テニス リターン

ストローク

自分の武器は、「徹底的に試合で使う」くらいの強引さで

皆さんは試合のとき、どんな攻撃を仕掛けていくことが多いですか?

私の印象だと、結構「まじめにオールラウンドに」攻撃していく選手が多い。

特に学生の皆さんのような、若い方に顕著な気がするんです。

もっと試合は、ある意味自分勝手で良いし、尖って良い、んじゃないかなと。

 

自分の武器は、「徹底的に試合で使う」くらいの強引さで

 


 

■全てのショットが同じレベル、な訳が無い

私もそうですが、得意なショット、不得意なショットがあるのは当たり前。

もちろん練習ではそのバランスを取る為に鍛錬が必要ですが、試合では、とにかく自分の武器を使っていきたい。

弱点な箇所に来たら、出来れば周り込んだりして得意か普通のショット、で対応出来ると試合では強い。

そう、自分から動いて変えていけるのがテニスの面白いところです。

 

■例えばプロ選手だと・・・いっぱいいますね

1990年代のサーブ&ボレーヤーのように、どんどん前に出ていく。

9回前に出て、9回パッシングショットで抜かれても、きっと10回目も出る。

それくらい、自分の得意なパターンを持っていたし、良い意味で強引さがあった。

最近ではナダル選手のフォアハンドなんか、がそうですよね。

フォアハンドで全て打ち返したい、くらいの強い気持ちが伝わって来る。

武器を使うには、思い切った強引さが不可欠です。

 

■相手が自分の武器を意識してくれるのは、とっても良いこと!

対戦相手が自分の武器を意識して、警戒してくれる。

これは、とても良いことです。

なぜなら警戒する、ということは、その逆へ打ちたくなってくるものだから、コースを読みやすい。

フォアハンドでガンガン攻撃して武器を見せ付けた後には、相手もバックハンド側に打ちたくなる。

そうやって来たボールを回り込んでも良いし、バックハンドで狙いすましても良い。

とにかくテニスでは、「何かを避けたボール」には力が無い。

武器で押していく、と相手は自分のボールに力を失っていってくれるのです。

 

試合では、もっとしたたかに。

勝つために、何を優先して使っていくべきか、見せていくべきか。

本気で考えていけば、きっとアナタなりの戦い方が見えて来る。

全部のショットをまんべんなく、使うのだけは・・・本当、もったいないですよ。

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークでミスが多い人は、「ほとんど横振りで打点がぶれている」ことに気付かないと

    テニスのストロークのときに、「身体が開いているよ!」と周りから指摘され…

  2. テニス ダブルス

    ストローク

    ストロークで前に入りながらドロップショット、を打てれば相手は基本触れない

    テニスの試合で有効な、ドロップショット。でも「打つのが怖い・・…

  3. テニス 気付き
  4. ストローク

    ダウンザラインへ振り切るストロークは、前で終わるから安定する

    ダウンザライン方向への、ストロークの展開力。この精度が、試合で…

  5. テニス フットワーク

    ストローク

    フットワークが良く足に自信がある選手は、「コンパクトなフォーム」を身に付けると、強みを活かせる!

    皆さんの周りには、「やたらと足が速くて、フットワークが良い選手」いませ…

  6. テニス テイクバック

特集記事

  1. 日々の雑記

    メルマガ配信、登録を開始します!
  2. テニス 守備

    フットワーク

    ネットミスの相手に、更にプレッシャーをかける方法
  3. メンタル

    「意外性の高いショット」は、ポイントをリードしているときに
  4. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスの練習中、「足を動かして!」と言われても、ただバタバタ動かすだけだと疲れる…
  5. テニス 戦術

    シングルス

    シングルスの試合で「スライスを使って粘る相手」には、ネットプレーは必ず必要です
PAGE TOP