テニス メンタル

メンタル

緊張したら目を閉じ、練習風景を思い出すこと

試合では、どんなに準備しても緊張する。

それは自分自身が勝ちたいと思うからこそ、です。

緊張すること、から逃げてはいけない。

しっかりと対策を準備しておいて、現場で対応出来るようにしておくことが大事。

ちょっとしたコツ、教えます。

 

緊張したら目を閉じ、練習風景を思い出すこと

 


 

1.目を閉じる、ことが現場で出来るかどうか

試合中に、目を閉じる。

チェンジコートで座って、なら出来るかも知れませんが、なかなかコートの上に立った状態で目を閉じることはしないですよね。

何となく、次のポイントを急ぎたくなってしまいますから。

でも、これやってみるとすごく効果あります。

座った状態、ではダメ。

目を閉じること、そして何をイメ―ジするのか。

そこにどんな光景が拡がるのか、が大事です。

 

2.練習風景は、ハッキリイメージ出来るようにしよう

普段のスクールの練習風景、部活でのメニュー、これを明確にイメージする。

「あの辺から球出しをして、ここに打ってたな・・・」

「あの振り回し、キツかったな・・・」

出来るだけ、その時の周りにいた人の表情、なんかも浮かんで来るように。

自分はこれだけ、やってきた。

その量だけが問題、じゃないですよ。

しっかりと、試合をイメージしながら練習してきたことを思い出すこと。

ポイントの間に目を閉じる、これだけで、アナタ自身はスッキリして次のポイントに入れるはずです。

 

3.出来るだけ、試合の状況を「日常化」すること

試合だって、特別な場じゃない。

普段の生活の延長なんだ、と思えたら、すごく楽になる。

目を閉じて練習風景をイメージすると、気付くはずなんですよね。

確かに大事な試合ですが、やることは特別なことじゃない。

練習でいつも通りやっていること、コートの大きさも一緒だし、何も緊張する必要は無い。

この場も、いつもの自分の日常なんだ、と思えるようになると試合では強い。

緊張してきたら、目を閉じる。

これが出来れば、きっと大丈夫ですよ。

 

4.ハッキリと5秒以上、目を閉じて間を空ける

ポイント間で、とにかく急がないこと。

自分がリターンでも、すぐにポジションにつかない。

しっかりと目を閉じて、深呼吸して間を空ける。

5秒って、結構長いですよ。

それくらい、しっかりと時間を取ればそれだけ効果があります。

何となく、じゃダメ。

しっかり相手が見ても、「何かしてるな・・・」と思われるくらい。

これで勝てるなら、やらないと損ですよ。

 

目を閉じるって、見落とされがちですがすごく大事な行為。

練習風景、きっとアナタ自身で思い出せるはずです。

緊張している自分を受け入れて、整理する。

緊張から逃げるんじゃなくて、向き合うイメージ。

テニスの試合は孤独です。

だから、それもアナタ自身の日常にしないといけないんです。

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. ご質問頂いた件につきまして
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. メンタル

    試合でミスを続けない人は、何を考えているのか?

    試合で強い人は、ミスを続けない。切り替えが上手い、ように見えま…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「気落ちしている相手を攻撃していく」ことに、快感を覚える必要がある

    少し、「頭おかしいんじゃないの・・・?」という話をしたいと思います。…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    一度の成功体験にしがみ付いている人ほど、面倒臭い人はいない

    成功体験、大事です。ですが、世の中にはそれを上手く活かせない人…

  4. メンタル

    テニスの試合の後半が不安なのは、「アナタ自身が試合を創り上げていく気持ち」が無いからだ

    試合は序盤が大事、と何度も書いてきました。ですが、それと同じく…

  5. メンタル

    相手の安い挑発に乗って一人相撲、負けますよそりゃ

    テニスの試合って、感情的になりやすい。何ででしょうね、ネットで…

  6. メンタル

    いざという時、「自分はこれでいく!」があるかどうか

    試合の中で、色々準備してきたけど、もう出し尽くしたなという時。…

コメント

    • YS
    • 2018年 7月 17日

    いつも楽しく勉強させて頂いています。

    試合中に練習風景を思い出すこと、
    ちょっとだけ経験があります。

    サーブ練習でコーンを立てて、
    みんなで何本倒せるかの練習を毎回しています。

    いい感じで集中できたときだけでしたが、
    試合中に、この練習のイメージが出てきて、
    サーブの調子が良くなったことを覚えています。

    その後の試合でも試そうと思いましたが
    まだまだ、修行が足りず上手くいっていません、笑。

      • tomita
      • 2018年 7月 17日

      コメントありがとうござます!
      コーンのような具体的な道具を使えると、試合でもイメージ出来て良いですよね。
      サーブだけでなく、色々なショットでも狙いはコーンと決めて打てると、試合でも上手くいくと思います。
      応援してますので、頑張って下さい!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    サーブがオーバーフォルトで入らないときは、「ラケットの当たり方を根本から見直す」…
  2. 戦術

    強い気持ちがある人しか、真の準備は出来ない
  3. テニス ボレー

    戦術

    テニスの試合では「対極のショットを同じ構えから組み合わせる」ことで、相手を惑わす…
  4. ダブルス

    「ダブルスが分かり始めた30歳」テニスの試合の醍醐味は様々なペアと試合に出れるこ…
  5. 戦術

    テニスの試合、初対面の相手には遠慮なく「自己紹介」から入っていこう
PAGE TOP