リターン

ノーアドバンテージリターンで、危所に遊ぶ

ダブルスの試合で、ノーアドバンテージ形式の試合。

最近では、もうこの形式が普通ですよね。

40-40になったら、リターン側がサイドを選ぶ。

ダブルスの試合なら、必然的にどちらかの選手がリターンする、サイドを選んでポイントを行う。

取れればブレイク、逃せば相手のキープ。

こういう場面こそ、私はそのペアの実力やテニスに向き合うスタンス、もっと言えばその人自身の人生のようなモノが見えてくると考えています。

今日はぜひ、皆さんにも一度意識して欲しい内容をまとめてみます。

危ない所でこそ、遊べる人が強い。

そういう人が、テニスを通じて成長していくんだと思います。

ペアにお願い、それで良いの?

例えば実力差があるペア、だとどうでしょう。

自分のペアの方が明らかに上手い、調子が良い、返せる確率が高い…ような時には、お願いしてリターンしてもらうことも多いと思います。

でも、ここで考えて欲しいんですよね。

それは、本当に最良の決断ですか?と。

もしかしたら、40-40になる前から、「ペアにお願いすれば良いか…」と考えているような感じではないですか?

気持ちは分かりますが、相手からすると「やっぱりね」という感じになる。

確かにリターンが確実な選手は嫌ですが、もし私がサーブ側なら…実力で劣る選手が「自分がやる」と言ってリターンで挑んでくる方が嫌です。

その積極性は例えそのゲームをキープしても、後でジワジワと効いてくる。

実戦で考えても、強い選手が前衛にいる方が私は嫌なんですよね。

サーブで決めないといけない!と、力んでしまうかも知れませんし。

ペアにお願い、それが当たり前のようになっている人は、もっと遊ばないと。

そう、試合の大事な場面、危ない場所で。

自分の一言がないと、味わえない

どんなにスクールに通っても、優秀なコーチにプライベートで教わっても、得ることができないもの。

それは、こういう痺れるような危ない場面での経験です。

自分からリターンをやらせて欲しい!という一言がないと、ずっと得られない。

これだけは、絶対に覚えておいて損はないです。

それに、ダブルスですからね。

リターンする人だけが全責任を負うというのも、おかしな話。

前衛にいる人こそ、勝負を決める大事なショットを打つケースも多いはず。

自分の言葉で、自分で運を引き寄せる。

この行為が出来ている人は、試合でも自然と結果も伴ってくる。

まずは一言、自分から発することができるかどうか。

急に試合で、となっても無理でしょう。

本物の経験値を積んでこそ、結果は出る

試合に出てるけど、なかなか勝てない。

もう自分は歳だし、上達なんて無理じゃないか。

そう思っているみなさんは、シンプルです。

自分から危ない場所で遊ぶ、そんな経験を積んでいけば変わります。

みなさんが試合で勝てない強いような人って、絶対に大事なノーアドを落とさないじゃないですか。

これって、やはり経験の差が大きいです。

その経験は、時間の長さや練習量だけじゃない。

自分から掴み取って、危ない場所に足を運んだ数です。

この経験値こそ、その人の強さになる。

大事なポイントでも自然体でプレーしている、ように周りから、相手から見える。

繰り返しますが、本物の経験は待っていても降りてこない。

自分から掴みに行くしかないんです。

大事な試合で、自分から言いましょう。

「ノーアド、いきます!」と。

それでペアの方も「いや、私もいきたい!」となったら…どうでしょうか。

もうその試合、勝ったようなモノだと思いますよ。

ぜひ、これをイメージしながら日々練習していきましょう。

必ず、テニスの神様は空から見ているはずです。

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    速い球を待って、遅い球をさばくのがテニスの基本の待ち方だと思う

    「速い球と遅い球、どっちに合わせていくのが良いんでしょうか?」…

  2. テニス ダブルス

    リターン

    攻撃的な並行陣、に対抗するために必要なリターン5種

    ダブルスの試合で、相手が並行陣。こういう相手には、どういうリタ…

  3. テニス メンタル

    リターン

    ボディへの速いサーブは、「脇を締めてラケット面を被せる」ことで返球出来る

    ボディへのサーブ、きっと最近増えています。こう感じるのは、男子…

  4. リターン

    確実にクロスに返球する、リターンに必要な身体の向きについて

    リターンを確実にクロスに返す。この意識、よりダブルスで必要にな…

  5. テニス サーブ

    リターン

    中級レベルの相手の試合なら、センターへのサーブは捨てても良い

    テニスの試合、しっかり相手のレベルを見極めること。それは、まず…

  6. テニス ダブルス

    リターン

    パッと見遅いサーブ、に試合では気を付けろ

    強い相手のサーブは、必ず速い?いや、そんな感じでもないと思いま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ボレー

    相手が態勢を崩したら、前衛は動くのがダブルスの基本
  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ペアで実力差があるときは、逆に活かす道を
  3. テニス リターン

    リターン

    ポイントを50-50でスタートする、ことをリターンの合格点に
  4. メンタル

    技術の前に、攻撃のメンタルが足りない
  5. テニス 体力

    戦術

    試合の中で良い流れは、「自分たちで持って来る意識と、武器」が何より大事
PAGE TOP