ストローク

打ちにいきたいポイントほど、引き付けて我慢する打点が大事

相手のボールが、かなり遅いのにガシャってしまうミス。

これでは、なかなか試合で勝つのは難しい。

でも、緊張したポイントほど、こういうミスって多くないですか?

大事なところで、自分から前に突っ込んでいかないように。

しっかり、呼び込む意識が大事です。

 

打ちにいきたいポイントほど、引き付けて我慢する打点が大事

 


 

1.多いのは、相手のセカンドサーブでのリターン

つい、私も前に突っ込んでしまいがち。

本気で取りたいポイントほど、待てないで前に突っ込んでしまうんですよね。

だからこそ、しっかり「引き付けるんだ」という意識が大事。

自分の打点に、ボールを呼び込む。

ただし、リターンですから下がって待つ、ようなことはしたくない。

バランスが難しいですけど、コツさえ掴めばきっと安定感がアップするはずです。

 

2.前にあらかじめ入っておいて、ボールを引き付ける

私がリターンの時に、意識しているのはこれです。

前に入りながら打つ、のが基本ですが、あまり突っ込まないように意識しています。

つまり、遅いサーブならあらかじめ前に立って、コンパクトに引き付けて打つ。

ボールを呼び込んで、しっかり打点を確保する。

頭から突っ込む癖がある人は、もっとリターンの時に最初から前に立って良いと思います。

ここぞ、という場面こそ、ボールを呼び込んでいきましょう!

 

3.取りたい気持ち、をコントロールすれば勝てる

繰り返しになりますが、テニスの試合ではこれが大事。

打ちたい、取りたいポイントを、必死でコントロールする。

前に入る、強打したいけど・・・引き付けて、丁寧に。

こういう意識だけで、特にリターンゲームはかなり変わります。

私自身、無理したと思ったポイントは、ほとんど態勢が崩れてミスが多い。

慌てなくても、ボールはこちらに飛んで来ますから。

しっかり引き付けて打つこと、が大事です。

 

4.自分のところに、ボールは飛んで来てくれる

焦らなくても、大丈夫です。

良い場所、で待っていれば大丈夫。

ボールは自然と、飛んで来てくれますから。

この意識が無いと、テニスって余裕が生まれないんです。

余裕が無いと、結果的に自分から無理に打ちにいってしまう。

これは、男性の方でも本当に多いです。

緩いボール、遅いボール、は前で待つ。

突っ込みながら打つ人は、ポジション自体を変えて勝負しましょう。

 

引き付けるのって、勇気要りますよね。

自分から打ちにいく、その気持ちを抑えないといけないですから。

大事なポイント、30-40でリターンのシチュエーション、想像してみて下さい。

どんな打ち方、でいけば良いのか。

試合でこのポイントを取れば、きっと勝てます。

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    自分のストロークで深さが足りないと感じたら、「ボールの軌道の頂点」で調整するとミスが少ない

    ストロークの深さ、が重要なのは試合に出ている皆さんなら理解出来るはず。…

  2. ストローク

    「侮るなスライス」テニスの試合で、相手にプレッシャーをかけ続ける粘りを取り入れよう!

    スライスとトップスピン。試合中、君のストロークはどっちをよく使…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    速いストロークについていけない人は、少し下がって速い準備で

    相手のストロークが鋭い、なかなか付いていけない。そんなときに意…

  4. テニス ダブルス

    ストローク

    試合で実践してみて効果的だった、「ストロークで自分らしさを取り戻す3つの事」

    俺が現役時代の頃、試合の出来を左右するものはストロークだった。…

  5. ストローク

    現代のテニス、ストロークに必要な「壁を作ってコンパクトに振り抜く」フォームを確認しよう!

    皆さんはテニスをやっている中で、「壁を作る」という言葉を聞いたことはあ…

  6. テニス メンタル

    ストローク

    フォアハンドが打てない、グリップも分からない症候群に陥ったみなさんへ

    テニスを続けていると、必ずこれは経験します。始めたばかりのころ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. サーブ

    ダブルスの試合で、「前衛がポーチに出てくれない・・・」と思っている人は、自分のフ…
  2. テニス テニスボール

    その他

    「君は大学王座の試合を、観たことがあるか?」今年も早稲田が強かった
  3. テニス 練習

    リターン

    ストレートアタック、をリターンで成功させる5つのコツ
  4. その他

    + POWER CUP について
  5. テニス サーブ

    メンタル

    「いつも入っていたショットが、入らない」のなら、いつもが異常だったのかも知れない…
PAGE TOP