テニス メンタル

メンタル

テニスの試合で、「怒り」への対応策は持っているか?

テニスの試合、崩れていく人。

これは、メンタルが弱いというよりも「怒り」の感情が抑えられないケースが多い。

それは、自分に対してだったり、相手に対してだったり。

でも、圧倒的に多いのは前者、じゃないでしょうか。

学生の皆さんも、大事な試合で自分に対して不甲斐なさ、を感じて怒るケースはあると思います。

テニス選手にとって、避けては通れない問題ですよ。

 

テニスの試合で、「怒り」への対応策は持っているか?

 

1.自分に怒るのは大いに結構

私は、こう思います。

失敗したりして悔しい、自分に怒りがこみあげて来るのは当然です。

この感情が全くない人は、そもそもテニスやスポーツに向いていないでしょう。

大事なのは、その感情をどうプレーに結び付けていくのか。

自分に怒って、感情的になってプレーが乱れては、それこそ怒りが増幅するだけ。

冷静に、しっかり怒りの感情を勝利に向けて活かしていかないといけないのです。

 

2.怒っても能力は変わらない

自分の能力は、変わりません。

今まで自分が鍛えてきたこと、準備してきたことをやるしかない。

自分に腹が立つのは、「何で出来ないんだ・・・」ということかも知れません。

でも、出来ないことには理由がある。

練習不足、技術不足、経験不足、悔しいですがこれが現実です。

怒るなら、自分が出来ることをする。

自分が出来る最大限のことをして負けるなら、それがテニスなのですから。

大事なのは、どうやって怒りをコントロールするか、その具体策です。

 

3.深呼吸、空を見る、靴紐を結ぶ

大事なのは、自分一人の空間に入ること。

ダブルスでも、一旦ペアから離れて、自分の時間を数秒作りましょう。

そこで、自分の怒りの感情と向き合う。

向き合って、しっかり冷静になれるように、普段から自分のルーティーンを決めておきましょう。

私は、いつも靴ひもを結び直します。

自分の乱れている心、を靴ひもに見立てて直す、キレイになったら心も鎮まる・・・と勝手に思っています。

深呼吸や、空を見る、のも良いでしょう。

大事なのは、一人の空間に浸ること。

一瞬で良いので。

 

4.相手に対する怒りのコントロールも必要

もう一つ、テニスの試合ではこういう厄介な問題も有りますよね。

挑発してくる相手、ジャッジが汚い相手、は試合で対戦する機会もあるはず。

ここは冷静に、しっかり周りの人も巻き込んでいきましょう。

レフェリーを呼ぶ、などして、あくまでアナタ自身の怒り、感情に任せないことが大事。

またある意味、テニスの試合で多少の声は気にしない。

相手も勝ちたいと必死なんです。

他のスポーツでも、得点シーンはみんなで喜ぶ、感情を表に出す。

いちいち気にしていたら、キリが無い。

テニスはどこか、静かに粛々と進めていくのが当たり前・・・になっていますが、それに慣れると雰囲気が違う相手にとまどってしまう。

それが、怒りの感情に変わるんです。

怒りって、言ってしまえば要は戸惑い、ですからね。

戸惑っている自分を、客観視できるようトレーニングしていきましょう。

 

感情は、抑え込むというより向き合う。

自分が試合に勝ちたい、からこそ怒りという非日常の感情もこみあげて来る。

すごく、良いことじゃないですか。

テニスの試合、テニス選手として、しっかりコントロールして成長していきましょう。

人生においても、大事な経験になると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. テニス ボレー

    メンタル

    格上相手の対戦では、「まず相手の余裕を無くすこと」から

    試合で何が、一番辛いか。それは相手が「余裕を持ってプレーをして…

  2. テニス 部活

    メンタル

    テニスの試合で「すぐに格上選手相手に諦めてしまう・・・」人は、もっと弱点を貪欲に探す習慣を

    トーナメントも勝ち進んで3回戦。サーブに触るのもやっとだし、ラ…

  3. メンタル

    「意外性の高いショット」は、ポイントをリードしているときに

    テニスの試合、勝っているときには少しだけ、余裕が生まれる。そん…

  4. テニス メンタル
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では「相手のプレッシャーに負けた」ことに気付けない人は、延々とやられ続けていく

    自分のミスをしっかり分析出来るかどうか。テニスで上達していくに…

  6. テニス

    メンタル

    優勝を経験した人は、その難しさを知れるから強くなる

    テニスの試合、第1シードがなぜ強いのか?それは、テニスの技術だ…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. 戦術

    自信とは、自分で作り出していくもの
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュは最後、後ろにジャンプ!で安定する
  3. テニス ストローク

    スマッシュ

    スマッシュの決定力を磨きたければ・・・?
  4. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「相手前衛の上にロブを打って、2人で前→ロブ待ち」作戦でいこ…
  5. テニス 守備

    リターン

    ミックスダブルスの試合、「男性の重たいサーブを返球したい」なら意識したい4つのポ…
PAGE TOP