テニス ボレー

その他

「テニスのタッチプレーは、10代のうちに磨かないと伸び辛い」だからこそ、学生の皆さんには積極的に取り組んで欲しい

バドミントンや卓球、ラケットを使ったスポーツはたくさんあります。

強く速いショットも大事な技術ですが、試合に勝つ為には柔らかいタッチを活かすドロップ系のショット、スライスショットの習得が不可欠。

こういった技術は、大人になってから習得するのは至難の業。

だからこそ、10代の皆さん、できればそれより若い時期に身に付けておきたい技術なのです。

 

「テニスのタッチプレーは、10代のうちに磨かないと伸び辛い」だからこそ、学生の皆さんには積極的に取り組んで欲しい

 


 

■テニスにおける柔らかいタッチ感覚、自信ありますか?

テニスはスポーツであり、遊び。

ボールを思った通りに運び、相手を揺さぶって勝つことに醍醐味があります。

「柔らかいタッチ」を用いた創造性のあるプレーは、若いうちに身に付けることで伸ばせる技術ということは、よく知られています。

コーディネーショントレーニング、調整力を磨くという意識は、若い皆さんにこそ持ってもらいたいのです。

 

■速いストローク、サーブ、打ちたいのは分かるけど・・・

私自身そうでしたが、どうしても若いパワーをボールの速さ、スピードに求めたい。

テニスの試合でスライスやドロップを使うなんて、どこかかっこ悪いような気持ちになっていたように思います。

でも、今確実に言えるのは、当時の自分は間違っていた、勿体無かったということ。

速いボールは、遅いボールがあってこそ活きる。

深いボールは、ドロップショットがあるからより深く感じさせることができる。

この相手を揺さぶるような遊び心は、テニスを始めたばかりのときから養うことで、社会人になっても幅のあるプレーができるのです。

 

■「柔らかいテニス」とは何か?

薄いグリップで、しっかりスライス回転をかけてボールをどこにでも打てる。

リラックスした状態で、打点に幅を持ってプレーできることが、「柔らかいテニス」の第一歩です。

「よく分からない・・・」という学生の皆さんも多いと思います。

ぜひ、プロテニス選手のダブルス、特にミックスダブルスの試合を観てみると良いでしょう

相手を前後左右に動かすショットの醍醐味が、そこにはあります。

 

今テレビを観ていると、バドミントンの桃田選手の特集を放送していました。

ネットインを狙って打つ、その柔らかさは小学生時代の自宅の練習で養ったんだとか。

アナタも、普段テニスコート以外でボールを触ったり、何か「柔らかさ」を鍛える練習ができるかも知れません。

工夫するって、楽しい。

そう思えたら、まずは家の中でどんなことができるか・・・迷惑をかけない程度に、考えてみませんか?

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  4. その練習を、疑おう
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. テニス アップ

    その他

    試合前のウォーミングアップで反応を鍛えるには、「後出しジャンケン」が最高にオススメです

    試合前のウォーミングアップ、皆さんはどんな感じで行ってますか?…

  2. テニス ストローク

    その他

    テニスの団体戦って、「結局個人戦を複数回、やるだけでしょ?」という人に、物申す!

    以前にお会いした方に、こんなことを言われました。「テニスの団体…

  3. その他

    「たかが足元のボールケア、されどボールケア」強いチームは、足元のケアに本気です

    皆さんは普段、足元のボールをどれくらいケアしていますか?踏んだら大…

  4. テニス メンタル

    その他

    大学テニスの大会を観ていて感じる、「閉塞感の源はどこにあるのか?」を考えてみる

    連休中は縁あって、有明テニスの森公園にいる日が多かった。そこで…

  5. テニス セルフジャッジ

    その他

    「打つコースをしっかりコントロールできるテニス」を身に付ける為に必要な練習意識とは?

    テニスをやる人は誰しも、「思ったところにボールをコントロールしたい」と…

  6. テニス 準備

    その他

    「自分はスロースターター」って、結局は準備不足だってこと

    世の中には、不思議な言葉がある。「良くないこと」を言っているの…

特集記事

  1. テニス 計算

    戦術

    テニスの試合、チャンスボールをミスしてしまう人は「逆算力」が足りないだけ
  2. ストローク

    テニス選手として自立したいなら、「自分に合ったストローク」は自分で見つけ出してい…
  3. テニス 打点

    メンタル

    自分の実績を気にしてるのは、自分だけ
  4. ロブ

    「上げた!」を言わないロブは、つまりは・・・?
  5. テニス ミス

    メンタル

    「自分はミスをする人間である」と考えておけば、自然にメンタルは強くなる
PAGE TOP