テニス メンタル

戦術

淡々と同じことを繰り返す、のが得意な人はテニス向き

テニスの試合って、同じことの繰り返し。

のようなこと、が多いと思いませんか?

まずはサーブ、それからストロークも、そんなに毎回違うってことないですよね。

自分から変化を付けることも大事ですが、同じことを繰り返していける力、というのも大事なんです。

 

淡々と同じことを繰り返す、のが得意な人はテニス向き

 


 

1.サーブのような動作、いかに毎回同じに出来るか

これが出来ないんですよね、なかなか。

サーブを打つ動作って、毎回出来るだけ変えないようにしたい。

当然、風もあれば気圧も違う、標高が異なる会場も多いでしょう。

でもそれ以上に、毎回緊張感も違いますしね。

相手のプレッシャーもすごい。

でも、アナタ自身は淡々と、本当に淡々とプレー出来るかどうか。

このコントロール、が出来る選手は試合でも強いでしょう。

 

2.燃えたぎっても、行動は冷静に

とにかく、気持ちが高ぶっても行動は冷静に。

サーブ、ストローク、ネットプレー、しっかり自分でいつもの動作、で試合も打っていく。

普段から、淡々と同じことを継続してやる、ことを意識すれば良いトレーニングになるはず。

試合だと、つい大きく見せたいとか、カッコイイ風に見せたいと思うじゃないですか。

これは、一番の障害になる。

気持ちが高ぶっても、燃えたぎっても、淡々と試合を進めていく姿勢は大事です。

 

3.ここぞの場面で、一気にペースを上げるのは有り

試合の後半、4-4でリードしたい場面。

こういう時に、一気にギアを上げるのは有り。

試合の序盤から淡々としていた人が・・・急に変わっていくと、相手も慌てますからね。

こういう作戦、私もかなり取り入れてます。

まず、淡々と試合に入る、中でも当然手数は見せていきます。

自分の試合の形、を持っているかどうか、が大事ですね。

 

4.淡々といつも通り試合、をするには何が必要だろう?

みなさん、どうでしょうか?

毎回試合で、どんな入り方をして中盤、終盤を迎えるのか。

変える部分もあるかと思いますが、レベルが上な人ほど、淡々と毎回同じような感じ、で試合に入る。

そうなると疲れないですし、いつもと違うと感じたら修正も出来ますしね。

試合に勝てない人って、気分屋で準備不足、毎回出たとこ勝負、じゃないですか。

そうならないために、普段の生活から意識してみることをお勧めします。

 

ポイントを取った、取られた、嬉しい、悲しい。

色々な感情が交錯しますが、試合は淡々と。

特に1回戦、2回戦くらいは、こうやって勝ち上がっていくのが理想ですよね。

試合に勝つ、トーナメントを勝ち抜くためには、これくらいを目指していきましょう。

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合で、「対戦相手を騙すこと」は悪いことですか?の問いかけについて

    2年くらい前に、ある高校のテニス部の先生からこんなことを言われました。…

  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合は、「モグラ叩きゲーム」と一緒

    「とにかく、テニスの試合が苦手・・・」という、みなさん。もっと…

  3. 戦術

    テニスの試合では、「自分がやられて嫌なプレー、は大抵相手も嫌がる」ことを意識して実践してみること

    「自分がやられて嫌なことは、人にやってはいけません」と、小さい頃言われ…

  4. テニス 準備

    戦術

    テニスにおいても、「目に見えないもの」は軽んじられやすい

    「何だかよく分からないけど、強そうな相手」って、皆さん試合した…

  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「風上からのテニス」の方が難しい場合が多い

    テニスの試合、風は厄介な存在・・・ですよね。でも、風上ならOK…

  6. 戦術

    綺麗でないポイントにこそ、本質がある

    自分のテニスの、本質的な部分。これに気付けるかどうか、がこれ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    メンタル

    みんな勘違いしてるけど、「闘志溢れるプレー」とは「相手を威圧する行為」ではない
  2. ストローク

    ショートクロスのストローク、打点さえつかめば難しくはない
  3. ダブルス

    後衛に任せる前衛、はどんどん利用させてもらおう
  4. テニス バックハンド

    ストローク

    片手バックハンドのショットは、思っている以上に「横スウィング」になりやすいので注…
  5. テニス ボレー

    メンタル

    誰かに言われてやってきたことを、「努力」とは呼べない
PAGE TOP