?

これが無いと、ただ後衛につなぐような感じになって、攻撃から一転守りになってしまう。

これでは、もったいないですよね。

せっかく前衛を攻撃したのに、対応されて諦める。

こうなる前に、考えておくことが大事です。

 

2.私なら、2球連続で突いていく

これが結構、インパクトのある攻撃になります。

まさか相手も、2回連続で来るとは思っていない。

圧倒的に、「自分が狙われた」と思いますからね。

前衛にいる自分が狙われている、ということは、かなりショックなはず。

ボレー対ストロークですが、ストローク側のアナタ自身が強気に出て良いと思いますよ。

しっかり、2回連続で攻撃する。

そのつもりで、1球目から打つことが私は大事だと思います。

 

3.2球目に動いて来る前衛、が多い!

特に、ミックスダブルスでの男性でしょうか。

男性が前衛にいるときに、一度ボレーで触って…その後も、どんどんポーチで動いて来る。

こういうケース、試合で多いと思いませんか?

相手の前衛も、「次は一旦、つないでくるな」と読んでいるから、思い切ってポーチに動けるんです。

2球目に動いて来る相手にも、2回連続で前衛を攻撃することで自然なパッシングショットになりますからね。

それをけん制する意味でも、ぜひ試合の序盤に2球連続で前衛を攻撃すること、大事です。

 

4.「前衛を恐れていない」という、最大のメッセージ

ダブルスの試合では、これを相手に送りますよう。

送り続けること、が大事なんです。

「私たちは、前衛を全然怖がってないよ!」というメッセージを、ショットで示していく。

2回連続で前衛を攻撃するなんて、かなり勇気が要る作戦ですからね。

相手に見せつける、のが目的ですので、失敗しても良いんです。

こういうポイントの印象は、試合の後半までずっと、残っていますから。

 

2球連続で前衛攻撃、空気読めていない感じ、になると思います。

それこそ、まさに褒め言葉。

ダブルスの試合、空気を壊す、流れを変えるような配球は絶対に必要。

ぜひ、騙されたと思って実践してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. Note はじめました
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. 戦術

    打たれたくないコース、に打たせない為には?

    テニスの試合の中で、自分の弱点を攻撃されること。これほど、辛…

  2. 戦術

    執拗さで、対戦相手は感情的になる

    テニスの試合で、みなさんは相手の感情、感じることが出来てますか?…

  3. テニス ストローク

    戦術

    ドロップショット多用で泥試合、に持ち込んだペール選手に学ぶもの

    昨日の錦織選手の試合、凄い試合でしたね。予想された感じの苦戦の…

  4. 戦術

    試合は総合点、取れるところで取ったもん勝ち

    テニスの試合、勝った負けたは…どこで決まりますか?当然、マッ…

  5. 戦術

    試合で使える戦術は、「攻撃は守備的に、守備は攻撃的に」がキーワード

    テニスは攻守がめまぐるしく変わるスポーツ。ネットを挟んでの打ち…

  6. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「風上からのテニス」の方が難しい場合が多い

    テニスの試合、風は厄介な存在・・・ですよね。でも、風上ならOK…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. スマッシュ

    スマッシュの基本、「ラケットを持つ腕の肘を高く」保てば、ネットミスは激減します!…
  2. テニス ボレー

    ロブ

    ロブは相手を後ろに下げるショット、そこからどうする?
  3. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で恥ずかしくない、「ネットプレーを入れて勝ち切る」実践アイデア5…
  4. シングルス

    深いコース、の後に同じコースに浅く!
  5. テニス ストローク

    フットワーク

    「遅れてないか?軸足の使い分け判断」テニスの試合、フットワークは判断のスピードが…
PAGE TOP