テニス ストローク

その他

セルフジャッジの試合で、「微妙な判定を自分に有利にジャッジする」度に、アナタは何かを失い続ける

セルフジャッジについて、改めて私が感じること。

それは、レベルや年齢に限らず、「危機的な状況」だと思う。

自分に有利にジャッジをするのがもはや当たり前で、真面目に真摯に行っている人が、バカを見る。

この問題について、そろそろ全体で取り組む時期に来ているんだと思います。

 

セルフジャッジの試合で、「微妙な判定を自分に有利にジャッジする」度に、アナタは何かを失い続ける

 


 

■微妙な判定は、相手に有利にするのがマナー?

これはルール、では無くマナー、の部類なんでしょうか。

違います。

セルフジャッジでは、一瞬でも迷ったり自信が無ければそれは相手に優位にジャッジする。

微妙なジャッジを自分に有利に変えて、勝てる試合があるとしても、です。

そして試合に勝ったとしても、その選手は何かを失っていくのです。

 

■セルフジャッジはコート外でこそ、恐ろしい

プロ選手の試合でも、ほとんどの試合がセルフジャッジ。

審判やラインジャッジが付く試合は、そう多くありません。

選手同士、プロにもなれば自分が打ったショットが入っているかどうかは、自分が一番分かる。

ジャッジが汚い選手は、すぐに分かるし評判が広まる。

そんな選手がその後どうなるか、想像付きますか?

 

■汚いジャッジの癖は、なかなか抜けないから辛い

まず、練習に呼んでもらえなくなる。

そして審判団からもマークされるので、ロービングアンパイアが近くにいる中でのセルフジャッジの試合、が増えていきます。

ダブルスのペアも、見つけるのが難しくなる。

そんなこんなで心を改めようと思っても、つい癖でジャッジを自分に有利にしてしまう・・・癖はなかなか抜けないのです。

ましてや、その1ポイントで試合に勝った経験があれば邪魔をする。

でも、遅くはないです。

アナタ自身がもし、少しでも心当たりがあるならすぐに、行動に移して欲しい。

ジャッジを操作して勝てる試合なんて限られているし、失うものしかない、ということに気付いて。

 

ジュニア時代からの教育、部活、それから社会人になってテニスを始めた人への正しい教育。

これがテニス界を変えていけると、私は信じています。

セルフジャッジというルールは、悪用もされますがきちんと運営されればお互いを信用して信頼し合う、素晴らしい仕組み。

口うるさく感じる方もいると思いますが、今後も何度かこのテーマは何度か書かせて頂きたいと思います。

私自身、自戒も込めて。

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. その他

    「上級生について行けば良い」という考えは止めよう

    アナタ自身がもし一年生なら、練習メニューは上級生が決める?その…

  2. テニス 部活

    その他

    テニスの試合で「自分自身の失敗を活かす」為に必要な、意識改革とは?

    スポーツの試合には、失敗は付き物。例えば野球のバッターであれば…

  3. その他

    得られたモノに、目を向ける

    気が付けば、もう5月も終わりですね。全国的にも、少しずつテニ…

  4. テニス メンタル
  5. テニス 戦術
  6. テニス メンタル

    その他

    「プロになる方法」テニスの世界で真剣に考えている高校生へ

    今週は大阪で仕事があった。高校の授業の中で講義をするのだ。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「勝った方が強い。負けた方は弱い。でも次は負けるな!」テニスの試合は続いていく
  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合は、「モグラ叩きゲーム」と一緒
  3. サーブ

    試合でサービスエースを狙うなら、まずはこのコースが基本
  4. ダブルス

    後ろをカバーしてもらえるのは、ド詰め出来た前衛だけ
  5. 戦術

    みんなテニスのおけるコントロールの精度を、甘く見過ぎ
PAGE TOP