テニス ダブルス

ストローク

ストロークで前に入りながらドロップショット、を打てれば相手は基本触れない

テニスの試合で有効な、ドロップショット。

でも「打つのが怖い・・・」という方も、たくさんいますよね。

お話を聞いていると、やっぱり相手に「触られるのが怖い・・・チャンスになりそうで」という方が多い。

確かに、ドロップショットは一歩間違えると相手のチャンスボールになる。

でもそれって、どうでしょう。

「気付かれるのが早いと」そうなるだけ、じゃないですか?

ギリギリまで隠すことが出来れば、こんなに有効な攻撃的なショットは無いと思いますよ。

 

ストロークで前に入りながらドロップショット、を打てれば相手は基本触れない

 

1.まず必要なのは、深いショット

アナタ自身、シングルスでもダブルスでも、しっかり深いストロークを打てているかどうか。

ゆっくりでも良いんです。

しっかり深く入っていないと、そもそも相手は下がる必要が無い。

ベースライン上、くらいに立たれると、こちらがドロップショットを打つのは危険なんですよね。

ですが、深いショットを打っていれば、だんだんポジションは下がっていくはず。

ドロップショットを打ちたいなら、まず自分の深いショットがしっかり布石として無いと効果は薄い。

「この選手は、ストローク浅いな・・・」と思われているうちは、ドロップショットだって相手の想定内ですよ。

 

2.深いショットを、速く打つぞ!という雰囲気を出す

ただ深いショット、を続けていても効果は薄い。

どこかで、アナタ自身深くて速いボール、を打っておきたい。

そう、前に踏み込んでしっかり打てるとき、がチャンスですね。

こういうポイントで、しっかりまずは打っておく。

そして、2回目のときには・・・「同じ」構えからスッと浅くスライスを打ってみましょう。

あまり厳しいドロップショット、という感じじゃなくても良い。

浅いスライスで良い、くらいの感覚で良いと思います。

それくらい、速く深いショットを警戒して相手を下げること、に集中した方が良いでしょう。

 

3.前に踏み込むと、思わぬ特典がある

前に踏み込んでドロップショット、には思わぬ特典があります。

相手に対して「速く深いボールが来るぞ!」と思わせるのと同時に、ネットとの距離が近くなりますよね。

これって、ドロップショットを打つ上では最高のシチュエーション。

少しでも、ネットから近い方が速く相手コートに到達するし、相手にとっては時間が無い。

コートの遥か後方からドロップショットを打っても、相手が気付いて触るまで充分に時間がありますからね。

前に踏み込んで、ネットに近付くこと。

これは、実は攻撃においてテニスの基本。

時間を短く、2バウンドを奪うことだって出来るでしょう。

 

4.演技を「楽しめる」自分になろう

こういうショットは、演技力も大事。

恥ずかしがっている方は、「失敗したら、超絶カッコ悪いな・・・」と思って、なかなか出来ない。

でも、やってみると意外と楽しいですよ。

こういう相手を出し抜く、というショットを演技として楽しんで欲しい。

テニスって、ボールゲームですからね。

ゲームだから、駆け引きがあって心理戦がある。

演技はやればやるほど、上手くなっていきますからね。

 

5.演技するということは、自分を守るということ

つまりは、なるべく打つ直前まで、相手に後ろにいて欲しい・・・。

ドロップショットとバレたら、一気に相手は前にチャージして来ますからね。

これを0.1秒でも遅らせる、つまりは自分を守る、ということがアナタのミッション。

演技することで、自分を守る。

攻撃するというより、相手の攻撃力をギリギリまで削ぐ。

そのための演技、と思うと、ちょっと視点が変わって来ませんか?

 

ドロップショットはきっと、普段なかなか練習しない技術でしょう。

ストロークで打ち合っている練習、の中でいきなり打つと「何だよ!」という感じになるのかも知れません。

でも、それって実戦的な練習ですか?

相手を出し抜く、駆け引きする、のがテニスの試合でありラリーじゃないですか。

前に踏み込んだ時こそ、しっかりドロップショットを狙う。

これが、勝てるテニス選手の考え方です。

ピックアップ記事

  1. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス ストローク
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ダウンザラインのストロークを武器にするなら、コンパクトに振り切るイメージで

    ストロークのコントロールで、差が出る部分。それは、ストレート、…

  3. テニス スライス

    ストローク

    スライスショットを身に付ければ、「同じフォームから3種類のショット」を繰り出せます

    スライスの重要性は、何度かこのサイトでも書いてきました。私が一…

  4. ストローク

    深いストロークのカウンターショット、テイクバックのタイミングに秘密有り

    相手のストロークが深い、ベースライン上で足下をえぐられるような時。…

  5. ストローク

    テニスでミスを減らすということは、振り切るということ

    「ミスが少ない方が、試合では強い」分かっちゃいるけど、なかな…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    テニスではストロークもボレーも「後ろから力で、勢いを付けよう」とすると上手くいかない

    テニスを始めた当初、皆さん「ホームラン」に悩まされませんでしたか?…

特集記事

  1. 戦術

    試合で使える武器を2つ、相手に意識させれば勝ったようなもの
  2. テニス ストローク

    ストローク

    大事な場面、スピン系のストロークがガシャってしまう人に共通する、5つの悪い癖
  3. ストローク

    骨盤を動かして腰を回すと、コントロール力アップ!
  4. メンタル

    「自分の弱さを知らない」選手は、いつまで経っても強いテニス選手にはなれない
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「あいつ、やなヤツ。」テニスの試合で対戦するのが面倒な相手って・・・?
PAGE TOP