テニス ストローク

ストローク

分厚い当たりのスライスを使いたいなら、しっかりボールの外側に入る癖を付けよう

スライスのストロークを、もっと「重たいモノ」に変えていきたい方。

ベテランやシニア、女性の方でも、アンケートでたくさんの方が課題とされているようでした。

確かに、軽いスライス、は相手からも攻撃されるし試合であまり使えない。

重たいスライス、に変えていくには、何が必要でしょうか?

きっと、分厚いスライスを打つには、ラケットワークも大事ですがフットワークも大事。

自分の身体、をどこに置くのかに、今日は着目してみましょう。

 

分厚い当たりのスライスを使いたいなら、しっかりボールの外側に入る癖を付けよう

 

1.ボールの真後ろ、で本当に良いの?

あくまで、私のコツ、です。

例えばスライスのストロークをクロス方向に打つ、なら、身体がボールよりも「外側」にある状態を作りたい。

つまり、充分にボールに追い付く、だけじゃなくて自分が外側にいるような状態、を作ってしまう。

ダブルスのアレーコート、にいるような感じですね。

そこからクロス方向に、ボールの外側から当てて打っていく。

実は、これくらいの方が打ちやすかったりするんです。

このコツは、スライスリターンでも有効です。

 

2.スライスサーブは、外側で待ちかまえよう!

鋭く滑る、スライスサーブ。

このサーブは打点も低いいし、スピン系での攻撃にはリスクが伴います。

だからこそ、スライスでリターンしていくことがオススメ。

ボールを外側で待ちかまえていた方が楽だし、確実に抑えが効くんですよね。

ボールの真後ろ、だとこれが出来ない。

ほとんどの方が、スライスショットが甘くなるのって、ボールの「外側」をとらえきれていないからなんです。

 

3.ボールの真後ろだと、ボール自体が重い・・・

スライスを打とうとして、肘を痛める。

なんで・・・?肘に優しいショットじゃないの・・・と思うでしょうが、問題は打点。

打点が少し後ろだと、ボールは重いし持ち上がらない。

この「横から入るスライス」のメリットは、打点をしっかり前に確保出来ること、なんです。

打点が前だと、重く分厚いスライスが打ちやすいし、自分の負担も少ない。

真後ろに入っているうちは、効率的に力を伝えられないと私は思っています。

 

4.ラケットヘッドを立てて、打点を前にして押し出そう!

ボールの横に自分の身体をセット出来たら、後はラケットヘッドをしっかり立てる。

そして打点を前に取って、押し出していきましょう。

クロス方向に打つ、基本はボールの横を触ること。

身体自体がボールの横に入っていると、その感覚で打ちやすいですよね。

ラケットヘッドを立てていれば、しっかりと抑えも効くので大丈夫。

ぜひ、試してみて下さい。

 

自分の身体の位置を変えるのって、勇気要りますよね。

でも、劇的に変わるのがこれ、です。

きっと、試合の中で使えるスライス、もっと外側から回って身体をセットする。

思い切って早く動いて、通り過ぎるくらいの意識で良いでしょう。

分厚いスライス、練習してみて下さいね!

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「相手のストロークが浅い」からのドロップショットは、徹底的に練習しておこう

    シングルスでもダブルスでも、必須の技術なのに見落とされている。…

  2. テニス リターン

    ストローク

    スライスのフォロースルー、実は「長過ぎる」人が多い

    ストロークやボレーでもよく使う、スライスという技術。みなさんは…

  3. テニス ストローク
  4. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークの基本となる、バックハンド側に高く弾むボールを身に付けるコツとは?

    相手のバックハンドストローク、の高い打点は弱点である可能性が高い。…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    引っ張るようなストロークでは、いつまでもクロス方向へ打てない

    クロス方向への、ストローク。これってシングルスでもダブルスでも…

  6. テニス イベント

    ストローク

    「やっぱりバックハンドストロークが苦手・・・」打点が遅れてしまう悪循環について

    バックハンドストローク苦手だったので、バックが苦手な人を見分けるのが得…

特集記事

  1. テニス 雑誌

    日々の雑記

    少しでも、読みやすい文章に・・・
  2. ボレー

    「ネットにガン詰めしたボレー」とストロークのラリー練習、は試合を想定すると無意味…
  3. テニス 部活

    その他

    試合に勝てるテニス選手になりたければ、「数を打てれば満足」な練習から脱皮しないと…
  4. テニス メンタル

    サーブ

    自分のサーブのトスのやり直しは、1ゲームに1回までが目安でしょう
  5. 戦術

    「打ち合いに楽しくなる」人は、試合で勝てない
PAGE TOP