テニス 並行陣

メンタル

テニスにやる気が出ない・・・ときにモチベーションをコントロールする方法5つ

毎日暑い時期になりました。

どれだけ高いモチベーションでテニスを続けていても、気持ちが滅入ってしまうとき、ありますよね・・・。

夏休みは色々と誘惑も多い。

「やる気が無い自分は、ダメな奴だ・・・」と落ち込む前に、自分のメンタルコントロールについて具体案を考えてみたい。

ぜひ、興味がある、やってみようかな・・・と思うものがあれば試してみて下さい。

 

テニスにやる気が出ない・・・ときにモチベーションをコントロールする方法5つ

 


 

1.テニスから離れる

思い切って、テニスから離れることも必要。

離れてみて気付く、客観的になれることもあります。

部活をしっかり休む、なるべく新しいことに触れる時期も大事です。

特に勝負に執着し過ぎて、テニスが楽しめない・・・と思っている人は、3日間くらいテニスと距離を置いてみることをオススメします。

 

2.テニスノートを見直す

自分の過去、テニスをはじめたころの記録があれば読み返してみたい。

ちょっとしたことに喜んだこと、成長できたことは、テニス歴が長くなればなるほど、忘れがちです。

モチベーションが上がらないとき、はきっと自分の成長がなかなか見えないとき。

そんなときこそ、過去の自分と向き合いみとめてあげること、大事です。

きっとアナタが思った以上に、自分自身の成長に触れることが出来るでしょう。

 

3.新しいガットを張ってみる

これは私の気分転換方法でした。

ラケットやウェアを買うのは高いし・・・というときに、新しいガットを試してみる。

ガットを試してみることで、新しい発見があるかも知れない。

なかなかガットって、変える機会無いですよね。

でも意外と試してみると、使いやすいものが見つかったりするものなんです。

 

4.人に会う

普段忙しくて会えない人、に会うことも良いリフレッシュになります。

これはテニス以外の部分にも通じるものがあり、アナタ自身が積極的に動くことできっとモチベーションは上がる。

「この人の為に頑張りたい」

「みんなと一緒に、結果を出したい」

という想いは、自分一人で頑張る以上のパワーをくれるでしょう。

 

5.テニスをする環境を変える

思い切って、環境を自分で変えてみる。

新しいメンバーに飛び込んでいく、外の試合にエントリーすることも、大事です。

荒療治ですが、モチベーションが低下しているときって、やっぱり「マンネリ化」していることが多い。

それを打破する良い機会、だと思えばアナタの成長になる。

ぜひ、自分から開拓していけるように、しっかり頑張ってみて下さい。

 

モチベーションが下がるって、自然な現象です。

何も慌てることも、恥じることもありません。

もっともっと、成長できる可能性を示してくれているようなもの。

しっかり自分と向き合う習慣を身に付けて、テニスを通じてメンタルコントロール、出来るようになっていきましょう。

少しでもアナタの助けになれば、嬉しいです。

ピックアップ記事

  1. メルマガ配信、登録を開始します!
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. ご質問頂いた件につきまして
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス 指導

    メンタル

    テニスの試合では、「思考は必ず行動に現れる」と覚悟しておくこと

    テニスにおいて、「試合だけは特別」という感じ・・・にはならない。…

  2. テニス 練習

    メンタル

    正統派以外を、どこかでアナタは見下してはいないだろうか?

    先日私が対戦した相手は、かなり特殊な感じのダブルスペアでした。…

  3. テニス 観客

    メンタル

    団体戦で上位を目指したいなら、「準決勝以上の試合の雰囲気」を常にイメージして準備おこう

    秋の大会、団体戦で上位を目指したい。そんなチーム、キャプテンの…

  4. メンタル

    アナタの部活やサークル、「チームの中でしっかり、意見を言い合える環境」があるかどうか?

    日本は調和の社会。どこか今あるもの、今まで踏襲してきたものや継…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    何故テニス選手は試合の中で、「いつも通りにやろう…」と考えると、より緊張してしまうのか?

    「いつも通りにやれば、大丈夫!」と、言われれば言われるほど、緊…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「もう駄目かも‥」と思うときは逆にチャンス!と認識して諦めないこと

    テニスの試合は、1セットマッチであればあっという間に終わる。3…

特集記事

  1. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスのサーブ&ボレーでスプリットステップする場所は?
  2. テニス ミス

    練習メニュー

    県内No.1のアノ選手だって、技術の9割はコピペです
  3. テニス メンタル

    ストローク

    「実はこれが究極のショット」テニスの試合の勝敗は、バウンド後の軌道が肝!
  4. ストローク

    「スライスのストロークの返球が難しい・・・」人は、スピン系の返球と明確にココを変…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    セルフジャッジの試合では、相手を納得させる「演技」が必要
PAGE TOP