テニス メンタル

戦術

テクニカルな技術を使う人ほど、テニスの試合では攻略しやすい

対戦相手が、技巧派な場合。

私は、まずは「やりやすいかも」と感じます。

もちろん、油断は禁物ですが、ある程度テクニックを出してくる相手の方がやりやすい。

みなさんも、ぜひこういう相手は大好物になって欲しい。

技術のある相手を倒す、ことがテニスの試合では自信にもなりますから。

 

テクニカルな技術を使う人ほど、テニスの試合では攻略しやすい

 


 

1.攻撃してくる相手、の方が楽

だと思えるようになれば、試合でも勝ちやすいでしょう。

技術のある選手、テクニックを使って来る選手の方が、アナタ自身試合をしやすいと感じたことは無いですか?

実際、ある程度攻撃してきてくれた方が、隙が生まれるから反撃しやすい。

テクニックを出して来る相手、に対抗することを自分の中で得意にしておくと良い。

強い相手、に勝てれば大会でもノリノリで勝ち上がれますからね。

まず、必要なことは何でしょうか?

 

2.相手の得意技に先回りすること

テクニックを使って来る相手は、とにかくその得意技をつぶすこと。

主に、ドロップショット系かロブ系、のショットを使って来ることが多いでしょうから、そこに先回りすれば良い。

相手は、自分の技術を攻略されると凹んでくれる。

だから、結構試合では楽なんですよね。

技術のある人って、それを試合で見せたいだけの人が多い。

勝負にそこまで執着しない人もいますから、アナタ自身がしっかり準備すれば大丈夫。

技術を攻略しさえすれば、こういう技巧派は試合で怖く無いですよ。

 

3.シンプルな人、の方が難しい

特に特徴が無い、粘れる人の方が・・・どうでしょう。

試合では、厳しくないですか?

攻めてこないし、守りが固い、粘り強いシコラータイプの選手は、誰だって苦労するはずです。

ここで、アナタ自身が安易にテクニックに走って、つぶれないように。

攻めてこない相手を、無理にこじ開ける必要は無いですから。

シンプルなプレーをする人、の方がテニスでは試合に強いし、対抗するのが難しい。

ここは、根気よくいきましょう。

 

4.技術を攻略する技術、を練習出来ているか?

例えば、ドロップショットへの対応。

ロブへの対応。

自分自身が打つことは練習出来ていても、その対応ってどうなんでしょう?

しっかりと、返球出来ますか?先回り出来ますか?

これが出来ていない人が、試合で勝てないんです。

実際に技術を攻略する為の技術って、テニスではすごく曖昧です。

誰も、本気で練習しようとは思わない。

自分で打つ方が、楽しいですしね。

ここに、アナタ自身が強くなるヒントがあるはずです。

 

試合で勝ちたいなら、相手の得意なパターンをつぶすこと。

土俵を変えて戦うことも大事ですが、しっかりと「それは私には、通じません」というメッセージを出すことが大事なんです。

メンタルが弱い人なら、これでもう折れてくれる。

技術のある、テクニカルな選手には勝てる。

そう思えたら、きっと試合でも強いですよ。

ピックアップ記事

  1. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    敗退の責任の所在は、不明確

    皆さんはテニスを、誰かに教わってますか?顧問の先生、コーチ、先…

  2. 戦術

    試合は総合点、取れるところで取ったもん勝ち

    テニスの試合、勝った負けたは…どこで決まりますか?当然、マッ…

  3. 戦術

    弱いから負けたんじゃない、挑戦したという事実だけ

    テニスの試合出ていると、最後まで勝ち残って大会を終えることは少ない。…

  4. テニス Q&A

    戦術

    テニスの試合での「いやらしいプレー」は、ボールを打っていない間に起きている

    そんなに強そうに見えないのに、試合になると強い選手。こういう選…

  5. 戦術

    いつもアングル、という選択肢を持つ

    攻撃力をアップして、試合に勝ちたい。そう考えている方、ペアの…

  6. 戦術

    自分の「やられ方」が大事

    試合の中で、自分が失点をする。もちろん、これは何も嘆く必要は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    「片手バックハンドのショートクロス」は切れ味を磨けば試合で超絶使えるショットに!…
  2. テニス 計算

    戦術

    ここぞという場面、「試合の中でペースアップさせていく」のは、ボールスピードのアッ…
  3. リターン

    テニスの試合、初心者の方でも「相手サーブの傾向を読む」ことが出来れば試合に勝てる…
  4. 戦術

    ダブルスの基本、苦しい時は遠くの相手に返球して時間を作ろう
  5. テニス メンタル

    ストローク

    「ストロークをどこに打つのか?」ラリーの中でコースを決めるタイミングは・・・?
PAGE TOP