ストローク

テニスの試合、「ストロークでフォアハンドのスライスは使わない・・・?」という発想は、もったいない

ストロークでのスライスショット・・・と聞くと、片手バックハンドをイメージする方が多いかも知れません。

フォアハンドはどんなことがあってもスピン系、という固定観念を持っている人、もったいない!

力を伝えやすいフォアハンドほど、伸びのあるスライスも打てるし技術に幅が出来る。

今回はこの使えるショットについて、意識を高めてもらえればと思います。

 

テニスの試合、「ストロークでフォアハンドのスライスは使わない・・・?」という発想は、もったいない

 


 

■ベイビーステップの主人公も使う、あのスライスショット

漫画「ベイビーステップ」の主人公は、試合中にフォアハンドのスライスをここぞという場面で使います。

高速スライスショットのように描かれていますが、実際にこのショットは難しくありません。

押し出すように上から入って、しっかり横向きでフォロースルーを取れば、女性の方も打てるショットです。

「スピードを出そう!」と思うと力が入ってしまいますが、このショットは遅くても大丈夫

相手にスライスショットを意識させ、ストロークのリズムに変化を与えるだけで、かなりの選手は崩れてくれるでしょう。

 

■使う人が少ないからこそ、効く相手が多いという事実

試合会場で、各選手のプレーを良く見てみて下さい。

スライスショットを使う選手、意外と少なくないですか?

特にフォアハンドで使う選手はいない、だからこそ相手もただでさえ返球し辛いスライスショットがフォアハンドから打たれると、試合の中で非常に嫌なはずです。

バウンドが変わる、というだけで、普段練習していない選手はかなりやり辛く、ストローク戦で主導権を握れるはず。

特に相手のバックハンド側へのアプローチショットに、騙されたと思って使ってみて下さい。

きっと「こんなに簡単にポイントが獲れるのか・・・」と思うくらい、前への動きと合わせるとスライスショットは有効です。

 

■慣れてきたら、ドロップショットと組み合わせていこう!

スライスのストローク、慣れてきたらぜひドロップショットも練習してみて下さい。

ほぼ同じフォームから打てると思いますので、深い、浅いを使い分けられるようになれれば相手はさらにプレッシャーを感じるはず。

深いボールがあるから浅いボールが活きる、浅いボールがあるから深いボールが活きるのがテニス。

バックハンドでは難しいこの組み合わせも、フォアハンドであれば上手く打てると思いませんか?

ぜひ練習から試してみて下さい。

 

なかなか難しそうだな・・・と感じた方は、まず短い距離からトライしてみましょう。

普段のショートラリーから、スライスで打ってみる。

意識しないと、なかなかスライスって練習で打たないんですよね

やっぱりスピンやフラットで、気持ち良く打ちたいじゃないですか。

でも試合に出るなら、こういう緩急の効いた違う球種も大事。

是非、試合で使って磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合で、ゆっくりした遅いボールが苦手な人はコレが原因です

    試合の緊張感がある場面、いつもなら難なく入るボールが入らなくなる・・・…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスで速いショットを極めたいなら、その対極の遅いショットも

    サーブ、ストローク、ボレー、スマッシュ・・・。全てのショット、…

  3. テニス 練習

    ストローク

    粘り強い選手には、どこか丁寧さがあるから試合に勝てる

    試合で粘り強い選手、アナタの周りにもいますよね。実際にテニスの…

  4. テニス 練習

    ストローク

    ラリーの中で「ストローク戦からボレー戦へ」テンポが変わるテニスに対応するには?

    テニスの試合は、テンポの変化が激しい。なぜならワンバウンド、ノ…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    「コースを打ち分けられないとね」テニスの試合で安定したストロークで攻めていく為に

    ラリー練習をしている時は、飛んできた方向へそのままボールを返すことが多…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    アプローチショットのパワーアップは、軸足のキックから!

    アプローチショット、相手を攻撃していく為に必要ですよね。そのシ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    どんなレベルだろうが、試合に出ている人は強くなる
  2. 戦術

    試合のリズムは、「デュースサイドは堅実に、アドサイドで冒険」を
  3. テニス ストローク

    サーブ

    試合で1発目のファーストサーブ、で全ては決まる
  4. テニス ボレー

    その他

    大会のエントリー費が高いか安いかは、アナタ次第
  5. テニス フットワーク

    練習メニュー

    「ネットプレイヤーに対して、ロブボレーを仕掛けていく」ために必要な感覚を養う練習…
PAGE TOP