テニス ストローク

フットワーク

テニスの試合のプレーのほとんどは、「反応」でしかないという事実

テニスの試合、フットワークが鋭い人って・・・反応が鋭い?

いや、もはや相手が打ってからの反応、だけじゃないのはみなさんもお気付きでしょう。

彼ら、彼女らは、何を考えて準備しているのか。

そこには、人それぞれの理論や考え方、経験に基づく予測があるでしょう。

でも、大前提の考え方として、これは大事。

ぜひ、みなさんも「反応」を卒業していって下さい。

 

テニスの試合のプレーのほとんどは、「反応」でしかないという事実

 

1.上手い人はなぜ、ミスしないのだろう?

練習をしていても、スクールでレッスンを受けていても、上手い人は反応が良い。

これって、何ででしょうね。

私自身、よく考えてみると・・・やっぱり、上手い人はある程度「手堅い予測」をしているんですよ。

相手が打つ瞬間に、「恐らくこうだろうな」という部分を持っている。

反応しているようで、その反応が速いのは、予測が正確だから。

これって、経験が無いと・・・難しい?

いや、確かにそれはそうですが、みなさんでも大丈夫。

テニス歴の浅い人でも、必ず考え方次第で、反応速度は上がります。

 

2.魔法のショット、なんてものは無い

当然、人はラケットを使ってボールを打つ。

そのラケット面以外、の場所からは飛んで来ない訳です、テニスでは。

だからこそ、まず反応速度を上げたいなら、相手のラケット面を見る。

テイクバック時に、スライスかスピンか、は的確に判断出来るように注視する。

そして、低い打点からは上に、高い打点からは直線的に飛んで来るであろうボールを予測する。

整理してみると、自分が受けるボールってそんなに多くの種類は無いはずです。

練習から、そうじゃないですか?

漠然と待っているから、いつまで経っても打った後の「反応」になってしまうんです。

 

3.反応から予測、適格な攻撃へ

反応から予測へのステップアップ。

これは、サーブのコースのような相手の速いショット、だけじゃない。

ラリーの中から、自分のところにどういうボールが飛んで来るのか、をしっかりイメージしてみる。

周りの人によって、ボールの軌道も球種、癖も微妙に違いますよね。

まずは身近な人、から整理してみましょう。

そして、次に試合での対戦相手、を数ゲームで整理出来るようになると・・・これはもう、強いですよ。

これはきっと、意識次第で出来るようになるはず。

毎日の練習で、しっかり鍛えようという意志があるかどうかです。

 

4.「反応」だけで守れる範囲は、非常に狭い

ボールゲームの基本、ですね。

サッカーでも野球でも、何でもそうだと思います。

ボールより速く動ける選手は、どこにもいない。

でも、予測や判断が速い選手はいる。

ポジショニングが上手い選手もいる。

反応っていう受け身、をどこかで断ち切って自分から主体的な動きに変えていく。

難しいようですが、やってみると必ずコツが掴めてくるはずです。

 

反応が良い選手は、よく分かっている。

自分の記憶力を引き出すこと、そして相手の球種には癖があるということを。

反応しか出来ない人って、きっと日常生活からどこか受け身な態度なはず。

これは、テニス選手にとって致命的ですよ。

しっかり自分から主体的に、相手のボールに先回り出来る「反応」に変えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. テニス サーブ

    フットワーク

    打つコースを2つ用意しながら、ボールを追いかけるのが試合の基本

    試合で走りながら、自分が打つコースを考える。これが、ちゃんと出…

  2. テニス ボレー
  3. フットワーク

    サーブ&ボレーは、ポジショニングが8割を決める

    サーブ&ボレーを、試合の中で使っているけど・・・ポイントにつながらない…

  4. フットワーク

    身体の向きだけで、相手を翻弄出来るのが強いテニス選手

    ボールも打たずに、相手にプレッシャーをかけて得点する。これが出…

  5. テニス ストローク

    フットワーク

    カウンターテニスの基本は、下がることじゃなくて要所で「前に入る」ことで強くなれる

    テニスをしていて、皆さんが「やり辛い・・・」と感じる相手、どんなタイプ…

  6. テニス ダブルス

    フットワーク

    テニスの練習で簡単に諦める人が、試合でボールを追える訳が無い

    習慣って、怖いなと。私自身、すごく感じます。練習の内容…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 格上相手

    メンタル

    テニス界では、意外と「努力を周りに見せたい人」ばかり
  2. テニス ボレー

    ボレー

    「ローボレーが深く打てるとき」は、前に詰めていこう
  3. メンタル

    「なぜ、試合で勝つ選手になる為に、テニスノートが必要なのか」それは自分の変化を確…
  4. テニス メンタル

    シングルス

    「体力に自信が無い・・・人が身に付けたい」テニスのシングルスの戦い方4つ
  5. テニス 気付き

    テニススクール

    読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
PAGE TOP