テニス 部活

戦術

テニスで県内No.1になりたければ、「思い切った勝負」に

今日から4月。

新学期、新入生・・・色々と新しいこと、始まる時期ですよね。

高校も大学も、大事な大会のシーズンはすぐそこ。

さぁ、アナタは本気で、県内No.1、または地区大会出場、といった椅子を狙いにいく覚悟はありますか?

 

テニスで県内No.1になりたければ、「思い切った勝負」に

 


 

1.今の自分のプレースタイルで、県No.1を狙えるのかを本気で考える

読者の皆さん、立場はそれぞれ。

それでも、本気でテニスの大会で上位の成績を残したい、全国に出たいと思っている方も多いでしょう。

そんな皆さんに、問いかけたい。

「今のままのプレースタイルで、勝てますか?」

アナタのプレー、格上相手に「やりやすい」感じになっているかも知れない。

そういう客観的な視点は、トレーニング以上に大事だと私は思います。

 

2.普通のことをしても、普通の結果しか出ない

当たり前ですが、みんなそれを受け入れていく。

ストローク主体で戦い、ファーストサーブは入ればラッキーレベル、セカンドサーブになったらとにかく粘る・・・。

悪くないスタイルですが、例えば高校生なら、ほぼ9割が同じようなプレースタイル、でしょう。

全国大会でも、実は同じ。

そんなに変わったプレースタイルの選手なんて、いない。

相手も戦い慣れている、その慣れの中で予選トーナメントを戦っている。

だからこそ、勝負に出る価値があると思いませんか?

 

3.周りとの違いを作れれば、県内トップも見えてくる

「そんな上手い話が、現実になるはずがない」と、思うと思います。

ですが、世界のトップ選手ですら、最近は相手の「思い切ったプレー」に負けてしまう傾向にある。

どんなアクセントを入れるのか?

ネットプレー、ドロップ系、並行陣、ロブ、観察眼・・・色々活かせる武器、あると思います。

私が、「アナタは、こうです!」というのは言えない。

ですが周りから観て、「アイツ、こんなプレーだったっけ??」と思われた方が、勝てると思いませんか?

特に、県内第1シードの相手には。

普通に戦うより、勝てる可能性を上げるにはどうすれば良いのか。

まだ、考えて鍛える時間はあります。

 

思い切った勝負に出る。

これは勇気が要るでしょう。

ですが、学生時代はもう二度と返っては来ない。

10年後にインターハイに出たい!と思っても、それは無理なんです。

さぁ、どんな武器を鍛えて、勝負に出ましょうか?

 

今回のまとめ

短期間でプレースタイルを変えて、格上選手に挑戦しよう!

 

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. テニス 指導

    戦術

    「イーブンペースでの進行」で全く問題無い

    テニスの試合、試合慣れしていない人はちょっとしたこと、で不安になる。…

  2. 戦術

    調子が悪いなら、動こうよ

    「調子が上がらないで、負けた・・・」という試合、多くないですか?…

  3. テニス 陸上

    戦術

    楽して勝つのが許せない、という人は生涯トーナメントを勝ち抜けない

    先日、こんなご意見を頂きました。「サイトをいつも拝見しています…

  4. テニス スマッシュ

    戦術

    「ここは動かないだろう」という場面で勝負に出ないと、試合では勝てない

    「まさか、ここで動いて来るとは・・・」という場面、経験ありますか?…

  5. テニス ストローク

    戦術

    「テニスの試合における守備意識」で、大切なポイント6つ

    攻撃より、まずは守備。これはテニスだけじゃなく、あらゆるスポー…

  6. テニス 格上相手

    戦術

    「技術的なミスと戦術的なミス」をしっかり分けて考えておけば、テニスの成長スピードは上げられる

    テニスに限らず、私が考えるミスは大きく分けて2種類あります。一…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの安定感をアップさせるには、一瞬苦しいと感じるくらいの身体の使い方で良い
  2. サーブ

    サーブ練習から、ダブルスのコートカバーをイメージしていこう
  3. テニス メンタル

    メンタル

    行動に昇華しないのであれば、それは刺激とは言えない
  4. その他

    テニスにも、「道場破り」の文化を
  5. テニス ガスケ

    シングルス

    シングルスの試合でやたらとパッシングで抜かれるのは、前に引っ張り出されているから…
PAGE TOP