テニス ストローク

その他

セルフジャッジの試合で、「微妙な判定を自分に有利にジャッジする」度に、アナタは何かを失い続ける

セルフジャッジについて、改めて私が感じること。

それは、レベルや年齢に限らず、「危機的な状況」だと思う。

自分に有利にジャッジをするのがもはや当たり前で、真面目に真摯に行っている人が、バカを見る。

この問題について、そろそろ全体で取り組む時期に来ているんだと思います。

 

セルフジャッジの試合で、「微妙な判定を自分に有利にジャッジする」度に、アナタは何かを失い続ける

 


 

■微妙な判定は、相手に有利にするのがマナー?

これはルール、では無くマナー、の部類なんでしょうか。

違います。

セルフジャッジでは、一瞬でも迷ったり自信が無ければそれは相手に優位にジャッジする。

微妙なジャッジを自分に有利に変えて、勝てる試合があるとしても、です。

そして試合に勝ったとしても、その選手は何かを失っていくのです。

 

■セルフジャッジはコート外でこそ、恐ろしい

プロ選手の試合でも、ほとんどの試合がセルフジャッジ。

審判やラインジャッジが付く試合は、そう多くありません。

選手同士、プロにもなれば自分が打ったショットが入っているかどうかは、自分が一番分かる。

ジャッジが汚い選手は、すぐに分かるし評判が広まる。

そんな選手がその後どうなるか、想像付きますか?

 

■汚いジャッジの癖は、なかなか抜けないから辛い

まず、練習に呼んでもらえなくなる。

そして審判団からもマークされるので、ロービングアンパイアが近くにいる中でのセルフジャッジの試合、が増えていきます。

ダブルスのペアも、見つけるのが難しくなる。

そんなこんなで心を改めようと思っても、つい癖でジャッジを自分に有利にしてしまう・・・癖はなかなか抜けないのです。

ましてや、その1ポイントで試合に勝った経験があれば邪魔をする。

でも、遅くはないです。

アナタ自身がもし、少しでも心当たりがあるならすぐに、行動に移して欲しい。

ジャッジを操作して勝てる試合なんて限られているし、失うものしかない、ということに気付いて。

 

ジュニア時代からの教育、部活、それから社会人になってテニスを始めた人への正しい教育。

これがテニス界を変えていけると、私は信じています。

セルフジャッジというルールは、悪用もされますがきちんと運営されればお互いを信用して信頼し合う、素晴らしい仕組み。

口うるさく感じる方もいると思いますが、今後も何度かこのテーマは何度か書かせて頂きたいと思います。

私自身、自戒も込めて。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  5. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…

関連記事

  1. テニス 名著

    その他

    テニス部内の練習試合にて「必ず記録して、お互いにコメントを残す」ことで、テニスノートは活かされる

    テニスノートは、アナタ自身で継続して書くことが大切ですが、それだけでは…

  2. テニス トレーニング

    その他

    混んでいる電車の中で、「スマートにラケットバッグを運ぶ」方法を考えてみる

    通勤通学、テニスを頑張る皆さんはラケットバックを持って移動する機会が多…

  3. その他

    数試合だけ良いプレーをして、満足してしてない?

    これは、昔の私自身です。今回は、その戒めも込めて、しっかり書…

  4. テニス 部活

    その他

    試合に勝てるテニス選手になりたければ、「数を打てれば満足」な練習から脱皮しないとダメ

    「いやー今日はたくさん打てたから、良かった良かった」「今日のス…

  5. テニス 観察

    その他

    「ダブルス、ごめんね。」プロテニス選手の大会参加事情

    基本的にシングルをメインに、プロテニス選手は活動している。最初…

  6. テニス メンタル

    その他

    「プロになる方法」テニスの世界で真剣に考えている高校生へ

    今週は大阪で仕事があった。高校の授業の中で講義をするのだ。…

特集記事

  1. 食事

    シングルス

    シングルスで結果を出してこそ、アナタは本物の自信を入れ得るとこが出来る
  2. テニス 予測

    練習メニュー

    チームでの練習メニューは工夫次第、例えば「みんなストロークでネットミスが多い・・…
  3. ボレー

    ポーチに出られない、並行陣のファーストボレーのコツ
  4. テニス サーブ

    サーブ

    自分のサーブの調子が悪い時に、キープに結びつける方法について
  5. テニス フットワーク

    ストローク

    サイドスライスで相手を走らせれば、楽にポイントを取れる
PAGE TOP