ストローク

打ちにいきたいポイントほど、引き付けて我慢する打点が大事

相手のボールが、かなり遅いのにガシャってしまうミス。

これでは、なかなか試合で勝つのは難しい。

でも、緊張したポイントほど、こういうミスって多くないですか?

大事なところで、自分から前に突っ込んでいかないように。

しっかり、呼び込む意識が大事です。

 

打ちにいきたいポイントほど、引き付けて我慢する打点が大事

 


 

1.多いのは、相手のセカンドサーブでのリターン

つい、私も前に突っ込んでしまいがち。

本気で取りたいポイントほど、待てないで前に突っ込んでしまうんですよね。

だからこそ、しっかり「引き付けるんだ」という意識が大事。

自分の打点に、ボールを呼び込む。

ただし、リターンですから下がって待つ、ようなことはしたくない。

バランスが難しいですけど、コツさえ掴めばきっと安定感がアップするはずです。

 

2.前にあらかじめ入っておいて、ボールを引き付ける

私がリターンの時に、意識しているのはこれです。

前に入りながら打つ、のが基本ですが、あまり突っ込まないように意識しています。

つまり、遅いサーブならあらかじめ前に立って、コンパクトに引き付けて打つ。

ボールを呼び込んで、しっかり打点を確保する。

頭から突っ込む癖がある人は、もっとリターンの時に最初から前に立って良いと思います。

ここぞ、という場面こそ、ボールを呼び込んでいきましょう!

 

3.取りたい気持ち、をコントロールすれば勝てる

繰り返しになりますが、テニスの試合ではこれが大事。

打ちたい、取りたいポイントを、必死でコントロールする。

前に入る、強打したいけど・・・引き付けて、丁寧に。

こういう意識だけで、特にリターンゲームはかなり変わります。

私自身、無理したと思ったポイントは、ほとんど態勢が崩れてミスが多い。

慌てなくても、ボールはこちらに飛んで来ますから。

しっかり引き付けて打つこと、が大事です。

 

4.自分のところに、ボールは飛んで来てくれる

焦らなくても、大丈夫です。

良い場所、で待っていれば大丈夫。

ボールは自然と、飛んで来てくれますから。

この意識が無いと、テニスって余裕が生まれないんです。

余裕が無いと、結果的に自分から無理に打ちにいってしまう。

これは、男性の方でも本当に多いです。

緩いボール、遅いボール、は前で待つ。

突っ込みながら打つ人は、ポジション自体を変えて勝負しましょう。

 

引き付けるのって、勇気要りますよね。

自分から打ちにいく、その気持ちを抑えないといけないですから。

大事なポイント、30-40でリターンのシチュエーション、想像してみて下さい。

どんな打ち方、でいけば良いのか。

試合でこのポイントを取れば、きっと勝てます。

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. 【女子ダブルス 土居コーチ レッスン&ゲーム会】3/1(水) in S…
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです

関連記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    低い打点のストロークは、とにかく回転をかけることに集中しよう

    低い打点のストローク、打ち辛いですよね試合で差が出るのって、こ…

  2. ストローク

    「ハードコートでのストローク戦がきつい!」ヘビーなトップスピンストローカーへの対策4つ

    錦織選手のストロークの魅力の一つは、バウンド後も勢いを失わないストロー…

  3. テニス リターン
  4. テニス ダブルス

    ストローク

    いわゆるテニスの「普通のストローク」とは、全て打点が低いと自覚しよう

    「ストロークの打点は高い方が良いって、どれくらい高くないとダメですか?…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    こんな対戦相手のストロークは、「やり辛い・・・」と感じる5つの特徴

    対戦相手のストローク、皆さん色々なタイプを経験してきたと思います。…

  6. テニス ボレー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    練習から、「負けたまま」で終わる癖を付けないようにすることが大事
  2. ダブルス

    ミックスダブルスこそ、女性は強気が基本
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスでハイレベルな戦いになると、「ファーストボレーに前でプレッシャー」をかけ…
  4. テニス 準備

    戦術

    リードしている相手だって、「実は苦しい」ことに気付けると、挽回の芽は見えてくる
  5. テニス メンタル

    スマッシュ

    遅いスライスロブをスマッシュ、「待たないでジャンプ!」していこう
PAGE TOP