テニス 陸上

フットワーク

「テニスコートは微妙な広さ」テニスの試合では、ひたすら走り続けても勝てません

テニスコートって広いのかなぁ。

シングルスで一人の時は広く感じる?

じゃあダブルスは狭いって思う?

 

「テニスコートは微妙な広さ」テニスの試合では、ひたすら走り続けても勝てません

 


 

テニスコートって微妙な広さだと俺は思う。

広いと言えば広いし、狭いって言うか、

「守りやすい広さ」と言えばそうなのかなって。

じゃあどういう時に広いなぁって感じるか・・・。

コートを端から端まで有効に使って配球してくる相手の時って、すごい走らされてしまうからそう感じない?

例えそれがダブルスだったとしても、相手からペアと一緒に走らされると、ゼーゼーハーハーなるくらい疲れる。

コートに二人もいるのに「守る場所広過ぎる!!」って思っちゃうよ。

逆にコートを有効に使えないような相手だと、その人が多少ショットのスピードがあっても楽チンで守れてしまう。

守る範囲が狭いと、コートは狭く感じられるのだ

そんな微妙な広さで行うテニスというスポーツだから、しっかり相手コートの隅々まで配球が出来るように普段から練習しておかないといけないんだけど、それと同時に自分より強い相手と対戦する時には、空いている自分のコートのどのスペースに打たれても、そのボールに追い付いて返球し続けられるかが重要となる。

そのためには、トレーニングで足を速くするってことも必要だけど、テニスコートはそんなに死ぬほど広い訳じゃないから、大事なことは最初の一歩をどれだけ素早く出せるか・・・なんだよ。

100メートルを10秒以内で走れる人がいても、最初の一歩が出遅れたらテニスはもう間に合わない。

とにかくボールの方向へ、最初の一歩を早く出でるよう専念しよう。

その為には、予測と準備が必要

予測とは・・・まず相手が打つ直前に、まずは自分達のコートを見渡して、空いているスペースを確認すること。

その空いているスペースは、当然一つでは無いので、きっちり全部チェックするのを忘れずに。

でも当然全てをチェックしても守り切れるわけじゃないから、そこで瞬時に過去のデータを思い出し、その選手がその幾つかあるスペースの中でどこを選んで打つことが多いか、順番を決めたいね。

そうやって予想範囲をしっかりさせておくと、予想範囲内のショットが来た時にサッと足がその方向へスムーズに動くんだよ。

その一歩が速ければ、多少足が遅い人でも相手のナイスショットをしのいだり出来るもんだよ。

そこまで予測をしておいたら、あとはボールがバウンドした方向へ走る準備をしないといけない。

一応どの方向にでも走れるようにする為、そしてショットに追い付いた時の為にも、相手がボールを打つ直前に、スプリットステップで右足、左足、どちらも均等に体重を乗せ直してあげると同時にスタンスを広く取って膝を曲げ、腰を落とすことで、その後判断した方向へのダッシュをスムーズにしてあげること。

 



 

だって短距離走もスタートの時、膝を曲げて腰の位置を落とすでしょ?

せっかく良い反応が出来たのに、スタートが遅いのも悲しい。

相手がショットを打つ可能性の高いコースの予測と、その方向へのスムーズなスタートダッシュの準備、これが出来なきゃ、「コートって広いなぁ~」って感じながら、プレーしなきゃいけなくなるよ。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西メッセージともからの

ピックアップ記事

  1. + POWER CUP について
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス メンタル

    フットワーク

    「テニスに必要な体力は何か?」と考えると、効率的なトレーニングが見えてくる

    トレーニングは大事だけど、なかなか取り組むことが出来なくて・・・と、悩…

  2. フットワーク

    身体の向きだけで、相手を翻弄出来るのが強いテニス選手

    ボールも打たずに、相手にプレッシャーをかけて得点する。これが出…

  3. フットワーク

    サーブを打った後、0.5秒の動作でテニスは変わる

    サービスゲームで、なぜかキープ率が上がらない。良いサーブは入…

  4. テニス 攻撃

    フットワーク

    ライジングショットで攻撃してくる相手には、「速いタイミングのスプリットステップ」で対抗しよう!

    ダブルスのリターンで特に多いのが、ライジングショットでタイミング速く攻…

  5. フットワーク

    テニスの試合では、「ギリギリのボールをがむしゃらに処理しない」だけで得をすることが多い

    試合に勝てない選手には、共通点がある。攻撃され窮地に立たされる…

  6. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスの試合では、遅いボールほど細かいステップで合わせていこう

    フットワークの基本、だけど見落とされがちな基本。不思議と・・・…

特集記事

  1. テニス 雪

    ダブルス

    良い夫婦の日に考えたい、夫婦で挑むミックスダブルスについて
  2. バボラ ピュアドライブ

    ストローク

    「現代ラケットなら現代テニスを」理解しておかないと勿体無い現代テニスの基本的な考…
  3. テニス ストローク

    リターン

    遅いサーブにリターンで身体が泳いでしまう人は、「自分の間で引き付ける」意識を強く…
  4. テニス 練習

    シングルス

    「格下相手に確実に勝つ」テニスのシングルスの試合で必要な配球の心得4つ
  5. 戦術

    コートのどこからでも、ボールをコントロール出来る?
PAGE TOP