ストローク

「足から直そう、バックハンドストローク」テニスの試合では準備の遅さは致命的

フォアハンドストロークとバックハンドストローク、俺の場合、比べるとフォアハンドストロークの方が威力はある。

かつてはこのフォアハンドストロークを打ちまくって勝負を仕掛けていたからね。

バックに来たのも強引に回り込んでフォアで打っていた。

バックの方は苦手意識の塊だった。

 

「足から直そう、バックハンドストローク」テニスの試合では準備の遅さは致命的

 


 

威力どころか、ネット越えて返球するだけでも難しいって感じていたよ。

現在はどうかと言うと、バックは信頼できるヤツって感じだね。

相変わらずフォアハンドストロークの方が威力はあるけど、安定したプレーを続けられるのはバックハンドストロークの方。

苦手意識たっぷりだったバックがどうやって扱いやすくなったのか、それは準備の段階で何をやらないとダメなのが分かったからだ

もともと片手バックハンドを何となくやっていた俺だけど、20歳頃から両手のダブルハンドのバックに切り替えた。

でもその時は、自分自身でどうやれば上手くなるのか今一つ分かっていなかったから、とにかくボール出しで基礎練習ばかり繰り返し打ち方を研究していた。

でも重要なのはそこじゃなくて、準備だったんだよ。

苦手意識のせいでまず準備がとても遅かった。

しかもボール出し練習主体だったから、出されたボールが一度バウンドするバウンドで準備をし始めるという遅さ!!

それにより、打点がかなり食い込まれて後ろになるし、体重乗せる軸足も当然後ろ足しか出来なくなり、結局ショットは詰まった当たりで、威力も無いしコントロール力も無い・・・という散々なショットだった。

そこでまずは早めの準備を行う事を意識した。
 



 

とにかく相手が打った直後にはバックに来るのかどうかは分かるので、すぐに身体の向きを作るのだ

早めに準備すれば、ある程度前後に調整の為動くことが出来るしね。

そして前後に動きながら、軸足を作るのだ。

その軸足を基準に打つべき打点が算出されるので、この軸足はかなり重要だし、決めた軸足へしっかりと体重乗せて真っ直ぐ上へ蹴り上げる感触を掴んで欲しい。

「準備の早さ」と「軸足の設定」

この二つがまず出来ていないと、かつての俺みたいに飛ばないバックハンドストロークでイライラする事になるかも・・・。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  4. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  5. メルマガ配信、登録を開始します!

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    ストローク

    テニスの上達の鍵は、「小指」の使い方に有り

    ストローク、ボレー、サーブにスマッシュ・・・。皆さんは、ラケッ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で、「ロブを打つときに相手にバレやすい」人は、身体が正面向きになっている!

    ロブの重要性は、何度か書かせて頂きました。「よし、練習しよう!…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドは、肘を伸ばした打点でパワーアップ!

    バックハンドストロークを、強化したいみなさんへ。打点での意識、…

  4. ストローク

    「ビビった時のスライス、大丈夫?」テニスの試合で深く伸びるスライスを打つ為には?

    テニスの試合中、ビビってしまうことはよくある。ビビった状態でス…

  5. ストローク

    ストロークで深さを出したいなら、「軌道の頂点」はネット上より相手寄り

    深いストロークを打とうと思っても、浅くなってしまう。試合で相手…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの打点が近くなってしまう人は、「ラケットの先を使う」というイメージで振ればOK!

    ストロークの打点が近い方、意外と学生の皆さんの中でも多いように思います…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    相手のネットプレイヤーが「ネットから離れた場所」にいるなら、ボールを足元に沈めて…
  2. ボレー

    ドライブボレーを打ったら、すぐにグリップチェンジを!
  3. サーブ

    視点を置く順番を決めれば、サーブを打つメンタルは整えられる
  4. テニス 試合

    練習メニュー

    「部活で使える練習メニューを考えたい!」初心者でも出来る、テニスの練習の考え方と…
  5. 戦術

    試合では、偶然取れたポイント、じゃなくて、「意図的に取れたポイント」を増やしてい…
PAGE TOP