テニス ダブルス

メンタル

ミスの後始末を、自分で全て背負うからドロ沼にはまる

失敗して、どんどん泥沼にはまっていく人。

ダブルスの試合で、よく見かける光景だと思いませんか?

シングルスよりも、ダブルスの方が多いように感じるのは、なぜでしょう。

それは、日本人独特の「申し訳なさ」と「強すぎる責任感」が背景にあるからだと思います。

 

ミスの後始末を、自分で全て背負うからドロ沼にはまる

 


 

1.ミスがミスを呼び、不安になっていく

テニスの試合では、こんな感じじゃないですか?

まず、あるショットをミスする。

そうすると、「次もミスするんじゃないか・・・」と不安になる。

そして、また同じようなミスを繰り返す。

「何て自分はダメな奴なんだ・・・」と、試合中に深い後悔の念にかられてしまい、泥沼にはまっていく。

ミスするから緊張してしまう、という根本的な部分を変えていかない限り、試合には勝てない。

厳しいようですが、これには大胆な意識改革が必要です。

 

2.ダブルスなら、自分で取り返す必要は無い!

あえて、私はこれを言いたいです。

「またミスした・・・自分で取り返さないと・・・」と思う人、が多すぎる。

こういう人って、気負うだけで結果的に良いプレーは出来ず、またミスして深い沼にはまっていくだけ。

そうじゃなくて、もう、ペアに頼ったらどうですか?

「今はこらえてくれ・・・感覚が戻って来る」はずだから」

「相手のファーストサーブは、ロブで返球するね」

と、伝えておけば大丈夫。

弱みを見せたって良いじゃないですか、仲間なんですから。

強がっても良いことは無いし、謝ってばかりでも自分で自信を無くすだけ。

正直に相談する、甘えたって良いと思いますよ。

 

3.自分に出来ること、に手中する

しっかりと、まずは自分が出来ることに集中する。

リターンが返らないなら、せめて前衛でプレッシャーをかけるとか、やるべきことはたくさんあります。

テニスの試合では、ボールを打っていない時間の方が長いんですから。

自分に出来ること、で調子に左右されないものは何か。

ポジショニングや声掛け、たくさんあると思いませんか?

ペアを助けたいと思うなら、嘆く前にやるべきことがあるはずです。

 

4.ミスは0に出来ない、絶対に

もう一度、これを確認しておきましょう。

どんなショットでも、ミスを0にすることは出来ない。

どんな超人でも天才でも、試合の中でミスは必ず起きます。

だからこそ、ミスで沼にはまるなんてバカらしい話。

もしはまったら、助けをペアに求めて良いんです。

それは何も、恥ずかしいことじゃない。

試合の中で落ち込み過ぎたり、緊張している人は、どこかで人格を変えるくらいのつもりで振り切れてみましょう。

きっと、「なんだ、こんなに楽なのか」となると思いますよ。

 

「自分で取り返そう!」と思わないこと。

その気持ちや意気込みは大事ですが、気負ってしまっている自分に気付かないとダメ。

客観性、こそアナタ自身を助けてくれる光。

そして、もっともっと、みなさんの周りの仲間を頼りましょう。

ピックアップ記事

  1. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスを成長させていく過程では、実力に実績が付いていかない時期もある

    練習では確かな手応えを感じているのに、なかなか試合で結果が出ない。…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「練習では色々出来るのに、試合になると何も出来ない」人は、どんな意識で試合に臨めば良い?

    練習と試合では、やっていることが違い過ぎる人。練習では得意なシ…

  3. テニス ストローク

    メンタル

    勘違いしている方が多いですが、「テニスはラリーを続けることが目的」のスポーツではありません

    日本人は、「途切れること」「途絶えさせること」に対してどこか拒否感を持…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会で格上シード選手と戦うときに、一番の強敵は間違いなく「自分自身」です

    テニスの大会では、シード制度というものがある。テニス以外のスポ…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    何度やられても、「繰り返す力がある」選手が強い

    テニスの試合では、忍耐力が求められる。自分がこうと決めたこと、…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「勝負所で攻撃的にプレーする」為に準備したい4つのこと

    テニスの試合、勝負の分かれ目は試合中盤の「ある1ポイント」だったりする…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス チャンス

    戦術

    成功を掴む人は、いつだって初回、初級、に勝負をかけている
  2. テニス 練習

    テニス知識

    「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. テニス ストローク

    戦術

    「次やったら勝てないな」で、良い
  4. テニス 格上相手

    シングルス

    シングルスの試合で勝てない人は、「ストロークで崩しても前にいない」だけの話かも・…
  5. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合、「サーブを打つ前に、どこを見る?」基本的な順番から覚えましょう!
PAGE TOP