テニス メンタル

フットワーク

「テニスに必要な体力は何か?」と考えると、効率的なトレーニングが見えてくる

トレーニングは大事だけど、なかなか取り組むことが出来なくて・・・と、悩んでいる方。

色々と本やサイトで情報は出ていますが、今一度、テニスに求められる「体力」について、客観的に考えてみませんか?

何度もお伝えしている通り、自分で考えること、がまず大事です。

ただキツイ、ハードなトレーニングをしていれば強くなるかと言うと、スポーツは必ずしもそうじゃないです。

 

「テニスに必要な体力は何か?」と考えると、効率的なトレーニングが見えてくる

 


 

■自分が納得したトレーニングなら、乗り越えられる

そもそも、私も体力トレーニングは嫌いでした。

何でマラソン選手みたいに走ったり、筋トレしたりしないといけないのか・・・テニスならもっと、頭脳的にプレー出来るんだから工夫次第じゃないか、と思ってました。

でも今考えれば、この背景にはもっと根深い問題があった。

それは、トレーニングを「やらされていた」んですよね。

人から指示されて、与えられたトレーニングって、きつく感じませんか?

本当にトレーニングは、意識次第です。

 

■自分で考えたトレーニングなら、自信にもなる!

トレーニングには根拠が必要。

例えばアナタなりに、テニスの試合の中での「体力」についてイメージしてみて下さい。

ポイント間はだいたい20秒くらい、その後のラリーも20秒くらいでしょうか。

ダブルスの試合ならもっと、短くて急激なダッシュ、が求められますよね。

テニスの試合は、やって休んでの繰り返し。

それも急激なダッシュと停止を繰り返す、ことを考えると、一定のペースでずーっと走っているよりも変化を付けたい。

アナタなりに、ランニングから工夫しても良いと思います。

70%の力でダッシュ、その後90%の力でダッシュ、の後には軽いジョギングにする、というのをポイントごとに繰り返していくイメージで走ってみる。

試合をイメージ出来るので、走りながらも楽しさもあります。

普通のランニングよりも、自分で工夫した方が絶対に続くし自信になる。

試合の中でトレーニングを思い出せれば、それはメンタル面の強さにもなるのです。

 

■「頭がハッキリしているか?」を常に考えながらトレーニング

テニスでは、以前にも書きましたが疲労度がそのまま思考力の低下につながる。

トレーニングしながらも、しっかり頭がスッキリしているかは確認しましょう。

2桁の足し算を暗算出来るか?

冷静に周りを観る力、疲れても自分の中に残っているだろうか?

こういった問いかけを、常に自分の中で行って、頭の疲労度も確認しておきましょう。

「あ、これくらい疲れてくると、思考も鈍るんだな・・・」という感覚を持てておくと、試合でも慌てないで済みます。

 

体力トレーニングは重要、だからこそ、自分で考えましょう。

大号令で走るのでなく、静かに自分で考えて行動に移していく。

1日5分でも良いので、トレーニングについて考えて実践していくことをお勧めします。

テニスノートに、記録することも。

その積み重ねが、アナタの強さとオリジナリティーになるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    回り込みフォアハンドに必要な、クロスオーバーステップを使っていこう!

    ストロークでの、フォアハンドの回り込み。試合で強い選手は、この…

  2. テニス リターン

    フットワーク

    追い付いているつもりが、全然追い付いていない

    ストロークのレベル、皆さんは対戦相手のどこを観て判断していますか?…

  3. テニス メンタル

    フットワーク

    サーブを打つ前の静寂、「キュ、キュ、キュ、キュ!」

    ハードコートの試合で、レベルが高い試合になると・・・。この音が…

  4. テニス ポジショニング

    フットワーク

    試合の中でチャンスかどうかは、「自分が立っているポジション」で違ってくる

    自分のポジションを、しっかり把握しておくこと。アナタが思ってい…

  5. テニス ストローク

    フットワーク

    前に走ってボールを処理するときは、その後のポジションを考えよう

    浅いボールを処理して、さぁ次!と思ったら・・・簡単に抜かれてし…

  6. テニス メンタル

    フットワーク

    スプリットステップをつま先で終えれば、前への推進力を活かして攻撃出来る

    素早く動いて、前に詰める。この動きが速い選手が、それだけですご…

特集記事

  1. テニス 錦織圭

    ストローク

    両手バックハンドストローク、伸びを作るには?
  2. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスの基本、「自分が打ったボールがコードボールになったら、迷わず前!」に全力で…
  3. テニス コントロール

    戦術

    テニスの試合に強くなりたいなら、「チャンスボールからのバリエーション」を意識しよ…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    攻撃力の高いサーブを打ちたければ、コート内に着地しよう
  5. テニス 観察

    サーブ

    テニス試合の中でよく聞く言葉、「ダブルフォルトを活かしていこう!」って、口だけに…
PAGE TOP