テニス スマッシュ

戦術

ストロークとボレー、どっちで対抗していく?という話

テニスの試合、ラリーになったらボレーかストローク。

これで、相手と打ち合い戦っていく。

本来、これって自分で選んで良いところ、なんです。

でも、どこか「前衛にいるからボレーしないといけない」とか、凝り固まった感覚になってはいませんか?

テニスの試合では、どんどん自分で動いて選択して良いんです。

 

ストロークとボレー、どっちで対抗していく?という話

 


 

1.相手と、それから自分とで考えてみる

私も、試合ではまず考えます。

「今日の相手は、どっちで戦った方が良いかな・・・」と。

ストロークで打ち合うのか、積極的に前にいくのか、どの程度混ぜていくのか。

これは、自分のプレーのベースがありながらも、相手に合わせる部分が必要です。

ストロークの打ち合いが得意な相手に、後ろで打ち合っていても未来は無い。

ネットに出て、相手も前に引っ張り出す。

こういう戦い方、はどんどん自分で選択していって良いんです。

 

2.自分が前に出るショット、は打てますか?

テニスでは、アプローチショット。

これ、しっかり打てる方って意外と少ないんですよね。

後ろから前にポジションを移すのに、出来るだけスムーズに移行したい。

スライスでのアプローチで良いポジションを取る、ことが出来て初めて、「ボレーを選んで戦う」ことが出来る。

ただ前に出るだけなら、それは前に引っ張り出されているのと同じ。

自分の意志で、優位性を保ってポジションを変えていく。

これが出来るかどうか、今一度、自分で確認してみて下さい。

 

3.相手を前に引っ張り出すこと、は出来ますか?

同時に、相手のプレーも自分で選択したい。

ドロップショットやショートクロスを使って、相手を前に引っ張り出すこと、出来ますか?

シングルスでは、これが打てないと相手はずっと、得意なストロークを打ち続けることが出来る。

相手を前に出す、そしてその返球もある程度コースを絞れるようなドロップショット、が理想ですね。

触らせて良いけど、切り返されるような甘さは禁物。

難しいですが、これもテニスの戦術の選択には、必要な一手です。

 

4.ストローク対ボレー、ボレー対ストローク、ボレー対ボレー

私はいつも、この3つの組み合わせを試合で入れていく。

ストローク対ストローク、はほとんど無いような気がします。

それで勝てる相手、ならそれで戦いますが、格上相手には絶対に厳しい。

ですので、ストローク対ボレー、ボレー対ストローク、ボレー対ボレー、の3つの戦い方に活路を見出すんです。

これを、自分主導で行っていくこと。

試合に勝つ為には、これくらいの工夫は絶対に必要です。

 

自分で選んで、どこで何をもって戦うのか、を決める。

この決断力、がテニスの試合では大事です。

「何がしたかったの?」と、周りやコーチから言われている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

意外と、やってみたら戦えるものですよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. 戦術

    「こんなの、自分のプレーじゃない!」という方へ

    色々な人のアドバイスを聞いて、迷っている方。「こんなの、自分…

  2. 戦術

    自分の失点には、共通点があることに気付けてる?

    試合の中での自分の失点。試合の後に、どれくらい思い出せますか?…

  3. 戦術

    基本ポジションは、ラリーの中でどんどん変わる

    基本のポジション、テニスではこれが大事とされています。でも、…

  4. 戦術

    アナタのテニスウェアは、相手にどう見られているだろう?

    少しでも、気にしたことはありますか?私は、結構気にしています…

  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスはなぜ、技術だけでは勝てないのだろう?

    パッと見て、すごく強そうな選手。でもその選手が、試合で勝てるか…

  6. テニス 戦術

    戦術

    アナタが打ってくるのを、相手は待っている

    試合では、相手は待っているそう、アナタ自身の「ありきたりな攻撃…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの後衛の選手、センターに戻り過ぎてない?
  2. ダブルス

    ダブルスの試合、セカンドサーブこそポーチチャンス
  3. ストローク

    「ロブで抜かれても諦めない!」テニスの試合で後ろ向きから返球するコツとは?
  4. テニス スポーツ

    メンタル

    だた何となく「返球しているだけのテニス」で、勝とうと思うから難しいのです
  5. 戦術

    攻撃力を上げることについて、本気で考えよう
PAGE TOP