メンタル

後悔を糧に、生きろ

みなさんは、「後悔していること」ありますか?

私は、あります。

あるからこそ、今を頑張ろうという気になる。

もちろん、頑張れない日もありますよ…多々。

ですが、そんな日が何日か続くと、夢に出て来るんですよ。

後悔していること、その当時の情景が。

T-PRESSというサイトやYouTubeチャンネルを運営していると、もしかしたら私のことを「上手く立ち回っている人」と見ている方もいるかも知れませんが…。

私の今までの人生、後悔していることも多い。

それで思い悩んだり、そんな感じでは無いんです。

ただ、定期的に寝ている時に夢に出て来ちゃうんですよね。

頑張り切れなかった、テニス部活動

私は中学から硬式テニスを始めて、広島という地で高校まで部活動としてテニスを続けてました。

その後千葉県の大学に進学して、体育会テニス部に入部、一応4年生まで在籍してました。

そう、一応…と書いたのは、そこに後ろめたさがあるから。

高校3年生の時、そして大学4年生の時は、受験や就活・ゼミや審判としての活動等もあり、選手としての活動は限られてました。

これ、当時はそれで納得していたつもりなんですが…何でしょうね。

20代、いや30代になってから、定期的に夢に見るんですよ。

最高学年で、頑張れていない自分の学生生活。

部活に行っても、肩身の狭い自分。

何をやっても最後までやり切れない感じがして、嫌になって…目を覚ます。

大量の汗をかいて、起きた時点でもうヘトヘトです。

やっぱり、あの時にもっと選手として頑張りたかった、結局逃げていただけじゃないかと。

今思い出しても、後悔の念は強いんだなと自分で感じています。

後悔を受け入れる、自然体で

こう思えるようになってきたのも、ここ数年です。

自分のこういう後悔があるからこそ、今頑張ることが出来る。

当時の自分を否定しているだけだと、何も進まない。

これは、きっと読者のみなさんも思い当たる節がるんじゃないでしょうか。

自然体で自分の過去、後悔と向き合うことが出来るようになると、テニスや仕事、人生に力が抜ける。

いや、綺麗ごとのように書いても…やっぱり夢を見るんですよ。

でも、最近はその後の自分が変わってきたように感じます。

「あ、この夢を見たということは、最近だらけてるな」と、感じるようになりました。

逆に、この後悔の経験があるからこそ、未来の糧が生まれる。

まだまだ、自分は頑張らないといけないという気持ちになれる。

そう考えることで、高校3年、大学4年の頃の自分を受け入れることが出来たように思います。

満足したら、そこで終わり

今のT-PRESS…みなさん、どうでしょうか。

私は、最近特に「イマイチ」だと思っています。

でも、本気でイマイチ、ダメだと思っているからこそ、未来があるんです。

満足したら、そこで終わり。

この今過ごしている日々を、将来うなされる夢にしたくない…と思って頑張る。

もちろん、良いことや嬉しいこともたくさんあります。

でも、常に渇いた感情、飢餓感みたいなものは、自分の根底に持っておく。

それも、テニスという競技が存在してくれているから、何ですよね。

テニスはいつも、自分に問いかけて来るような気がします。

自分と向き合うこと、そして後悔も受け入れて生きていく、ということについて。

久々に深酒をしてしまい、お馴染みの訳の分からない文章を書いてしまいました…。

みなさん、アンケートのご協力もぜひお願い致します!

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. テニス 名著
  2. テニス メンタル
  3. テニス メンタル

    メンタル

    2-5でチェンジコート、ほぼアナタの負けは決定ですか?

    私たちの試合で多いのは、1セットマッチ。ほとんどが、この形式で…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    結果が出ない時期こそ、アナタ自身の財産になる

    テニスの試合に、引き分けはありません。大会に出れば、言い方は悪…

  5. メンタル

    ハッキリとした負け、でしか見えてこないものがある

    みなさんにとって、必要なもの。厳しく苦しいですが、意外とテニス…

  6. テニス 居場所

    メンタル

    テニスの試合で、「マナーが悪い選手に対して感情的になる」のは、トレーニングと準備で改善できる

    これは最近私も経験しましたので、改めて。テニスの試合では、残念…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. フットワーク

    なぜ、オープンスタンスは守備範囲が拡がるのか?
  2. テニス メンタル

    ダブルス

    「なぜ、そのプレーに変えたのか」の根拠があれば、プレー中での作戦変更は悪いことで…
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、もし「自分の身体が反応」してしまったら、もう動いてしまおう
  4. リターン

    リターンで動かすラケットは、30cmでちょうど良い
  5. サーブ

    ほとんどの人のサーブ、力が伝わらない理由とは?
PAGE TOP