テニス メンタル

メンタル

No.1になる選手は、大量リードでも絶対に気を緩めたりしない

テニスの試合は、どんなにリードを奪っても1セットでは5-0。

5セットマッチでは2-0のセットカウント。

こうやって文字で書いてみると、余裕だな・・・と感じてしまう、そんなことありませんか?

大量リード。

なんて甘い罠なんでしょうか・・・。

 

No.1になる選手は、大量リードでも絶対に気を緩めたりしない

 


 

1.普通の人は大量リードで「一息」つきたくなる

テニスの試合でも、大量にリード出来れば誰だって安心する。

一息ついて、ちょっとテニスを「楽しもうかな」なんて考えるのがまあ普通です。

ですが、テニスの試合は真剣勝負の競技スポーツ。

大量リード、とはいえテニスの試合には「時間切れで終了」という仕組みは無い。

自分から、マッチポイントを握って取るまで試合は続く。

この意識さえあれば、大量リードのうちに試合を「終わらせる」ことの重要性に、気付けると思います。

 

2.大逆転で勝った経験は、アナタに危機感を与えてくれる

もしかしたら、アナタ自身「大逆転」で勝った試合も経験しているかも知れない。

この経験こそ、自分が大量リードしたときに活きて来る。

テニスは毎回、サーブから始まりポイント自体は0からスタートする。

そう考えると、実に逆転しやすいスポーツなのは確かです。

No.1になるような選手は分かっている。

相手に少しの希望も与えてはいけないこと。

大量リードした時点で、自分自身が一番の敵であるということに。

 

3.試合を「終わらせる」という意識が、アナタにはあるか?

試合は勝手に終わってはくれない。

アナタ自身で、相手の息の根を止めない限り、終わらないのです。

テニスの試合のトーナメント、上の戦いになればなるほど、相手も諦めないし大量リードが逆に怖い要素をはらんで来る。

弱い相手は、まぁ諦めてくれますからね。

練習試合でもそうだと思います、大量リードで向かってくる相手、なんていないから「悪い癖」が付いてしまうんですよね。

大量リードで安心、を卒業するのは難しい。

難しいけど絶対に、アナタに必要なことです。

 

錦織選手の試合の後、チャンコーチも話してましたね。

「もっと第1セット、大量リードしたまましっかり終わらせないとダメだった」と。

タイブレークで制しても、あれで相手と観客を元気にしてしまった、勇気付かせてしまった。

無慈悲になる、というのは特に日本人にとって苦手な部分。

大量リードで安心、しているようで相手にも同情している。

さぁ、自分を変えていきましょうか。

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. + POWER CUP について
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. メンタル

    相手にやられて「ダメだ」と思うから、いつまで経っても勝てないんです

    試合の中で、相手にやられてしまう。こういう時の態度にこそ、私は…

  2. テニス ストローク

    メンタル

    「これが決まればリズムに乗れる!」という基本ショットは何ですか?

    試合の中で、頼れるショット。これは、無理やりにでも作っておきま…

  3. テニス ダブルス

    メンタル

    必死でプレーした結果なのに、なんでそんなに謝るの?

    アンケートにお答え頂いた回答の中で多かったのが・・・。「試合で…

  4. テニス スマッシュ

    メンタル

    試合で使えるメンタルの強さを身に付けるなら、眼光鋭く相手を睨む癖を付けよう

    「メンタルが弱くて、試合で負けている」この意識がある人は、もっ…

  5. テニス リターン

    メンタル

    最後のフィニッシュが雑、なのは性格も問題な可能性有り

    テニスって、本当にその人の性格がよく出る。みなさんも、そう感じ…

  6. テニス フェデラー

    メンタル

    「長いラリーのポイントを獲った後」には、声を出して鼓舞していこう

    テニスの試合は、孤独。コートの上では、基本的に一人で戦っていか…

特集記事

  1. メンタル

    ハッキリとした負け、でしか見えてこないものがある
  2. その他

    テニス留学も、「失敗は成功の素」と思えるように、新しいチャレンジが大事!
  3. テニス メンタル

    ストローク

    バックハンドストロークのラリーから攻撃する、「ダウンザラインへの展開」を磨いて試…
  4. テニス 武器

    戦術

    自分自身を知れば、本格派テニス選手以外の道も見えてくる
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「勝負所で攻撃的にプレーする」為に準備したい4つのこと
PAGE TOP