メンタル

後悔を糧に、生きろ

みなさんは、「後悔していること」ありますか?

私は、あります。

あるからこそ、今を頑張ろうという気になる。

もちろん、頑張れない日もありますよ…多々。

ですが、そんな日が何日か続くと、夢に出て来るんですよ。

後悔していること、その当時の情景が。

T-PRESSというサイトやYouTubeチャンネルを運営していると、もしかしたら私のことを「上手く立ち回っている人」と見ている方もいるかも知れませんが…。

私の今までの人生、後悔していることも多い。

それで思い悩んだり、そんな感じでは無いんです。

ただ、定期的に寝ている時に夢に出て来ちゃうんですよね。

頑張り切れなかった、テニス部活動

私は中学から硬式テニスを始めて、広島という地で高校まで部活動としてテニスを続けてました。

その後千葉県の大学に進学して、体育会テニス部に入部、一応4年生まで在籍してました。

そう、一応…と書いたのは、そこに後ろめたさがあるから。

高校3年生の時、そして大学4年生の時は、受験や就活・ゼミや審判としての活動等もあり、選手としての活動は限られてました。

これ、当時はそれで納得していたつもりなんですが…何でしょうね。

20代、いや30代になってから、定期的に夢に見るんですよ。

最高学年で、頑張れていない自分の学生生活。

部活に行っても、肩身の狭い自分。

何をやっても最後までやり切れない感じがして、嫌になって…目を覚ます。

大量の汗をかいて、起きた時点でもうヘトヘトです。

やっぱり、あの時にもっと選手として頑張りたかった、結局逃げていただけじゃないかと。

今思い出しても、後悔の念は強いんだなと自分で感じています。

後悔を受け入れる、自然体で

こう思えるようになってきたのも、ここ数年です。

自分のこういう後悔があるからこそ、今頑張ることが出来る。

当時の自分を否定しているだけだと、何も進まない。

これは、きっと読者のみなさんも思い当たる節がるんじゃないでしょうか。

自然体で自分の過去、後悔と向き合うことが出来るようになると、テニスや仕事、人生に力が抜ける。

いや、綺麗ごとのように書いても…やっぱり夢を見るんですよ。

でも、最近はその後の自分が変わってきたように感じます。

「あ、この夢を見たということは、最近だらけてるな」と、感じるようになりました。

逆に、この後悔の経験があるからこそ、未来の糧が生まれる。

まだまだ、自分は頑張らないといけないという気持ちになれる。

そう考えることで、高校3年、大学4年の頃の自分を受け入れることが出来たように思います。

満足したら、そこで終わり

今のT-PRESS…みなさん、どうでしょうか。

私は、最近特に「イマイチ」だと思っています。

でも、本気でイマイチ、ダメだと思っているからこそ、未来があるんです。

満足したら、そこで終わり。

この今過ごしている日々を、将来うなされる夢にしたくない…と思って頑張る。

もちろん、良いことや嬉しいこともたくさんあります。

でも、常に渇いた感情、飢餓感みたいなものは、自分の根底に持っておく。

それも、テニスという競技が存在してくれているから、何ですよね。

テニスはいつも、自分に問いかけて来るような気がします。

自分と向き合うこと、そして後悔も受け入れて生きていく、ということについて。

久々に深酒をしてしまい、お馴染みの訳の分からない文章を書いてしまいました…。

みなさん、アンケートのご協力もぜひお願い致します!

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「ゲームポイントの1つ前のポイントに、全精力を注ぎたい」その理由について

    ゲームポイント、セットポイント、マッチポイント。ポイントと名前…

  2. メンタル

    テニス選手として成長したいなら、「自分の敗因の深いところを、しっかり見れているのか?」について常に考…

    練習、試合、練習・・・を繰り返していると、その繰り返し自体に慣れてしま…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    先頭を走る人は、自分でしっかりルールを作って試合に臨んでいる

    試合でコンスタントに結果を出していく人、まさにトップランナー、ですよね…

  4. メンタル

    「自分の弱さを知らない」選手は、いつまで経っても強いテニス選手にはなれない

    アナタは、自分をどんな人間だと思いますか?少し大きなテーマにな…

  5. テニス リターン

    メンタル

    テニスの試合に負けてすぐ、「感情的になっているとき」こそ、テニスノートの出番です

    春から夏にかけては、大事な試合が多く開催されるシーズン。大事な…

  6. テニス 上達

    メンタル

    精神的に未熟な選手は、「緊張感がある場面では必ず無難な選択」しか出来ない

    試合に強い選手、それは「緊張した場面で、最高のプレーが引き出せる」よう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    「で、君のプレースタイルは何?」テニスの試合で必要な、攻撃とミスをもらうという攻…
  2. テニス サーブ

    日々の雑記

    「テニスは採点競技じゃない?」確かに勝敗には関係無い、ですけどね
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    上級者ダブルスでは覚えておきたい「サーブ&ボレーの並行陣、からの逆陣形」への対応…
  4. リターン

    「リターン嫌い脱出大作戦」テニスの試合は意識を変えることでリターン上手になれる!…
  5. テニス 戦術

    メンタル

    実力はあるのに試合に勝てない人は、序盤に〇〇を見せておこう
PAGE TOP