テニス 居場所

メンタル

テニスの試合で、「マナーが悪い選手に対して感情的になる」のは、トレーニングと準備で改善できる

これは最近私も経験しましたので、改めて。

テニスの試合では、残念ながらマナーが悪い、セルフジャッジで意図的に自分に有利にジャッジする選手がいます。

これを0にすることは、出来ません。

私たちに出来るのは、自分を変えること。

出来る限りの準備と正しい知識があれば、感情的になる自分をコントロール出来るはずです。

 

テニスの試合で、「マナーが悪い選手に対して感情的になる」のは、トレーニングと準備で改善できる

 


 

■過去と他人は、変えられない

私がかつて、テニスのコーチ業を始めたころに言われた言葉です。

相手を責める、どうこうしようと思ってもそれは非効率的。

だったら自分を変えていく、準備していくことが大事だということです。

これはテニスの試合にも、すごくあてはまる。

確かにマナー違反している選手は責められてしかるべきですが、対戦相手であるアナタが出来ることは少ない。

感情的にならない、ようにするには準備が必要です。

 

■どんなに汚いジャッジも、1度は受け入れる

セルフジャッジで揉めるのは、テニスの会場ではよくあること。

どんなに汚いジャッジでも、実際にジャッジを覆すことは難しいのがテニスのセルフジャッジの試合です。

1度は受け入れる覚悟、持っておくこと。

そしてすぐに、ロービングアンパイアを呼びましょう。

何かしら本部で対策してもらうようにするのが、一番。

そこでためらったり、恥ずかしがってはいけません、それも大事な試合の一部。

感情的になって言い合っても、ジャッジは絶対に覆らない、残念ながら過去は変えられないのです。

 

■想定される「汚いこと」を、書き出してみる

ジャッジだけではありません。

ポイント間、長く時間を使う。

ボールの渡し方が酷い、スコアを忘れる・・・。

応援がえげつないようなケースもありますね。

一つ一つ、アナタ自身書き出してみて、どんな対応が出来るか考えてみましょう。

それだけで、想定という準備が出来る。

大事なのは、試合の中で感情的にならないこと。

しっかり冷静に、試合に勝つことが目的なのですから。

 

心配しなくても大丈夫。

テニス界では必ず、マナーが悪い、ジャッジが汚い選手は淘汰されていきます。

勝ち上がっても、良い想いをすることは少ない。

テニス界に長くいる私だから、分かります。

アナタ自身、どんな相手にもスマートに笑顔で、冷静に対応する。

準備出来ている内容で、厳しくコート上で対応してあげて下さい。

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. テニス 準備

    メンタル

    試合会場で、急にテニスが上手くなることは出来ない

    これも、当たり前のこと・・・でしょうか?私たちは、つい試合会場…

  2. メンタル

    迷った時は、「これで自分は成長出来るのか?」を判断基準に

    学生のみなさんでも、社会人、シニアのみなさんでも同じ。何かの決…

  3. テニス スポーツ

    メンタル

    「自分は運動神経が悪い・・・」と思っている人でも、テニスは上手くなれると思う理由4つ

    テニスに運動神経、って必要だと思いますか?運動神経って聞くとす…

  4. テニス ミス

    メンタル

    「1本集中!」ばかり口癖にしていては、狼少年になる

    試合会場を見ていると、この声がいつも響き渡る。「1本集中!」…

  5. テニス 雨

    メンタル

    テニスの試合でも「自分のイライラの要因」が分からないから、人はネガティブ思考になる

    テニスの試合で、ネガティブ思考が止まらない人。なかなか、試合で…

  6. メンタル

    試合に負け続ける人に共通する、3つのこと

    テニスの試合に、勝つ、負ける。これは、何もテニスコートだけで起…

特集記事

  1. ダブルス

    ダブルスの試合、サーブがめちゃくちゃ速い相手への作戦について
  2. テニス 客観視

    リターン

    「相手がクロスにしかリターン出来ない場面」を考えよう
  3. テニス ダブルス

    リターン

    「スライスで遅いリターン」が打てると、シングルスでもダブルスでも大活躍です!
  4. サーブ

    サーブの安定感は「真似する」ところから!プロテニス選手の打つ前の動作を観察して分…
  5. テニス トレーニング

    メンタル

    テニスの試合で「試合巧者」と呼ばれる選手は、相手の心を折るのが上手い選手です
PAGE TOP