ストローク

テニスの試合、「ストロークでフォアハンドのスライスは使わない・・・?」という発想は、もったいない

ストロークでのスライスショット・・・と聞くと、片手バックハンドをイメージする方が多いかも知れません。

フォアハンドはどんなことがあってもスピン系、という固定観念を持っている人、もったいない!

力を伝えやすいフォアハンドほど、伸びのあるスライスも打てるし技術に幅が出来る。

今回はこの使えるショットについて、意識を高めてもらえればと思います。

 

テニスの試合、「ストロークでフォアハンドのスライスは使わない・・・?」という発想は、もったいない

 


 

■ベイビーステップの主人公も使う、あのスライスショット

漫画「ベイビーステップ」の主人公は、試合中にフォアハンドのスライスをここぞという場面で使います。

高速スライスショットのように描かれていますが、実際にこのショットは難しくありません。

押し出すように上から入って、しっかり横向きでフォロースルーを取れば、女性の方も打てるショットです。

「スピードを出そう!」と思うと力が入ってしまいますが、このショットは遅くても大丈夫

相手にスライスショットを意識させ、ストロークのリズムに変化を与えるだけで、かなりの選手は崩れてくれるでしょう。

 

■使う人が少ないからこそ、効く相手が多いという事実

試合会場で、各選手のプレーを良く見てみて下さい。

スライスショットを使う選手、意外と少なくないですか?

特にフォアハンドで使う選手はいない、だからこそ相手もただでさえ返球し辛いスライスショットがフォアハンドから打たれると、試合の中で非常に嫌なはずです。

バウンドが変わる、というだけで、普段練習していない選手はかなりやり辛く、ストローク戦で主導権を握れるはず。

特に相手のバックハンド側へのアプローチショットに、騙されたと思って使ってみて下さい。

きっと「こんなに簡単にポイントが獲れるのか・・・」と思うくらい、前への動きと合わせるとスライスショットは有効です。

 

■慣れてきたら、ドロップショットと組み合わせていこう!

スライスのストローク、慣れてきたらぜひドロップショットも練習してみて下さい。

ほぼ同じフォームから打てると思いますので、深い、浅いを使い分けられるようになれれば相手はさらにプレッシャーを感じるはず。

深いボールがあるから浅いボールが活きる、浅いボールがあるから深いボールが活きるのがテニス。

バックハンドでは難しいこの組み合わせも、フォアハンドであれば上手く打てると思いませんか?

ぜひ練習から試してみて下さい。

 

なかなか難しそうだな・・・と感じた方は、まず短い距離からトライしてみましょう。

普段のショートラリーから、スライスで打ってみる。

意識しないと、なかなかスライスって練習で打たないんですよね

やっぱりスピンやフラットで、気持ち良く打ちたいじゃないですか。

でも試合に出るなら、こういう緩急の効いた違う球種も大事。

是非、試合で使って磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. ご質問頂いた件につきまして
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. ストローク

    アウトミスならOK、でいこう!

    試合で緊張して、ストロークが入らなくなる。こういう時には、ハッ…

  2. テニス ストローク
  3. テニス 練習

    ストローク

    力んでストロークがアウトする人は、呼吸をコントロールして打てばコートに収まる

    ストロークで、自分がミスをするとき。皆さん、ほとんどが力んでし…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    「両手でも片手でも」共通するバックハンドストロークの基本的なコツ5つ

    バックハンドストロークにボールを集められる機会、試合でも多いですよね。…

  5. テニス フットワーク

    ストローク

    「ストロークのスピードコントロールは、回転量で」出来るようになるとミスが減って安定します

    テニスは回転量を操るスポーツ。特に試合では、ボールスピードをコ…

  6. テニス メンタル

    ストローク

    ボレーヤーの足下に沈めるストローク、ラケットを低い位置でフィニッシュ!

    相手の足下に、ストロークでボールを沈める。しっかりスピンをかけ…

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    ダブルス

    ダブルスの前衛、「常に自分の1メートル前」には宝の山がある
  2. ストローク

    「オープンスタンスでフォアハンドストローク」テニスの試合でつなぎには最適ですが・…
  3. リターン

    リターンダッシュで意識したい、ボールへの力の伝え方
  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブこそ、最近の自分を動画で見ておかないといけないショット
  5. 戦術

    テニスの試合では、「相手の主張」を受けて立とう
PAGE TOP