ボレー

前へ押す力は、全てに通ずる

テニスの試合の現場だと、なかなか気づけないこと。

でも、自然と皆さんも「勝っている試合」では実践できていることだと思います。

前方向に力を伝える、ということ。

これってすごく基本的なことだからこそ、つい忘れがちになる。

そして、相手が強いとつい、前に力を伝えるのが難しくなる。

出来るだけシンプルに考えてみましょう。

前方向に力を出せば、相手だって辛いはずです。

例えばファーストボレー!

私が特に感じるのは、ファーストボレーの場面。

しっかり前に力を伝える、下半身から大きく踏み出していく。

その足が前、打球方向に出るかどうか、で大きく変わってくる。

ボールの威力はもちろんなんですが、何というか「打っている雰囲気」も全然違うんですよね。

腕だけで捌くようなボレーって、威力もないし相手へのプレッシャーも少ない。

少しでも前に、前に力を下半身から出そうと意識している人のボールは、生きた重いボールになる。

「そんなの当たり前じゃないか、それが試合で出来ないんだよ」と感じている方も、多いと思います。

これって、本当にやるかやらないか、なんです。

前に力を出すことをしっかりやろう!と思えば、少しでもボールの軌道の後ろに入りたくなる。

入らないと力を出せない、と思うじゃ無いですか。

こういう危機感や欲望こそ、自分が変われる原動力になるはずです。

アウトは怖くない!なぜなら…

「前に押していくと、アウトが怖い」という方も多いと思います。

でも、これは恐る必要はありません。

むしろ、前に力を出せないでその場で上手く対応しようとしても…必ず、「弾かれる」ようになります。

相手が強ければ強いほど、そうです。

何とか返すことを考えるのは良いと思いますが、上に、上にと逃げるような感覚になりがちですよね。

前に押していくという意識で打てば、自然とボールは低い弾道になる。

意図のあるボールは、必ずコートにおさまってくれる。

そして、不思議と相手も触ってくれるんですよ、アウトボールでも。

それくらい、「強い」ボールになるんだと思います。

前方向へ押していく、これは何も男性やジュニアプレイヤーだけの武器ではありません。

女性の方やシニアの方にこそ、私は必要だと思いますよ。

もっと自分のボールが好きになる

だから、試合にも強くなるんです。

私は試合に強い、自信が持てるかどうかってここの差が大きいと感じています。

「自分が打ったボールを、好きになれるかどうか」です。

自分が打つボールがいつも弱い、上方向に飛ぶだけ、意図を感じられない…なんて、嫌じゃないですか。

毎回ラリーごとに落ち込んでしまう、それを無意識に繰り返してしまう。

こういう自分を打破するためにも、「前に押す、直線的なボール」はぜひチャレンジして欲しい。

決して、ハードヒットという感じではないんですよね。

むしろ、丁寧にゆっくり押していくような感じに近いと思います。

こういう軌道、弾道を、自分で打ちたい、必要なんだと思えるかどうか。

全てはそこからスタートです。

いくらコーチから何を言われても、自分で決断しないと何も始まりません。

「こういうボールを打ちたい、自分に必要なんだ!」と思えたらもう、出来たようなモノ。

すぐには上手くいかなくても、自分で育てていく覚悟を持ちましょう。

私も頑張ります!

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス 練習

    ボレー

    テニス部としての練習で、「強引なネットプレーの練習」は必要!特に女子テニス部に

    普段のテニス部の練習、どうしてもストローク中心になっていませんか?…

  2. ボレー

    ローボレーは、ボールを飛ばす角度を覚えればすごく楽

    低い位置でのボレー、それでも返球は甘くならないようにしたい。コ…

  3. テニス メンタル

    ボレー

    深いボレーで相手を追い込んだら、頭の8割はドロップボレーで待つこと

    上手そうに見えるのに、なぜか試合で勝てない人。こういう人に多い…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    サーブ&ドライブボレーは、現代テニスの必勝形

    私が中学生、高校生くらいの頃は、男子の選手は半分くらいがサーブ&ボレー…

  5. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの基本、「ラケットのセットを、打点少し上に早く」が出来れば、試合でも楽に打つコースを隠せます

    ストロークではコースを打ち分けられるのに、ボレーではなかなか狙ったとこ…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    コントロールショットほど、ラケットを手首で動かすのは逆効果

    テニスの試合で、どうしてもココに打ちたい!というような場面。こ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    結局テニスの試合で、どんなショットを打てば良いのか分からない人へ
  2. テニス コントロール

    テニス知識

    ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. テニス 前衛

    フットワーク

    スプリットステップ、ネットプレーのときには早めに着地、くらいでちょうど良い
  4. テニス ポジショニング

    フットワーク

    鋭いフットワークの出足を支える、「走る方向と逆の足のキック」の基本を覚えよう
  5. サーブ

    サーブ&ボレーになるとサーブが乱れる人に、とっておきの秘策を
PAGE TOP