戦術

アナタ自身の武器、が生まれる瞬間とは?

「あの人みたいな、武器が欲しい」

そう思う方、みなさんの周りにもいると思います。

サーブが速い、ストロークが安定している、ボレーで決定力がある・・・色々、ありますよね。

でも、みなさんの武器は、いつでどう生まれるのか。

私は、ここでこそ客観性が必要だと思います。

 
 

相手が意識して、初めて武器になる

自分で強力だと思っているショット。

でも、それは相手にとってどうなのか。

それは毎回、相手によっても変わりますよね。

良いサーブを自負している人も、リターンの名手にかかれば「打ちごろ」なサーブかもしれない。

自分で武器だと思っているから、武器?

それって、すごく危険な発想です。

その武器がへし折られたら、もう心まで折れてしまう感じじゃないですか?

相手が意識して、初めて試合で武器になる。

この覚悟が大事です。



相手が意識する、とは?

つまりは、警戒してくれるということ。

警戒されて初めて、武器は武器として、活かされる。

相手に意識されていない武器なんて、すごく寂しいですよ。

自分は強力だと思っていても、相手は眼中にない。

いかに、意識してもらうか。

っかり使って、相手に警戒してもらう段階になるのか、がテニスの試合では大事です。



実際に武器で得点、は少ない

これが、テニスの試合です。

警戒してくれてから武器になり、結果的にその武器での得点って少ないんですよ。

私自身、前衛でポーチに動きを武器にしていますが、最初にしっかり使って意識させて、その後は「貯金」を使う感じ。

当然相手は警戒してストレートに打って来ます、ロブも来ます。

そこを仕留めるイメージ、で最初から武器を使って餌を蒔く。

実際に試合の後半で、武器のポーチで得点するケースは少ないんです。

ここに、固執はしていない。

他の武器でも、一緒だと思いますよ。



武器を活かせるかどうか、は・・・?

警戒されて、避けて来た方のショットを仕留められるかどうか。

つまりは、1つの武器だけだとテニスの試合はしんどいんです。

当然ですよね、すごく速いサーブがあったとしても、リターンの選手が下がれば返せますから。

問題は、その山なりなリターンを、どう仕留めていくのか。

武器が1つだけだと、避けられて終わり。

活かしていく為には、もっと広い視点が必要です。

ぜひ、練習から意識してみて下さいね

   

お勧めの練習法

先ほども書きましたが、自分の武器を「避けて来るショット」の対処法を磨く。

私ならよくネットに出るので、ロブの対応や沈めて来るボールの対応、ですね。

出るだけ、自分の武器を磨くだけでなく、相手の逃げ道対策に時間を作りましょう。

練習試合で、相手にそれをやってもらうのも有り。

自分の武器に対して、相手がどう対応して来るのか。

そこに注力出来れば、もっと試合で戦いやすくなるはずです。



つい、自分の武器でねじ伏せたくなるんですけどね。

そこに固執してしまうと、試合では厳しい。

自分の武器を作り、それを活かすには。

試合で相手の立場になって、考えてみましょう。

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. 戦術

    コードボールも、自分リスクを冒した一つの結果

    試合の中で、自分が打ったボールがネットに当たる。そのボールが…

  2. テニス コントロール

    戦術

    テニスの試合に強くなりたいなら、「チャンスボールからのバリエーション」を意識しよう

    ナイスなコースにショットが決まって、「良し!」となる。でも、本…

  3. テニス チャンス

    戦術

    試合の緊迫した場面で、「相手が取りに来るポイント」を感じよう

    試合が進んでいって、もうミスが許されない場面。4-4の30-3…

  4. テニス 調子

    戦術

    テニスの試合で調子が良いときこそ気を付けたい、「得意なショットとコース」に固執すること

    自分の調子が良い・・・ときに試合に勝てる、と限らないのがテニス。…

  5. テニス 大学

    戦術

    序盤にミスが多いと、1セットマッチでは勝てない

    試合になかなか勝てない人は、序盤が怪しい。何となくで入って、何…

  6. 戦術

    強い気持ちがある人しか、真の準備は出来ない

    試合前の、準備が大事。これは何度も書いて来たことですし、私自身…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    スマッシュ

    ネットにガン詰めしたらアングルボレー、じゃないとロブで切り返されますよ
  2. 戦術

    振り切ってコントロール、なぜ難しいのか?について
  3. リターン

    ビッグサーバー相手にこそ、リターンはポジションが鍵
  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスアップが安定しない人は、「水の入ったコップ」を持つようにボールを軽く…
  5. ダブルス

    後衛同士のラリーが速くて、「ポーチに出れない・・・」という方へ
PAGE TOP