テニス 緊張

戦術

テニスの試合で「ポイントの取り方」が、上手い人と下手な人の違いについて

試合運びが上手い人って、みなさんの周りにもいませんか?

上手くポイントを取るところ、を逃さない。

失うポイントもあるけど、さほどダメージが無いような場面でしか、失点しない。

こういう人の考え方って、どうでしょう。

私が想像していること、を書いてみたいと思います。

 

テニスの試合で「ポイントの取り方」が、上手い人と下手な人の違いについて

 


 

1.上手い人は、ポイントをつなげて考えている

ポイントを取るのが上手い人って、どんなイメージでしょう。

私は、「相手が何を考えているのか、を意識してプレー出来る人」だと思います。

試合の中でポイントを、つなげて考えることが出来るんですよね。

例えばシンプルな例なら、相手がダブルフォルトをした、としましょう。

当然、その後のサーブは、ファーストサーブを入れてくる可能性が高いですよね。

だから、セカンドサーブ並みに前に踏み込んで、攻撃していく。

その次は、もう一度ムキになって速いサーブ、を打って来るかもしれない。

ということを感じて、下がり目で待つ。

ポイントを、相手の目線でつなげて考えると、先回りが出来ますからね。

こういう人が、ポイントを取るのが上手い人、だと思います。

 

2.下手な人は、前のポイントもその次のポイントも、考えていない

良く言えば、目の前のポイントに集中している、になります。

でも、それは当たり前の話。

目の前のポイントに集中しながら、前のポイントがどうだったのか、相手は何を考えているのか。

今からやる作戦、ショットは、この後にどんな影響があるんだろうか。

これを考えること、が大事なんです。

例えば、その前のポイントをサーブ&ボレー、ネットプレーで失点しているなら、相手のリターンは浅くなる可能性が高い。

前に来る相手、を警戒している感じでしょうからね。

強い相手ほど、前のポイントをしっかり意識して、頭に入れて戦うのがテニスです。

 

3.ショットの良し悪し、ではなく使い方

ショットのレベル差なんて、私はそう無いと思います。

要は使い方。

ある技術を、どう使うのか。

そのために、ポイントがどうつながっているのか、を考えることが出来る人は強い。

上手くポイントを取れる人は、そういうパターンを持っているんですよね。

当然、ショットの種類も豊富だし、相手を動かすパターンも豊富。

だから、相手はより警戒して難しい選択を迫られるようになる、のがテニス。

ポイントを取るのが上手い人は、まずは多様性がある、ということ。

それから、相手目線でプレー出来ること、が出来る人ですね。

ショットの良し悪し、ではないと私は思いますよ。

 

4.「上手くやろう」とは、思わなくて良い

つい、試合ではこう考えてしまいがち。

ポイントを取るのが上手い人=涼しい顔で、楽に試合を進めている人、というイメージもありますよね。

でも、それは違います。

本当にポイントを取るのが上手い人は、実は泥臭く、色々な考えを緻密に巡らせている。

みなさんが考えている、4倍くらいは考えていると思った方が良いでしょう。

上手くやろう、ではなく、泥臭くいこうでちょうど良い。

それが結果的に、ポイントを取る近道になるはずです。

 

まずは、記憶力を鍛えましょう。

プレーしながら、前の前、その前のポイントをすぐに思い出せるかどうか。

こういうトレーニングは、練習試合から行っておくことが大事です。

テニスは、前のプレーに必ず影響される。

それを上手く活用しながら、正しくリスクを冒して試合を進めていきましょう!

 

■お時間のある方は、ぜひコチラより読者アンケート(ご感想)にご協力をお願いします!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    言葉に出来ないことは、「考えていないのと同じ」だということ

    寡黙にテニスに、一生懸命。とても大事なことですが、私はあえて、…

  2. 戦術

    いつも必死の形相でボールを打つ人に、勝てそうな雰囲気は生まれない

    最近は、みなさんもテニスを動画で見る機会が増えましたよね。私が…

  3. テニス 打点

    戦術

    テニスの試合で自分の武器を使いたければ、「武器を使えるポジショニング」を意識していこう

    試合で強引な攻撃ばかりしている人は、大抵3回戦あたりで負けていく。…

  4. テニス ストローク

    戦術

    柔らかいショット、力強いショットを使い分けるにはどうすれば良い?

    テニスの醍醐味って、これじゃないですかね?強打とタッチプレー、…

  5. テニス 練習

    戦術

    相手のミスがこのまま続く、とは思わないこと

    私たちは、つい期待してしまいます。序盤のリード、このまま相手が…

  6. テニス ダブルス

    戦術

    完璧な戦術、作戦、陣形を求め過ぎる人は、結果的にテニスの試合に勝てない

    テニスの試合で必要なセオリー、「それはどこまで覚えれば良いの?」という…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. スマッシュ

    余裕があるときのスマッシュでも、ダブルスではしっかり声を出して打っていこう!
  2. テニス ドロップショット

    ストローク

    テニスのウォーミングアップのショートラリー、「しっかり自分のスィングで」ラケット…
  3. テニス ミス

    シングルス

    シングルス戦術の基本、相手に「片サイドを、徹底的に意識させる」ラリー戦に持ち込む…
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    コントロールが良いサーバーは、前衛の動きを見れば分かる
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「自信があるフリ」は、自分の頭をも凌駕していく
PAGE TOP